« ウェストサイド物語 in 浜松アクトシティ マリアにもリフにも優しい阿久津トニー | トップページ | ミルク »

2009年4月30日 (木)

グラン・トリノ

Main_large原題:Gran Torino
監督・製作:クリント・イーストウッド
製作:ロバート・ローレンツ、ビル・ガーバー
製作総指揮:ジェネット・カーン、テアダム・リッチマン、ティム・ムーア、ブルース・バーマン
脚本:ニック・シェンク
音楽:カイル・イーストウッド、マイケル・スティーブンス
主題歌:ジェイミー・カラム
キャスト
クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ジョン・キャロル・リンチ他
おはなし
元自動車技術者のウォルト(クリント・イーストウッド)は、朝鮮戦争で朝鮮の少年兵を幾人も射殺したトラウマを持ち、教会にも行かずに、地域から孤立していた。妻に先立たれ、2人の息子たちとも疎遠で、引退後は老犬との無為な暮らしだ。ある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、隣家のアジア系移民の弱っちい少年タオ(ビー・ヴァン)とはつらつとしたその姉他一家との交流が始まった。

『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務めたヒューマンドラマ。主人公(ポーランド系)は人種的偏見に凝り固まった国粋主義の食えねえジジイだ。白人社会の秩序を乱す者として、アジア系やアフリカ系の少年にすぐキレて銃で脅す。イタリア系の散髪屋の親父に毒付く。青二才と神父をバカにする。息子とその嫁や孫にも当たり散らす。ただ、こまめに散髪し、車を磨き、芝を刈り、星条旗を掲揚し、お家も綺麗にし、向いのお家の汚いのまで許さない。痩せ我慢と自分だけの正義を生きる支えにしているウォルトだったが、温順なモン一族との友情を通じて暖かな心を取り戻す。
遠くの親類より近くの他人…。ウォルトは、タオ少年とその家族を救おうと、生涯分の優しさと矜持を賭ける。実は救われたのは、タオ少年ではなくウォルトだった。
少年もジジイも同じ男。男のあり方を教える姿がほのぼのと可笑しい。エンドロールの歌も監督が歌っておられるようだ。グラン・トリノは、合衆国の力とウオルトそのものを象徴して優雅だ。映画を知りつくした監督の映画を愛する人々への花束のような監督の美学が詰まった作品だ。
監督の作品は絶対だという神話は揺るがない。まさか、出演はこれきりではないでしょうね。

|

« ウェストサイド物語 in 浜松アクトシティ マリアにもリフにも優しい阿久津トニー | トップページ | ミルク »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>ななさま
映画ファンへの遺言と書かなかったのは、あまりにもさっぱりと潔かったからです。
ただ、中高年向けの作品は身につまされます。最期まで頑張りましょうという気になりました。

投稿: とみ | 2009年5月 4日 (月) 07時28分

>hitomiさま
観客にメッセージを押し付けておられないだけに、現実に対する理解の深さが察せられます。
とにかく、頑固じじい等は変われという身近なメッセージから順に受け止めます。

投稿: とみ | 2009年5月 4日 (月) 07時17分

こんばんは
イーストウッド監督,無尽蔵の才能を毎回見せ付けてくれますね。
>映画を知りつくした監督の映画を愛する人々への花束のような監督の美学が詰まった作品だ。
まさに。
出演はこれきり・・・という話も聞いたのですが,どうなんでしょう?
気が変わってまた出てくれないかしら?
100歳になっても素晴らしい演技ができる方でしょうからね。

投稿: なな | 2009年5月 3日 (日) 20時37分

いい映画でした。「硫黄島」から大ファンになりました。真摯でユーモアもあるのがいいです。

投稿: hitomi | 2009年5月 3日 (日) 20時00分

>ミチさま
日常の暮らしを追っているだけなのにこの感動はどうでしょう。泣けといわんばかりのあざとさがないのがまたまた心地よい。
おじさんだけでなく若者も女子も感動できるところが謎です。素直に感動しとこうと思いました。

投稿: とみ | 2009年5月 2日 (土) 22時58分

こんにちは~♪
覚悟を決めた人間っていうのは身辺整理をするんですよね。
私も身奇麗にしてお家も綺麗にしておこうっと!

投稿: ミチ | 2009年5月 2日 (土) 21時39分

>悠さま
五つ★多いですね。喜ぶツボの連続にして、あざとさなし。身綺麗にして、おうちも綺麗にしようと思いました。

投稿: とみ | 2009年5月 1日 (金) 23時53分

監督作品が、「硫黄島」「チェンジリング」がありますよね。老いてますますタフ、すごいですね。
あの散髪屋との悪態のつきかた「助六」をおもいだしましたよ(笑)。

投稿: 悠 | 2009年5月 1日 (金) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラン・トリノ:

» 映画 【グラン・トリノ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「グラン・トリノ」 『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務める。 おはなし:妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァン)と知り合う・・・。 ウォルトはかなり頑固で偏屈なジジイです。口は悪いし、人種差別発言ばっかりするし。でも、行きつけの床屋とのやり取りを聞いていると、差... [続きを読む]

受信: 2009年5月 2日 (土) 21時37分

» グラン・トリノ [薔薇・猫・映画・演劇・旅ファン]
にほんブログ村チェンジリング観たばかりですが見事な映画です。クリント・イーストウッドは素晴らしい。戦場に送られた兵の戦争の傷跡は死んでも消えないのかもしれない。むごいことだ。国家の命令で殺人を犯し障害その罪悪感から逃げられない。朝鮮戦争、ベトナム戦争、...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 20時01分

« ウェストサイド物語 in 浜松アクトシティ マリアにもリフにも優しい阿久津トニー | トップページ | ミルク »