« びわ湖ホールの夏 | トップページ | 「安珍清姫の鐘」鋳造650年記念法要 in 岩倉妙満寺 »

2009年5月16日 (土)

ゲキ×シネ新感線☆RX「五右衛門ロック」

Gekicne_1024_768_2作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
作詞:森雪之丞
キャスト
古田新太、北大路欣也、松雪泰子、森山未来、江口洋介、川平慈英、濱田マリ、橋本じゅん、高田聖子、栗根まこと他
おはなし
豊臣秀吉の命を狙って捕縛され、釜ゆでの刑に処されたはずの大泥棒・石川五右衛門。実は、情婦の真砂のお竜と手下共の手引きで逃げ伸び、南の果てにあるという秘宝“月生石”を求めて船出する。しかし、彼らを追う役人・左門字もろとも猛烈な暴風雨に襲われた五右衛門たちは、南の島に流れ着き、島の王クガイに捕まってしまう。

昨年夏に上演された劇団☆新感線の「五右衛門ロック」が早くもゲキシネに。一回しか拝見できなかった者にはありがたい。生バンドが舞台上で演奏する迫力のロックがシネマになっても十分な迫力で楽しめる。特に歌詞がよく聞き取れ、そんな歌やったんかとナットク。
中島かずきさんの脚本は人物に筋がびしーと通っていて明快で台詞もかっこいい。特に五右衛門ロックは女性2人が対決するシーンが見所と今頃分かった。
そういえば、江口さん、今映画でGOEMONになっておられるんだった。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
↑よかったら、ポチッお願いします♪

|

« びわ湖ホールの夏 | トップページ | 「安珍清姫の鐘」鋳造650年記念法要 in 岩倉妙満寺 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>ぴかちゅうさま
コメントありがとうございます。
かなりいい映像、クリーンな台詞や歌詞、迫力ある音でした。これなら、生見しなくてもよいかもと思うほどよかったです。あ、次は行きたいです。

投稿: とみ | 2009年5月20日 (水) 01時53分

確信犯的にゲキ×シネまで待ってしまいましたが、自宅近くのMOVIXさいたまでの上映が始まって狂喜乱舞!娘も連れていったし、パンフも買ったし、劇団☆新感線さん、これで赦してねというぴかちゅうです(^^ゞ
このお話の本当の主役はクガイではというようにも思えました。エンタメストーリーの中心のぶれない軸だったし、北大路さんがめちゃくちゃ素敵でした。お竜とインガが闘うのも無理もないという説得力にあふれてます!
「SHIROH」では江守徹、そして今回は北大路欣也と大御所を巻き込む路線は断固支持します。クガイの人は「篤姫」の勝海舟だった人だよといってもわからなかった娘がソフトバンクのお父さんの声の人だよといったら「ええ~っ、そうなの!!」と反応してくれました。缶コーヒーBOSSのTVCMといい、若い人たちにもファンが増えたことも間違いないですね。
次の劇団☆新感線は演舞場の「蛮幽記」でしっかり生観劇するつもりです。

投稿: ぴかちゅう | 2009年5月19日 (火) 23時29分

>スキップさま
この公演もお世話になりました。夏向きのいい作品でしたね。ミュージカルしていた部分がますます見所になっていました。
上映時間が長いから一日2回というのも普通の公演と同じですようね。MOVIX京都で見てしまいましたが、なんばパークスシネマで見たいな。

投稿: とみ | 2009年5月17日 (日) 23時26分

とみさま
早~い!もうご覧になったのですね。
ゲキ×シネもこの頃は観客増えて指定が
取れないことがありますものね。
私も早く行かなくちゃ!

>女性2人が対決するシーンが見所と今頃分かった。
松雪泰子さんと聖子さんの「お色気対抗歌合戦」のシーン。
私も舞台観た時から大好きでした。
客席通路に降りて歌う二人、迫力でしたよね。
映像でどんなふうになっているか、楽しみです。

投稿: スキップ | 2009年5月17日 (日) 22時26分

>みんみんさま
そうでしたか。爆音と台詞のクリーン度は両立しにくいですから、デジタル技術は嬉しいです。
さて、名古屋に比べ圧倒的に田舎な京都ですが映画環境はいいです。初日はいっぱいの人でした。一幕が、長いですね。

投稿: とみ | 2009年5月17日 (日) 12時05分

>麗さま
ワタクシはミュージカル好きなので、女二人の対決場面にグッときましたね。
何というか、独善が無く、観客を楽しませてやろうという魂胆見え見えなのがうれしいな。

投稿: とみ | 2009年5月17日 (日) 11時52分

とみさん♪
ゲキ×シネごらんになったんですね、羨ましいです・・。
メタルマクベスの時は映像よりも音声によりデータ領域を割いた
と聞いていますので、やはり音声は迫力があるのかも。
秋になる前に東京か大阪で観ようとは思っておりますが。
この作品、舞台に馴染みの無い人でもキャストが有名で
誘いやすいし、文句無く楽しめる作品ですので、秋になったら
会社の後輩を何名か劇場に拉致しようと思ってます(笑)

投稿: みんみん | 2009年5月17日 (日) 10時31分

うわー!
とみさんも公開初日に観に行かれたんですね。
>特に歌詞がよく聞き取れ、そんな歌やったんかとナットク。
いえてます!
今回のゲキxシネはRXだけあって、「音」にかなりこだわっていたような気がします。
大音量の音楽に、思わず身体が動き出し、、、
こぶしを突き上げたくなる衝動を必死に抑えてました。(笑)

あぁ~、やっぱりこの作品は楽しいぃ~♪

投稿: | 2009年5月17日 (日) 02時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲキ×シネ新感線☆RX「五右衛門ロック」:

« びわ湖ホールの夏 | トップページ | 「安珍清姫の鐘」鋳造650年記念法要 in 岩倉妙満寺 »