« キャッツ開幕カウントダウンが、携帯フラッシュ待ち受けに | トップページ | 天満橋にオープンした川の駅はちけんや »

2009年8月 4日 (火)

三響會 in 京都四条南座

三響会 in <br />
 南座
8月4日(火)、芸術性の高い舞台を毎回見せてくださる三響會に走ってきた。
亀井広忠、田中傳左衛門、田中傳次郎、亀井忠雄(特別出演)
よっくわからないが、えらいことになっているはずと、吉例により、汗かく義理欠く恥かく覚悟で南座に突進!
写真は、嵯峨野々宮のライトアップで、舞台装置のイメージ。萬斎さんと染五郎さんの舞もこんな感じだった。

十一世田中傳左衛門十三回忌追善
一、「江口」二題
 時雨西行

  片岡孝太郎
  尾上青楓
 半能 江口
  片山清司
舞囃子
二、安宅 
延年ノ舞
  観世清和
 滝流 し
  中村富十郎
三、二人三番叟
  三番叟野村萬斎
  三番叟市川染五郎
  鈴渡し茂山逸平

いつもながら、能と歌舞伎の対比が見事。どちらかといえば、能の方に軸足を置いているため、能方の分が良いが、そこは人間国宝中村富十郎はじめ舞の上手が華を添えておられた。
江口と安宅は、歌舞伎→能、能→歌舞伎と同時には演じないが、三番叟は上手、下手に分かれて異種格闘技風に舞が、教会音楽的対位法で演奏が進む。二つの能楽堂を橋掛りで結んだような象徴的な舞台だ。調性も拍子も違うが和声になっているのが不思議。二つの楽曲をつなぐ役目を果たすのが鈴渡しの茂山逸平さん。ええお声や〜。
三兄弟はずっと舞台上で緊迫感のある演奏を続けられていて、延年の舞では亀井忠雄さんの特別出演も…。
音曲目当てとコストパフォーマンスの双方を満足する3階席としたが、一階はほぼ満席で祇園等のきれいどころのお姿が一杯。南座ならではの余禄も楽しめた。
これからも見逃せないゾ。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎
失職後は行けなくなるから無理してでも今行こう。↑よかったら、ポチッお願いします。

思いがけなく、お江戸から来られた「楽しい☆おいしい☆うれしい☆Happy」のcocoさまに遭遇。凄い會だったと再認識しました。

|

« キャッツ開幕カウントダウンが、携帯フラッシュ待ち受けに | トップページ | 天満橋にオープンした川の駅はちけんや »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

>スキップさま
コメントありがとうございます。これは5時開幕でしたからあせりましたね~。
三響會では皆さん異種格闘技ですから気合入ってましたね。なんともいえない息詰まる舞台でした。力量の差でなく、同一の板の上で勝負すると緊迫感がきつく、音量も大きい能が有利なのは当然。歌舞伎の大健闘が光りました。
佐渡裕指揮、佐渡さんのオーケストラで、クラシック歌手さんとワールドツアーのダンサーのウエストサイドを同時に見る思いでした。

投稿: とみ | 2009年8月14日 (金) 21時20分

とみさま
今年は三響会にも傾奇おどりにもうかがえず、しょぼくれた夏ですが、とみさまのレポでしばし幻想世界を味わわせていただいております。
普段の歌舞伎の舞台でも欠くことはできないながら、少し脇役に甘んじている演奏が主役に躍り出る舞台。しかも三兄弟の人脈で各界よりこれ以上ないという豪華な布陣です。年に一度、京都に舞い降りてくださる幸せに感謝しつつ、来年は行ける日であってくれよと願うばかりです。
染五郎さん萬斎さんの三番叟、観たかったよぉ(泣)。

投稿: スキップ | 2009年8月14日 (金) 11時06分

>るみさま
ひとつひとつが至芸。しかも粒だっていながら喧嘩せず調和。見るもの、聴くものの感性や情報量を試さず問わず。惚れました。見せ方が違うだけで、普通の公演も凄いのでしょう。知識があったらもっと分かるのでしょうが、凄いことは分かりました。

投稿: とみ | 2009年8月 9日 (日) 16時02分

とみ様、こんにちは。
私も三響会へ行ってきました。
南座3回目の公演にして、初めて行く事ができました。
お囃子ってこんなに素晴らしいものだったのかと、感激がまだ続いています。
ぜひ、これからも続けていって欲しいと思います。

茂山逸平さん、あんな素敵な声を持ってらっしゃるんですね。

投稿: るみ | 2009年8月 9日 (日) 13時26分

>cocoさま
楽しかったですよね。1時間休んだ者と一日休暇を取得なさった方とは心掛けが違うかと存じますが、すんごい充実感でした。このテンションで明日も頑張ってみます。

投稿: とみ | 2009年8月 7日 (金) 00時34分

>はなみずきさま
グレゴリオ聖歌というか教会音楽的な荘厳さがありました。竹林の照明は色分けなさってませんせした。
葵ノ上競演も見てみたいです。
東京で三響會あるのですよね。惹かれます。

投稿: とみ | 2009年8月 7日 (金) 00時30分

その節は短い立ち話でしたが、お目にかかれて嬉しかったです♪
ここのところのエネジー不足でまったく観劇エントリをあげられないながら、このレポは早めにしたい!とちょこちょこ書いております。8月初日前々にはなんとか~(汗

時間とお金をかけて観に行って、後悔はありませんでした(^^)
明日はまた、南座へお出ましですね。お楽しみください♪

投稿: coco | 2009年8月 6日 (木) 23時05分

いつもながら、とみ様の流麗な文章で綴られるレポ、嬉しく、心躍りました。緊張感と華やかさが同居した空間だったのでしょうか。トップのお写真もとても素敵です。三響会の三兄弟は、本当に奇跡の三兄弟、奇跡の和の和音でございますね。

投稿: はなみずき | 2009年8月 6日 (木) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/45837863

この記事へのトラックバック一覧です: 三響會 in 京都四条南座:

« キャッツ開幕カウントダウンが、携帯フラッシュ待ち受けに | トップページ | 天満橋にオープンした川の駅はちけんや »