« グラン・トリノ | トップページ | その男 in 大阪新歌舞伎座・初日 »

2009年5月 1日 (金)

ミルク

Main_large原題:Milk
監督:ガス・バン・サント
製作:ダン・ジンクス、ブルース・コーエン
脚本:ダスティン・ランス・ブラック
出演:ショーン・ペン、エミール・ハーシュ、ジョシュ・ブローリン、ディエゴ・ルナ、アリソン・ピル、ヴィクター・ガーバー
おはなし
同性愛者であることを公表したうえで、米国史上初めて公職に就いた政治家ハーヴェイ・ミルクの半生を描いた伝記ドラマ。1970年代のサンフランシスコ。チャーミングな人柄でゲイやヒッピーたちに慕われるハーヴェイ・ミルクは、ゲイだけでなくマイノリティに対する権利と機会の平等を求め、世間の差別や偏見と戦いながら市制執行委員会の選挙に立候補して勝ちを収めた。これがミルクの戦いの始まりだった。

第81回アカデミー賞で、主演男優賞、オリジナル脚本賞の受賞作。始まって30分から50分ごろ、一瞬だれる時間帯があるが、それ以外は主人公の可愛らしさでどんどん押し、終わるころには泣いていることを忘れるほど引き込まれる。博愛主義で誰からも慕われる主人公を演じるショーン・ペン氏は、アイ・アム・サムでも愛されキャラを演じられたが、ハーヴェイ・ミルクでも臨界状態の男になりきる。
戦いをやめることはできないんだ。すべてのマイノリティが迫害を受けることのないように。合衆国は自由と平等の国だ。…当たり前に与えられているかと錯覚する自由や平等の重さがずっしり。

|

« グラン・トリノ | トップページ | その男 in 大阪新歌舞伎座・初日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミルク:

« グラン・トリノ | トップページ | その男 in 大阪新歌舞伎座・初日 »