« 赤い城 黒い砂 in 京都四条南座 | トップページ | 日経新聞夕刊に、咲大夫さんが四ツ橋界わいをめぐる記事が掲載 »

2009年4月 8日 (水)

上村吉弥丈が 『京鹿子娘道成寺』ゆかりの妙満寺で霊鐘祈願法要

公式サイトに、きりっとしたお写真入りで掲載されている。
南座歌舞伎鑑賞教室の今年の演目は京鹿子娘道成寺だ。上村吉弥丈が、ゆかりの釣鐘が祀られている京都市左京区の妙満寺を訪れ、霊鐘祈願法要を行われた。この釣鐘は、正平14年(1359年)に寄進されたもので、今年で650年の節目の年とか。
また、3月には紀州の道成寺にも参られたようだ。

|

« 赤い城 黒い砂 in 京都四条南座 | トップページ | 日経新聞夕刊に、咲大夫さんが四ツ橋界わいをめぐる記事が掲載 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

>ムンパリさま
道成寺はみなさんなさいますが、曾根崎、桂川、道明寺やら、思い起こせばみなしたはるようです。
引き抜き頑張ってほしいです。早くも親心モード。

投稿: とみ | 2009年4月 9日 (木) 12時09分

吉弥丈は2つのお寺に行かれたのですね。
ほんと、きりっとしたお顔ですこと。
私も去年の秋に妙満寺でその鐘を見てきましたが、
第一印象は、あら、ちっちゃい!でした(笑)。
舞台を見て、人ひとりがじゅうぶん隠れることのできる
大きさだと思い込んでいたので。
やはり、そういう法要が必要な演目なのですねぇ!

投稿: ムンパリ | 2009年4月 9日 (木) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/44609617

この記事へのトラックバック一覧です: 上村吉弥丈が 『京鹿子娘道成寺』ゆかりの妙満寺で霊鐘祈願法要:

« 赤い城 黒い砂 in 京都四条南座 | トップページ | 日経新聞夕刊に、咲大夫さんが四ツ橋界わいをめぐる記事が掲載 »