« 宝塚雪組公演・ロシアンブルー・リオ デ ブラボー | トップページ | HACHI 約束の犬 »

2009年8月21日 (金)

坂東玉三郎特別舞踊公演 in 京都四条南座・高い精神性が投射した映像のような舞姿

Rousoku 京都四条南座
坂東玉三郎特別舞踊公演
平成21年8月20日(木)に拝見した。地唄舞踊の秀作で定評の高い舞踊三作。非常に贅沢な舞台だ。
坂東玉三郎
三弦 富山 清
琴箏 富山 清仁

芸妓/玉三郎
世俗を離れ仏門に帰依した元芸妓が、冬の夜長、恋人の訪れを待ちわびた夜を思い出しつつ、 今なお捨てきれずにいる恋心と向き合う。
極限まで抑えた動きの中に深い悲しみを漂わせる。身を切るような寒さと、刃物で切られるような恋のいたみがしみる。哀しみは昇華しない。恋の深手と向き合い痛みを感じることで、残された生涯をおくるという静謐ながら壮絶な魂を演じておられたように思える。

葵の上
六条御息所/玉三郎
亡き東宮の妃の六条御息所は、華やかだった日々を振り返る一方で、今の恋人・光源氏の正妻葵の上への嫉妬心にさいなまれ、ついには葵の上の枕頭に生霊となって立つ。
やはり六条御息所は、闇の中からいきなり現れられる。マジ怖いっす。目があったらにらみ殺されそう。
思い知らずや思い知れ恨めしの心や
あら恨めしの心や人の恨みの深くして
もうだめ。そんなに恨まんかて…。知らずにプライドを傷つけてしまうことは誰にでもある。無知と他人の心の痛みが分からないことの罪に思い至った。
昨夜は怖い夢みた。

鐘ヶ岬
清姫/玉三郎
清姫は、妄執の果てに釣鐘ごと安珍を焼きつくしてしまった。釣鐘再興の日、亡霊となって現れた清姫は鐘への執着をみせながら舞う。
能の道成寺→京鹿子娘道成寺→鐘ヶ岬
抽象的な能から華やかな京鹿子娘道成寺になり、もう一度抽象化したのが鐘ヶ岬だ。若く美しく清らかな清姫であられる。本当の清姫の怨霊が結晶して玉三郎丈の舞姿になったというか、高い精神性が投射した映像のような錯覚を覚える。三作のうち初めて陰影のない歌舞伎舞踊らしい照明にほっとする。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎
魂を視覚化した三幅対の絵画↑よかったら、ポチッお願いします。

夢玉の方々にもお目にかかれました。今月はここだけですから当然といえば当然。

|

« 宝塚雪組公演・ロシアンブルー・リオ デ ブラボー | トップページ | HACHI 約束の犬 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

>獅子丸さま
俳優さんの敬称です。
歌舞伎役者さんに使います。

投稿: とみ | 2009年8月23日 (日) 18時52分

>火夜さま
負のエネルギーや闇を集めて光と成す舞踊集でした。ギャラリー的な感じがしました。
怖いのは驕りに無自覚なことと思いました。愛や恨みを知らない未熟な葵の上は只の小袖と同等。能楽は凄いです。

投稿: とみ | 2009年8月23日 (日) 15時32分

>hitomiさま
実は未だ決心つきかねています。南座公演を拝見したらあきらめつくかなと思ってましたが、余計に拝見したくなりました。
京鹿子娘道成寺は必見と思われます。人様には煽ってます。

投稿: とみ | 2009年8月23日 (日) 14時20分

丈ってなに?

投稿: BlogPetの獅子丸 | 2009年8月23日 (日) 14時09分

ああ、観たかった!
せめて怖い夢だけでも見れないかしら。

投稿: 火夜(熊つかい座) | 2009年8月23日 (日) 10時09分

早速、ありがとうございます。感謝します。
やはり八千代座に?私は明治村呉服座公演も逃した大バカ者です。

投稿: hitomi | 2009年8月22日 (土) 22時54分

>hitomiさま
貴宅に寄せていただきました。充実した一日だったようですね。3時に仕事再開していたワタクシとえらい違い。このような公演は一日潔斎して拝見するべきです。
八千代座遠征は出発するいえいえチケットを手にしたときから旅のはじまり。心して向き合いたいです。

投稿: とみ | 2009年8月22日 (土) 20時45分

恐い夢ご覧に!
私も同じ日に京都の友人と鑑賞しました。彼女も最近は他の演劇と比べようもないとぞっこんです。
八千代座に一度は行きたくなります。
拙楽天ブログは訪問者はいるのに、コメントがほとんどなくなってしまいました。代わりにヤフブログーが忙しくなり有難いけれど疲れ果ててきました。

投稿: hitomi | 2009年8月22日 (土) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/45983212

この記事へのトラックバック一覧です: 坂東玉三郎特別舞踊公演 in 京都四条南座・高い精神性が投射した映像のような舞姿:

» 玉三郎舞踊公演と映画・美術のことなど [猫と薔薇、演劇、旅ファン]
[[img(http://show.blogmura.com/musical/img/musical88_31.gif)]] [http://show.blogmura.com/musical/ にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ(文字をクリック)] [[attached(1,center)]]  昨日の玉三郎公演の記事に[http://blogs.yahoo.co.jp/rururu_115 お藤さん]が{{{総てが繋がってる不思議にポチポチ☆}}} とコメント入れて下さった..... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 22時55分

« 宝塚雪組公演・ロシアンブルー・リオ デ ブラボー | トップページ | HACHI 約束の犬 »