« 消されたヘッドライン | トップページ | 劇団四季・ウィキッドが大阪四季劇場で10月11日開幕 »

2009年5月24日 (日)

通し狂言 小笠原騒動 in 京都四條南座

Minamiza0905b_handbill5月4日(月)に拝見したきりだが、その後の評判も上々のようで嬉しいかぎりだ。
京都四條南座五月花形歌舞伎
小笠原諸礼忠孝通し狂言 小笠原騒動
主な配役

犬神兵部・岡田良助/中村橋之助
小笠原隼人・奴菊平/片岡愛之助  小笠原豊前守・飛脚小平次/中村勘太郎
お大の方・小平次女房お早/中村七之助
隼人妹小萩・林数馬/中村 壱太郎
良助母お浦/上村吉弥
良助女房おかの・小笠原遠江守/市村萬次郎
おはなし
豊前国・小笠原家では、お家乗っ取りを企む執権・犬神兵部と、兵部と密通している側室お大の陰謀が着々と進んでいた。短慮な藩主の小笠原豊前守が狩りで、神の使いとされる白狐を射ようとするのを、忠臣小笠原隼人は押し止め、日々の軽挙妄動を諌めるが、豊前守の逆鱗に触れ閉門を言い渡される。
隼人は、かつての腰元お早に、分家小笠原遠江守への密書を託すが、兵部の足軽・岡田良助に殺され密書を奪われる。
一方、良助の家族は、赤貧のなか、お早の怨霊に悩まされ、良助の改心を願いながら自決する。一度に家族を失った良助は、真人間になり、兵部の屋敷から密書を取り戻し、遠江守への元へ走る。
お早の夫・飛脚の小平治は、良助の改心を知らず、水車小屋で激闘の末、良助を討つが、今際のきわの良助から遠江守へ届ける兵部一味の連判状と訴状を託される。
そこへ遠江守の行列。小平次は直訴をするのだが、一発の銃声が…。

「小笠原騒動」は10年前に南座にて、中村橋之助、中村翫雀、中村扇雀、市川染五郎の花形カルテットで復活上演し、水車小屋の本水を使った立ち廻りの迫力が評判を呼び、その後、新橋演舞場、御園座、博多座と全国でも上演された。今回は、一昨年「霧太郎天狗酒醼」で好評を博した新花形カルテットに、萬次郎、吉弥、壱太朗が参加し、京の初夏を彩る。

橋之助丈は岡田良助を当たり役としておられ、今回も悪党ながら実は家族思いという側面を情感たっぷりに演じられ、もう一役の極悪人は立派なフェイスが映えて座頭の風格を示された。愛之助丈は忠臣を颯爽と演じられ生締めの拵えがお似合いだ。もう一役の狐さんとの早替わりも鮮やかで、こちらの拵えもらぶりー。勘太郎丈は、鷹揚なお殿さま、若々しい飛脚、どちらもびしーと通った背筋と眼差しが素敵。七之助丈は善悪の美女を演じ分けられたが、ワタクシ的には金色の豪華な打ち掛けの悪女の方が買い。壱太郎丈はピュアな武家娘と花の若衆で、カルテットに迫る勢いだ。萬次郎丈と吉弥丈は、良介の妻と母で、若手中心の舞台に奥行と深みを添える危なげない好演。とびっきり健気な子役さんも加わり、ともすれば地味な愁嘆場を見せ場としておられる。
ただ一度の感激だったが、ムンパリさまのおかげで、勘太郎丈のアストリートのような太腿筋を至近距離で拝めてラッキー。あ、スリリングな梯子を使った立ち回りでも、お江戸の四天さんたちの偉観(太腿筋と上腕二等筋)を堪能した。
と、何もかも及第点という舞台なので、これからも花形の演目として演じ続けていただきたい。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎
↑よかったら、ポチッお願いします。

|

« 消されたヘッドライン | トップページ | 劇団四季・ウィキッドが大阪四季劇場で10月11日開幕 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

>ハヌルさま
博多は昼夜異なる演目でよさげです。しかし、1月、2月、4月、5月と悔いなくご覧になって、博多を思い切られたハヌルさまもまた、立派です。
愛之助丈は、順風満帆、上方の花形の期待を一身に背負って走っておられますので、これで一生食える当たり役に巡り合う日もすぐでしょう。
個人的には、絵本合法衢の左枝大学之助・立場の太平次です。

投稿: とみ | 2009年5月27日 (水) 20時29分

私の「小笠原騒動」観劇は、オフ会から始まり24日が締めでした。
そう考えると長かったような気もします。 途中からインフルエンザ騒動で気になりましたが、無事に千穐楽を迎えられてなによりでした。
皆さんそうですが、やはり座頭として橋之助さんがどんどん良くなっていたので、まとまっていったのだと思います。 
今しか出来ないもの、今だから出来るものってあると思いますし、
次へ繋げる意味も含め楽しい舞台だったと思います。
次は、熱い博多、もっと盛り上がるんではないでしょうか。
けど私の愛之助月間?は、しばし休息といたします・・・

投稿: ハヌル | 2009年5月27日 (水) 19時44分

>ムンパリさま
花形歌舞伎は、あんまし歌舞伎のことよう知らんけど、見てみよかなというところからスタートですし、お江戸で出来ない冒険をして頂くのが京都のお役目。
ようございました。もう梅雨ですね。祇園さんの頃また是非に。

投稿: とみ | 2009年5月26日 (火) 20時36分

とみさま、今日が千秋楽ですね!
太腿筋特等席で楽しんで頂けて何よりです。
2月の松竹座とは違い、同じ花形歌舞伎でも通し狂言という
のは南座ならではですよね。
橋之助さんが座頭となって牽引されるのもいいですね。
3週間たってリピートしましたが、各場面に緊迫感が増し、
かつ、本水の場面では水車の回転数も増え(笑)、客席に
向かって水を飛ばしたり、よりエンターテインメントな演出に
なっていました。1階2列目、楽しかったです♪

投稿: ムンパリ | 2009年5月26日 (火) 12時40分

>どら猫さま
御存じのとおり、歌舞伎はあまり見てないので善し悪しをよう知らんのです。細かい演技や形もからきしです。
この演目の到達点をうーんと考えたら、この水準で良かったんやという結論に達しました。そして、次の花形にこのまま譲ってええんちゃうかと…。
通し、ドラマ性、見た眼と時宜に適い、盆と正月とプラスアルファ、年3回程度、歌舞伎を見る関西人には過不足なかったと思われました。

投稿: とみ | 2009年5月26日 (火) 00時30分

>とみ様
 やっととみ様のエントリが上がりました。楽しみにしていたのですが、楽日近くまでお待ちだったのでしょうか。
 若手らしい元気で楽しい舞台でしたが、どら猫にはちとおふざけが過ぎたのではと感じられました。まあ、若い時にしか出来ないことでもありますし、面白かったのですけどね。おばばの繰言ですか。
 最近はすごい勢いで映画をご覧になってますよね。いくつかは見たいものがあったので、参考にさせて頂いておりますよ。

投稿: どら猫 | 2009年5月25日 (月) 23時33分

>麗さま
もうすぐ千秋楽です。熱演が続いているらしいです。
初演の頃は空いていたような記憶がありますが、大人気になって、毎年来てくらはるのがうれしいです。
歌舞伎のツウには俳優さんの息詰まる対決がなく、薄味という感想もあろうかと存じますが、華やかで楽しい舞台でした。
最近の嗜好は、ドラマ重視、通し、ビジュアルですからまさに適ってます。新緑の京都というのもプラス要因と思っているのですがお楽しみ頂けましたでしょうか。

投稿: とみ | 2009年5月25日 (月) 00時14分

この演目は初めて観ましたが、すごく面白かったです!
役者さんそれぞれが一人二役を演じ、早替りあり、本水あり、派手な立ち回りあり。
色々と楽しめる演目でした♪

七之助くんの綺麗で怖い悪女、
愛之助さんのちょっとコミカルな仕草の狐様、
勘太郎くんの力強い韋駄天走りの飛脚。
どれも本当に素晴らしかったです!
個人的には、橋之助さんの青い隈取でのお姿に惚れました。(笑)
極悪人なんですけど、色気を感じてしまったんですよねぇ。
こういう役は橋之助さんにピッタリかと・・・。

とみさんとも一緒に(しかもあんなに近いお席で)観劇できて、
とても嬉しかったです♪

投稿: | 2009年5月24日 (日) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/44965364

この記事へのトラックバック一覧です: 通し狂言 小笠原騒動 in 京都四條南座:

» 『小笠原騒動』@京都南座 [ARAIA -クローゼットより愛をこめて-]
念願の京都南座で歌舞伎観劇です! 「小笠原騒動」 思えば昨年の夏、「五右衛門ロック」で大阪遠征をした翌日に、 京都観光をして南座... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 23時22分

« 消されたヘッドライン | トップページ | 劇団四季・ウィキッドが大阪四季劇場で10月11日開幕 »