« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

日本綿業倶楽部で講演会を聞く( 大阪市中央区備後町)

綿業会館で講演会を聞く(<br />
 大阪市中央区備後町)綿業会館で講演会を聞く(<br />
 大阪市中央区備後町)綿業会館で講演会を聞く(<br />
 大阪市中央区備後町)綿業会館で講演会を聞く(<br />
 大阪市中央区備後町)
重要文化財。ゴージャスだ。月に一度見学会が催されているが、今申し込めば12月まで待たなければならない。玄関だけでもがつがつと写真を撮らせていただいた。
大阪大空襲でも類焼しなかったのは、窓に網入りガラスが使用されていたことによるそうだ。残っている建物は防災性に優れていることは間違いなさそうだ。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
↑よかったら、ポチッお願いします♪


続きを読む "日本綿業倶楽部で講演会を聞く( 大阪市中央区備後町)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

3時10分、決断のとき

3103:10 to Yuma
監督:ジェームズ・マンゴールド
脚本:ハルステッド・ウェルズ / マイケル・ブランド / デレク・ハース
原作:エルモア・レナード
キャスト
ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ピーター・フォンダ、グレッチェン・モル、ベン・フォスター、ダラス・ロバーツ、アラン・テュディック、ヴィネッサ・ショウ
あらすじ
南北戦争で片足を負傷した牧場主ダン(クリスチャン・ベイル)は借金がかさみ、借り主から腹いせに馬小屋に火を放たれた。家族の目も冷ややかだ。そんな折、強盗団の首領ベン・ウェイド(ラッセル・クロウ)が逮捕され、3日後の3時10分発の汽車でユマの刑務所へ護送されることになった。道中、強盗団による奪還の襲撃が予想され、200ドルの報償金がかけられた。ダンは敢えて危険な仕事を請け負う。

刑務所に連行される強盗団のボスと、護送する牧場主との心の交流を描く西部劇。1957年公開の西部劇『決断の3時10分』をジェームズ・マンゴールド監督がリメイク。
早撃ちなどのクラシカルなガンアクション、古風とも言えるプライドを賭けたぶつかり合いは男心を熱くする(はず)。
ダークナイトでなんとも歯がゆいお役だったベイル氏が今回は瀬戸際の親父を切なく、どちらかといえば不器用な正義漢が似合うクロウ氏が無頼な首領を不敵に演じ、二人の対決だけでも見応えがある。
開拓時代の西部は真の男だけしか生き残れない。西部劇へのノスタルジーや、父性回帰のファンタジーだけでなく、いつの時代も男は真価が問われることが、ヒットの理由であろう。
タイトルに時刻が使われている映画になぜか惹かれるナ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

図書館で借りた本0829

図書館で借りた本0829
□暗黒館の殺人 上・下 綾辻行人
□殉教カテリナ車輪 飛鳥部勝則
□謎002 宮部みゆき編
□大聖堂ものがたり アラン・エルランド=ブランダンブルグ
□本当はこわいシェイクスピア 本橋哲也
□曹操残夢 陳舜臣
□近代建築を記憶する 松隈洋
□ザ・オーディション マイケル・ショトレフ
□きものであそぼ4 遠藤瓔子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

京都四条南座吉例顔見世興行の演目が発表に!

吉例の京都四条南座の顔見世大興行の演目が発表になったようだ。
11月30日~12月26日で、演目と主な出演者は次の通り。冷静に冷静に…。これが冷静になれますかいなぁ。

【昼の部(午前10時半)】
 佐々木高綱 佐々木高綱 梅玉
          馬飼子之介 翫雀
          おみの    秀太郎

 一條大蔵譚 一條大蔵長成 菊五郎
         常盤御前 時蔵
 お祭り    鳶頭 仁左衛門
 封印切    忠兵衛 藤十郎
         八右衛門 仁左衛門
         梅川 秀太郎
        治右衛門 左団次
        おえん 玉三郎

【夜の部(午後4時15分)】
 時平の七笑 左大臣藤原時平 我當
          菅原道真       彦三郎
 土蜘    土蜘蛛の精 菊五郎
        源 頼光   時蔵
        胡蝶     菊之助
        平井保昌  梅玉
 助六曲輪初花桜
          助六 仁左衛門
          揚巻 玉三郎
          意休 我當
            門兵衛 左団次
           通人  翫雀
            白酒売新兵衛 藤十郎
               松緑、菊之助、愛之助
 石橋      翫雀、愛之助

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎
おえんが玉様とは…。ライバルが強力すぎる…。↑よかったら、ポチッお願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

劇団四季の公式に新しいキャストさんたちの情報が掲載

人間になりたがった猫のジリアン,美女と野獣のベル,エルコス,アンデルセンのマダム・ドーロ,ライオンキングのナラなど,いずれも開花しつつある若い才能が紹介されている。みなさん美形そろい。
なかでも,18歳,入団4ヶ月の小松加奈さん。小さなお写真だけでも若さの輝きは他を圧している。青山さん,樋口さん,熊本さんという素敵な先輩の指導を受けて進化中のようだ。これほどの娘さん,にこっと笑って立っているだけでもスターになれそうなお嬢さんが,長く険しいミュージカルの道へ進まれるということが素敵だ。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
美女と野獣も気になってきました。↑よかったら、ポチッお願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

HACHI 約束の犬

Hachi_teaser_main2_largeHachiko: A Dog's Story
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:リチャード・ギア、ジョーン・アレン、ケイリー=ヒロユキ・タガワ
おはなし
アメリカ東海岸。ベッドリッジ駅で大学教授のパーカーは迷い犬になった秋田犬の子犬と出会った。妻の反対を押し切って、飼い主が現れるまで子犬を飼うことにしたパーカーは、友人の日系のケンから秋田犬の知識を得て、首輪のタグに刻まれていた漢字から、ハチと名づける。妻も納得し、パーカーとハチの友情が始まる。やがて朝は駅まで見送りに行き、夕方は迎えに行くようになる。

渋谷駅で毎日仕事帰りの主人を迎え、亡くなってからも待ち続ける実在した犬の物語のハリウッドリメイク。監督は『サイダーハウス・ルール』のラッセ・ハルストレム。

動物と子供が登場する泣ける話は苦手だが、評判がいいので恐々映画館へ。
パーカーとハチの日常を丁寧に淡々と描き、誇り高く飼い主を喜ばせることに価値を見出ださない日本犬の特性を感動的に語る。モノクロで低い高さのハチ目線の映像も交え、パーカーをどれほど大好きか、上手く表現している。リチャード・ギアさん、本当に愛犬家なんや。泣いてどどーんと落ち込まないハートウオーミングな映画でホッ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年8月21日 (金)

坂東玉三郎特別舞踊公演 in 京都四条南座・高い精神性が投射した映像のような舞姿

Rousoku 京都四条南座
坂東玉三郎特別舞踊公演
平成21年8月20日(木)に拝見した。地唄舞踊の秀作で定評の高い舞踊三作。非常に贅沢な舞台だ。
坂東玉三郎
三弦 富山 清
琴箏 富山 清仁

芸妓/玉三郎
世俗を離れ仏門に帰依した元芸妓が、冬の夜長、恋人の訪れを待ちわびた夜を思い出しつつ、 今なお捨てきれずにいる恋心と向き合う。
極限まで抑えた動きの中に深い悲しみを漂わせる。身を切るような寒さと、刃物で切られるような恋のいたみがしみる。哀しみは昇華しない。恋の深手と向き合い痛みを感じることで、残された生涯をおくるという静謐ながら壮絶な魂を演じておられたように思える。

葵の上
六条御息所/玉三郎
亡き東宮の妃の六条御息所は、華やかだった日々を振り返る一方で、今の恋人・光源氏の正妻葵の上への嫉妬心にさいなまれ、ついには葵の上の枕頭に生霊となって立つ。
やはり六条御息所は、闇の中からいきなり現れられる。マジ怖いっす。目があったらにらみ殺されそう。
思い知らずや思い知れ恨めしの心や
あら恨めしの心や人の恨みの深くして
もうだめ。そんなに恨まんかて…。知らずにプライドを傷つけてしまうことは誰にでもある。無知と他人の心の痛みが分からないことの罪に思い至った。
昨夜は怖い夢みた。

鐘ヶ岬
清姫/玉三郎
清姫は、妄執の果てに釣鐘ごと安珍を焼きつくしてしまった。釣鐘再興の日、亡霊となって現れた清姫は鐘への執着をみせながら舞う。
能の道成寺→京鹿子娘道成寺→鐘ヶ岬
抽象的な能から華やかな京鹿子娘道成寺になり、もう一度抽象化したのが鐘ヶ岬だ。若く美しく清らかな清姫であられる。本当の清姫の怨霊が結晶して玉三郎丈の舞姿になったというか、高い精神性が投射した映像のような錯覚を覚える。三作のうち初めて陰影のない歌舞伎舞踊らしい照明にほっとする。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎
魂を視覚化した三幅対の絵画↑よかったら、ポチッお願いします。

続きを読む "坂東玉三郎特別舞踊公演 in 京都四条南座・高い精神性が投射した映像のような舞姿"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2009年8月20日 (木)

宝塚雪組公演・ロシアンブルー・リオ デ ブラボー

Cat555_215日(日)マチネを鑑賞
スクリューボール・コメディ
『ロシアン・ブルー』
-魔女への鉄槌-
作・演出/大野拓史
おはなし
1937年のモスクワ。ソビエト革命20周年記念に、訪問団を率いてやって来たアメリカの下院議員アーノルドを待ち受けていたのは、文化統制を担当する厳格で融通のきかない女性官僚イリーナだった。いがみ合う二人は、実は帝政ロシア時代に迫害を受け、新大陸に向かった一派と地下に潜った一派の末裔だった。何とか相手を懐柔しようと、秘薬の「惚れ薬」を飲ませようと仕掛けるが…。

ロシアン・ブルーは革命前後にロシアでは激減し、英国や米国で地元種と混血となって増えているグレーのボディにエメラルドグリーンの瞳を持つ美しい猫の種類だ。
新しいトップ娘役の愛原さんは長身小顔に長い手足、へんてこなミリタリースーツが似合う抜群のスタイルに豊かな芝居心と申し分のないデビュー。きりっとした眼差しと気位の高いロシアンブルーのイメージだ。
お芝居は、大野さん独特の凝りに凝った伏線だらけのプロット。伏線を広げすぎて収拾がつかないところもあるが、そこはおしゃれなコメディ。強引に丸く収めて粋なエンディングに持っていかれた。志の高さが「買い」の大野さんはこんでええんや。ニャンコの眷属、ピエロの娘たち、たくさんの生徒さんを可愛く見せ、肝心の水さんをカッコよく書いてくださったので満足。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
ちゃんと見ました。↑よかったら、ポチッお願いします♪

続きを読む "宝塚雪組公演・ロシアンブルー・リオ デ ブラボー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

断然楽しい嵐電妖怪電車・何げに涼しい京都市営地下鉄

断然楽しい嵐電妖怪電車・何げに涼しい京都市営地下鉄太秦天神川駅
断然楽しい嵐電妖怪電車・何げに涼しい京都市営地下鉄太秦天神川駅
毎夏恒例の嵐電妖怪電車が今年も走る。乗るなら妖怪キャラによるまちおこしに熱心な北野白梅町からが雰囲気がでる。
今日はたくさん乗っておられて妖怪率が高い。嵐電天神川駅で京都市営地下鉄に乗り換えて東を目指す。しかし、これはなんなんだの無人電車。わーん。この電車ほんまにおうちに着くんやろか。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
嵐電はレトロタイプがかわいい。↑よかったら、ポチッお願いします♪

続きを読む "断然楽しい嵐電妖怪電車・何げに涼しい京都市営地下鉄"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

松尾塾子供歌舞伎公演2009 in 国立文楽劇場

L6013可愛くて本格的。文化と行儀作法を歌舞伎のお稽古を通じて子供たちに伝える松尾塾の公演を今年も拝見した。国立文楽劇場の初日、Aプロ。詳しくは公式ページに記載。
今年は、三大名作のひとつ、「菅原伝授手習鑑」の「寺子屋」をメインに据えたラインナップ。理解を助けるためか、入れ事として増補された本公演ではめったに上演されない「松王下屋敷」の場から上演される。確かにお子様には大人の事情は分からないよねー。

一、「菅原伝授手習鑑」増補 松王下屋敷
   竹本連中 葵太夫=慎治
寺子屋で松王の「かえり忠」を楽しむには「ネタばれ」なのかあまり上演されない。しかし、夫婦愛、親子の愛、主君へ忠誠が分かりやすく、「後出しじゃんけん」ながらいい脚本だ。
陸人さんと奈都季さんの夫婦愛が光った。しっかり者の千代と頼り甲斐のある松王でいい感じだ。

二、「菅原伝授手習鑑」寺子屋
  
 竹本連中 葵太夫=慎治
奈都季さんはこちらでは戸浪。闊達で明るいキャラは戸浪向きかな。千代は凛とした澪さん。源蔵の諒さん、松王の友希さん、玄番の岳さんの3人は、さすがの上級生。押し出し、胆力、さわやかな口跡、切れ味、それぞれの武器で勝負なさっていた。諒さんの所作には去年から注目していたが、後ろ姿がいい形だった。
寺子たちの手習いの場面で、子供が子供を演じていて、むしろ違和感があったのが笑える。

三、川尻清潭 作 夕顔棚 清元連中
哲平さんのじじと陸人さんのばばの二人だけの場面が長いが、何と間がもっている。芝居心のあるコンビだ。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
あー楽しかった。東京でも大成功を祈ります。↑よかったら、ポチッお願いします♪

続きを読む "松尾塾子供歌舞伎公演2009 in 国立文楽劇場"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

旧逢坂山遂道(ずいどう)跡を訪ねて逢坂山越え

旧逢坂山遂道跡
いつもなら、京津線大谷駅と上栄町間を2分で通過するが、薄暮の逢坂山を、明治の土木遺構を訪ねて歩いてみた。
これは、旧逢坂山トンネル跡。滋賀県大津市逢坂一丁目の国道沿いにある。暗くて怖くて涼しい。カメラが優秀なので写っているが、本当は暗い。
京都・大津間に鉄道が開通した明治13年(1880)に完成。全長664メートル。当時鉄道の敷設には英国人が指導していたが、このトンネルは日本人のみの手で施工された日本最初のものとして、鉄道記念物になっている。大正10年(1921)東海道線の路線変更により廃止。
現在は、京都大学の地震予知研究センターとして活用されている。
旧逢坂山遂道跡
ちょっと見ただけでは分かりづらいが、上の坑口の延長上、国道1号線の路肩と京神線の踏切が交錯するあたりにレンガを積みの壁がある。旧東海道本線の線路を支えた土台のようだ。旧大津駅は今の浜大津駅で、今の膳所駅が当初の大津駅から旧馬場駅になったとか。
旧大津駅と旧馬場駅の間には、大津支線があり、その廃線を活用して、京阪の石坂線に転用されている。
何気に乗せていただいているが歴史は深い。明治の土木技術者さんたちに感謝だ。
旧逢坂山遂道跡
こちらは、立派な構えの現役のJR琵琶湖線の逢坂山トンネル。3分で山科まで着いてしまう。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
何を隠そう。おとみも鉄子です。↑よかったら、ポチッお願いします♪

続きを読む "旧逢坂山遂道(ずいどう)跡を訪ねて逢坂山越え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

West Side Story in Nishinomiya・深い解釈による説得力ある演出のワールドツアー

West Side Story in Nishinomiya
まだ見るか、ウェストサイド物語。今月は4度目だが、昨年の8月もこんなもんだった。
2007年に出発した50周年ワールドツアーがやっと今年、日本にやってきた。同じ年の秋に劇団四季で上演が始まったときは、世界中で上演されていたのは日本だけだったので、ワールドツアー版を見られるのはうれしい限りだ。2009年3月には、ブロードウェイでも新演出による上演が始まった。
生オケで序曲なし(・・?)。休憩20分をはさみ、1時間20分と50分でスピーディーだ。特に省略はないようなので、日本語版が長いのは、日本語の台詞が言葉数が多くなるからだろう。鉄骨造3階建ての装置を出したままというのも時短に功を奏している。上手と下手がお馴染み版と逆というのも新鮮だ。
怒り、悲しみ、敵対心、抑圧と暴走がほんもののように見える。俳優の皆さんは、高学歴で高い社会的評価を得ている方々ばかりなのに、この制御不能の鬱憤とやり場のないエネルギーの爆発はどこからくるのか考えてしまう。
印象的なのがアニタ役のオネイカ・フィリップスさん。舞台映えのする長い手足のダイナマイトバディにハリケーンダンス。シャーク団を束ねるベルナルドを支える胆力と気っ風、マリアを気遣う恋の先達としてのゆとりを見せた一幕から、流血と性暴力に遭遇し、哀れな移民の娘という現実を突き付けられる二幕との変貌が見事だった。
また、殺人現場では、トニーを逃がすという気丈なエニィボディズが、ジェット団男子の本性を目の当たりにし、声をあげて泣きじゃくる演出が、ワタクシ的には、おおっ、やってくれましたねと申し上げたい。照を落としてくるるのも良識的だ。
書き出したら、際限なくなりそうなので一旦おうちに着いてからとする。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
グローバルな普遍性、コンテンポラリーな社会性。ミュージカルに求めるものの違いを感じました。↑よかったら、ポチッお願いします♪

続きを読む "West Side Story in Nishinomiya・深い解釈による説得力ある演出のワールドツアー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

苦楽園口のK's Geback(ケーズケベック)でパンを買った

苦楽園口のK'sGeback<br />
 でパンを買った
苦楽園口のK'sGeback<br />
 でパンを買った
お盆なので夙川界わいの西宮市苦楽園口の満池谷霊園に行った。帰りに、苦楽園口の人気ベーカリーに寄った。近くまで行けば芳ばしい薫りが…。阪神間の各都市はどの駅にもいいベーカリーがありパティシエとともに激戦区だが、ここは特に著名だ。抹茶と胡桃のマーブル食パンは、グルメ後進のおとみでも絶句の美味しさ。
夙川のさくらも今は緑が深い。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
文化は総合力。食は配点高いです。↑よかったら、ポチッお願いします♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

宝塚歌劇の2010年当初のラインアップが発表に

【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】
 2010年1~3月・星組『ハプスブルクの宝剣』『BOLERO』
 2010年2~4月・雪組『ソルフェリーノの夜明け』『Carnavale 睡夢』
【宝塚バウホール・東京特別】
 2010年1月・花組『BUND/NEON 上海』主演・朝夏まなと
 2010年2月・月組『HAMLET!!』主演・龍真咲
【シアター・ドラマシティ、東京特別】
 2009年12月~2010年1月・花組『相棒』真飛聖
【中日劇場】
 2010年2月・月組『紫子』『Heat on Beat!』霧矢大夢

霧矢さんのお披露目の演目が決まったようだ。また、稲葉太地さん、生田大和さんという新しい演出家さんがデビューされるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

宝塚月組次期トップスターに霧矢大夢さん

公式に発表になっていた。
次期月組トップスターに霧矢 大夢さんが決定。常任の娘役トップスターさんはまだ決まっていないようだが、小顔で長い手足の方がいいな。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
しばらく行っていないけど行くときは行きます。↑よかったら、ポチッお願いします♪

続きを読む "宝塚月組次期トップスターに霧矢大夢さん"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

昨夜のハイテンションはそういうことだったのか

予感が…。
ウェストサイド物語の西日本の旅のメンバーは大幅に変更のようだ。萩原さん、岩崎さんは大阪に残留。一週間で復帰の松島さんと大塚さん。そういえば、昨夜の盛り上がりは相当だった。若干平均年齢が上がったようだが、暑さは本番のうえ南に向かう旅路。本当にお元気でご無事を祈る。
【ジェット団】
リフ/荒川 務
トニー/福井晶一
アクション/西尾健治
A-ラブ/大塚道人
ベイビー・ジョーン/大空卓鵬
グラジェラ/恒川 愛
エニイ・ボディズ/木内志奈
【シャーク団】
マリア/苫田亜沙子
アニタ/増本藍
ロザリア/鈴木由佳乃
ベルナルド/松島勇気
チノ/畠山典之
【大人たち】
ドック/石原義文
シュランク/勅使瓦武志
クラプキ/荒木勝

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
田邊リーダーお疲れさまでした。↑よかったら、ポチッお願いします♪

続きを読む "昨夜のハイテンションはそういうことだったのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

ウェストサイド物語 in 神戸・とうとう聴けた完璧「マリア」

ウェストサイド物語神戸
近畿地方滞在中にもメンバー交代があった。A-ラブが澤村さん、スノーボーイが岩崎さん、ベルナルドが萩原さんに。
萩原さん、アニタとかなりラブラブだ。心なしかシャーク団全員が陽気になったような。
今日の福井さん、梅雨明けの空のような冴え渡った最高の出来。早水さんと同じで、歌唱全曲で感涙。特にマリアの歌い上げるリフレインでの緩急強弱のアレンジが絶好調で、そのかみ、芥川英司さんが歌われたときの丁寧さと抑制の効かせ方を思い出した。今日の歌唱がおそらく正解では。この曲は迸る情熱に身を委ねながらも、戸惑いが要るんだな。
トゥナイトは、アップテンポの部分が華やかに。いつも良い、サムシングカミング、ワンハンドワンハート、五重唱は、軽く明るく熱く冴え冴えと。向かうところ敵なしの色男ぶり。ルックスと演技のビハインドもはるかに凌駕できているはず。
さて、ソンダンのメンバー4人が一階後方の席で応援しておられたが、客席は50%の入り。もったいない。福井さん、このまま近畿地方にとどまらないかな。ジーザスクライストスーパースター、エビータ、アイーダが聞きたい。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
西日本の旅、いってらっしゃい~↑よかったら、ポチッお願いします♪

続きを読む "ウェストサイド物語 in 神戸・とうとう聴けた完璧「マリア」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

55Steps Song & Dance in 大阪四季劇場・8日ソワレ

ソンダン
8日ソワレ公演を拝見。
早水さんがおられるうちにということでまたまた出かけた。
秋→今井、
ダンスでは、加藤、岩崎、萩原に代わり、斉藤兄弟、松島が参加。斉藤→今。
加藤敬二さんがユタの演出と振り付けでお忙しいということで男性ダンサー3人が変更になっていた。加藤さんのお役は川東さん、斉藤洋一郎さんが分け持っておられた。
愛嬌と切れ味では加藤さんだが、斉藤洋一郎さんはダンス映えのする長い手足、甘いマスクが素敵。対角線には、弟さんの准一郎さんが色違いのつなぎで踊っておられ、加藤さんのミラーマジックが生きている。さすが。そりゃ怖い怖い鬼コーチがおられないので、緊迫感は若干薄れるが楽しさはそのまま。
客席降りと握手が二階にも来てくださるようになり、阿久津さんのまわりでは女性の嬌声が…。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
芝ファントムがマイルドにソフィスケートされてました。↑よかったら、ポチッお願いします♪

続きを読む "55Steps Song & Dance in 大阪四季劇場・8日ソワレ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館で借りた本0808

図書館で借りた本0808

□グリーン車の子供 戸板康二
□六の宮の姫君 北村薫
□黄金の灰 柳広司
□饗宴 柳広司
□暮らしの中の芸能用語 相羽秋夫
□恋のメランコリー 中野春夫
□鏡花幻想 竹田真砂子
□平成着物図鑑 君野倫子
□近代建築散歩 京都・大阪・神戸編
□男役の行方 天野道映

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

市川染五郎傾奇おどり「擽」ティックルズ in 京都四条南座

六道の辻
7日金曜日、市川染五郎傾奇おどり「擽」ティックルズが上演されるので、今日も南座へ走る。
写真は7日から始まった「六道参り」の六道珍皇寺の石塔。終演後、思い立って寄ってみたら、おどりもこんな感じだったと納得。撮影はしていないが、閻魔像と小野篁像が開帳されている。建仁時では応挙の幽霊の絵も公開中。東山六道の辻はお盆の情緒が最高潮となる。

作・演出・振り付け/市川錦升
配役
くじマニアだったミイラあーちゃん/市川 染五郎
スーパー主婦だったミイラゆーちゃん/尾上紫
科学者だったミイラふーちゃん/尾上青楓
いろんな先生/尾上京
いろんな助手/松本 錦紫

『魑魅魍魎的』、『麻布十番ん』、『不二才』に続く待望の新作第四弾!70分ノンストップ1度限りの創作舞踊。これといったストーリーはなく、甦ったミイラたちがこの世にちょっかいを出しながら見た妄想は…。シュールだわ。
衣装、メイク、装置も美とは程遠いが音楽と舞踊は美だった。3日前のストイックで端正、胆力もある西行さんとは似ても似つかぬはじけたお役が、なぜかはまる青楓さん。お歌もお上手。こちらも一昨日の萬斎さんとの真剣勝負の三番叟から、愛嬌と面白さで清楓さんと真剣勝負の染五郎丈。
三響會と表裏になっているかのようなアヴァンギャルドな舞台と緻密な振りを快く愉しんだ。3人が意外にそろうのが不思議…。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎
一回限りの潔さが素敵↑よかったら、ポチッお願いします。

続きを読む "市川染五郎傾奇おどり「擽」ティックルズ in 京都四条南座"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

天満橋にオープンした川の駅はちけんや

天満橋にオープンした川の駅八軒家
天満橋にオープンした川の駅八軒家
八軒家浜の水上バスが停泊する船着き場のすぐ近く。バスターミナルなので、小ぶりでカジュアルなイメージ。暑い暑い大阪でも、川辺は風が通って涼しいので一息つける。
中ノ島整備のグランドオープンは22日とか。9月の薔薇に間に合う。どないになるんやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

三響會 in 京都四条南座

三響会 in <br />
 南座
8月4日(火)、芸術性の高い舞台を毎回見せてくださる三響會に走ってきた。
亀井広忠、田中傳左衛門、田中傳次郎、亀井忠雄(特別出演)
よっくわからないが、えらいことになっているはずと、吉例により、汗かく義理欠く恥かく覚悟で南座に突進!
写真は、嵯峨野々宮のライトアップで、舞台装置のイメージ。萬斎さんと染五郎さんの舞もこんな感じだった。

十一世田中傳左衛門十三回忌追善
一、「江口」二題
 時雨西行

  片岡孝太郎
  尾上青楓
 半能 江口
  片山清司
舞囃子
二、安宅 
延年ノ舞
  観世清和
 滝流 し
  中村富十郎
三、二人三番叟
  三番叟野村萬斎
  三番叟市川染五郎
  鈴渡し茂山逸平

いつもながら、能と歌舞伎の対比が見事。どちらかといえば、能の方に軸足を置いているため、能方の分が良いが、そこは人間国宝中村富十郎はじめ舞の上手が華を添えておられた。
江口と安宅は、歌舞伎→能、能→歌舞伎と同時には演じないが、三番叟は上手、下手に分かれて異種格闘技風に舞が、教会音楽的対位法で演奏が進む。二つの能楽堂を橋掛りで結んだような象徴的な舞台だ。調性も拍子も違うが和声になっているのが不思議。二つの楽曲をつなぐ役目を果たすのが鈴渡しの茂山逸平さん。ええお声や〜。
三兄弟はずっと舞台上で緊迫感のある演奏を続けられていて、延年の舞では亀井忠雄さんの特別出演も…。
音曲目当てとコストパフォーマンスの双方を満足する3階席としたが、一階はほぼ満席で祇園等のきれいどころのお姿が一杯。南座ならではの余禄も楽しめた。
これからも見逃せないゾ。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎
失職後は行けなくなるから無理してでも今行こう。↑よかったら、ポチッお願いします。

続きを読む "三響會 in 京都四条南座"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

キャッツ開幕カウントダウンが、携帯フラッシュ待ち受けに

今日は表示100。いつでも行けると思わず早よ行こ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

大津のヴォーリズ建築

大津教会
近江八幡で一度にヴォーリズ作品を拝見したので、大津市内の見慣れた町並みを再見。お馴染みの街角に重みと深みが増すから不思議だ。
大津市の大津教会(1928年)。スパニッシュ風の暖かい外観。

続きを読む "大津のヴォーリズ建築"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウェストサイド物語 in 近江八幡

ウェストサイド物語 in <br />
 近江八幡
一行は、1日の近江八幡から9日の神戸まで1週間の近畿地方逗留だ。体育会系カンパニーになってきたかも。
声量は特技だぁ〜。なんと晴れ晴れとした歌唱。出来ればこのまま近畿地方にとどまっていただきたいが、MC上手とは申し上げにくいしぃ〜。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
↑よかったら、ポチッお願いします♪

続きを読む "ウェストサイド物語 in 近江八幡"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

重要文化的な景観が揃う近江八幡

文化的な景観が揃う近江八幡市
文化的な景観が揃う近江八幡市
重要伝統的建造物群保存地区、重要文化的景観の八幡堀、和洋の邸宅、人気の菓子舗、瀟洒な小学校と何でも文化的だ。

続きを読む "重要文化的な景観が揃う近江八幡"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィリアム・メレル・ヴォーリスの足跡を訪ねて近江八幡へ

ウィリアム・メレル・ヴォーリスの暮らしを訪ねて近江八幡へ
ウィリアム・メレル・ヴォーリスの暮らしを訪ねて近江八幡へ
ウィリアム・メレル・ヴォーリスが晩年を送った自邸が記念館として公開されている。昭和6年の築。その生涯や事業が紹介された展示がある居間で寛ぐことができる。

続きを読む "ウィリアム・メレル・ヴォーリスの足跡を訪ねて近江八幡へ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »