« 京都新聞の記事「平安神宮、鮮やか構想図 , 伊東忠太の直筆9枚発見」 | トップページ | 重力ピエロ »

2009年5月22日 (金)

夕靄の東山

夕靄の東山
三条大橋を少し上がったビルの屋上から東山をのぞむ。意外なほど山が近く、山紫水明の都であることを実感する。
四条大橋は北に菊水ビル、南に南座と華やかな意匠の建築物が見られるが、質実にまとまった三条京阪近辺の建築物も善戦している。

|

« 京都新聞の記事「平安神宮、鮮やか構想図 , 伊東忠太の直筆9枚発見」 | トップページ | 重力ピエロ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

>袖ふれあうもさま
三条大橋が点景になるんですね。この高さなら山の稜線が見えますが床のレベルならダメかもしれません。いずれにしても屋外が快適なのはあとわずか。
夜も涼しくならなくなってしまいます。あ、そしたら祇園祭でした。

投稿: とみ | 2009年5月23日 (土) 16時41分

この前の南座・顔見世で演じられた仁左右衛門・玉三郎の「じいさん ばあさん」の舞台で重要なシーンとなった鴨川の風景は,この辺りかなあと思っています.

このあたりは,四条辺りに比べて少し人が少なくて,初夏の薄暮に訪れるのは,とっても気持ちが良い界隈ですね.

投稿: 袖ふれあうも | 2009年5月23日 (土) 08時44分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕靄の東山:

« 京都新聞の記事「平安神宮、鮮やか構想図 , 伊東忠太の直筆9枚発見」 | トップページ | 重力ピエロ »