« レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- | トップページ | 今年の坂東玉三郎丈の南座特別舞踊公演はベストセレクション! »

2009年4月14日 (火)

4月文楽公演第1部・珍しい堀川御所の段と伏見稲荷の段

堀川御所
掃射砲のような三味線で劇的に25周年の幕開け寿いだ後、「通し狂言義経千本桜」初段の切り「堀川御所の段」が始まる。簑二郎さんの静御前が白拍子姿でかわいらしく、素直なええ子ぶりを発揮。
しかし、この段の主題は、鎌倉方の上使・川越太郎が、義経の妻・卿の君(平時忠の養女実は川越の娘)の命を差し出させる苦悩(文司さん)となっている。そんな川越の苦渋を水泡に帰す弁慶の軽率な行動が恨めしい。「弁慶上使」から続くような辻褄の合わないようなストーリーだ。義経千本桜は、全編、尊い犠牲やリベンジが報われないことの連続だが、なんせ初めて。おおそやったんかの連続だ。
鳥居前は、歌舞伎でも通し狂言のときには見かける。登場人物紹介と説明台詞的な場面で、歌舞伎では荒事の隈どりの忠信実は源九郎狐だが、文楽では源太で登場する。勘十郎さんの主演オーラぶっちぎり感が漂う。
ここで昼の部終わっても文句言わへんところだが、このあと正味渡海屋があるのだからどこまでも豪華なプログラムだ。

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽
↑よかったら、ポチッお願いします♪

|

« レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- | トップページ | 今年の坂東玉三郎丈の南座特別舞踊公演はベストセレクション! »

文楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月文楽公演第1部・珍しい堀川御所の段と伏見稲荷の段:

« レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- | トップページ | 今年の坂東玉三郎丈の南座特別舞踊公演はベストセレクション! »