« ワルキューレ | トップページ | トロイ戦争は起こらないだろう in 京都劇場・千秋楽 阿久津さんのおみ足に釘付けは正しい鑑賞法だ »

2009年3月21日 (土)

京都創生座「四神記−神降る都の物語−」

弥栄会館

写真は会場の弥栄会館(東山区四条花見小路下る歌舞練場北側)国の登録有形文化財。21日(土)ソワレのみの1公演を鑑賞。
脚本 平山聡子
演出 前原和比古
能楽囃子 笛:左鴻泰弘,小鼓:曽和尚靖,大鼓:谷口有辞,太鼓:前川光範
長唄 唄:杵屋勝彦ほか,三味線:杵屋浩基ほか
邦楽囃子 中村寿慶ほか
邦楽 箏:野田友紀,尺八:岡田道明ほか
地謡 武田邦弘,古橋正邦,吉浪壽晃,宮本茂樹
後見 味方玄,豊嶋幸洋,大江信行ほか
舞踊
男  片山伸吾(観世流能楽師シテ方)
武者 豊嶋晃嗣(金剛流能楽師シテ方)
青龍 片岡愛之助(歌舞伎役者,日本舞踊楳茂都流家元)
朱雀 尾上青楓(日本舞踊尾上流)
白虎 宇竜成(金剛流能楽師シテ方)
玄武 片山紫乃(子方)
イノシシ 茂山正邦(大蔵流狂言師)
シカ 茂山茂(大蔵流狂言師)
あらすじ
ある男は、都の統治者に仕える武者の一党となり、統治者の専横に異を唱える都の守護の四神を封じ込める。それからというもの、自身は朱雀の羽、青龍の尾、白虎の手足を持つ怪鳥に変身し、その鳴動が天変地異となり人々を苦しめる。男は都人の敵として退治される。

源三位頼政の鵺退治に題材に取った新作修羅能を、伝統芸能の異種芸能コラボで表現する。弥栄会館は音響もよいが各界の豪華キャストの美声、済んだ音色が幽玄の世界にいざなってくれる。


能狂言の基礎知識があれば、枠組と趣向を読み解けるのだが残念。

花見小路
花見小路は大変な賑わい。都の春はこうでなければ。

|

« ワルキューレ | トップページ | トロイ戦争は起こらないだろう in 京都劇場・千秋楽 阿久津さんのおみ足に釘付けは正しい鑑賞法だ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

>創世座さま
了解しました。宣伝致します。

投稿: とみ | 2010年7月30日 (金) 00時14分

ご無沙汰しております。
9月に新作を行いますので、
こっそり宣伝いたします。

京都創生座 第5回公演
「舞扇要結縁(まいおうぎかなめのけちえん)」

◆日時:平成22年9月4日(土) 
午後4時開演 午後3時30分開場


◆会場 京都会館第2ホール
京都市左京区岡崎最勝寺町13 

◆前売券:
1階指定席 3,500円 2階自由席 2,500円
2階学生席 1,500円

◆出演
創座の太夫   藤間勘吾(日本舞踊藤間流)
生座の大夫   味方玄(観世流能楽師)
太郎冠者    茂山正邦(大蔵流狂言師)
次郎冠者    茂山茂(大蔵流狂言師)
慧星       若柳吉蔵(日本舞踊若柳流宗家)
天津乙女    豊嶋晃嗣(金剛流能楽師)
仕手       片山伸吾(観世流能楽師)
舞姫       若柳弥生(日本舞踊若柳流)

今回は、扇を中心に展開する
「能」と「日本舞踊」の悲恋物語といたところでしょうか。
随所でみられます異なる伝統芸能同士の
舞比べを、是非ご堪能いただけたらと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

投稿: 創生座より | 2010年7月28日 (水) 09時30分

>創生座さま
まもなくですね。
祇園という土地で演じるのと全く違う環境ですから大変かと存じます。京都市に縁のあるものとして成功を祈らずにはいられません。

投稿: とみ | 2010年1月22日 (金) 00時16分

ご無沙汰しております。
東京公演が近づいて参りましたが
初めての土地ということもあり、
まだまだ公演自体が知られていないようです。

何事も挑戦ですね。
詳細でておりますので、
またよろしくお願いいたします。

http://www.soseiza.com/performance.html

投稿: 創生座より | 2010年1月19日 (火) 19時55分

>創生座さま
記事にさせていただきます。

投稿: とみ | 2009年11月20日 (金) 08時19分

>創生座さま
再演おめでとうございます。京都からの文化の発信として大変うれしいことです。自然との共存、ガーディアンエンジェルへの畏敬は今日的なテーマですので、大成功間違いなしです。

投稿: とみ | 2009年11月20日 (金) 08時18分

すみません。少し宣伝をさせてください。

http://www.tokyo-np.co.jp/event/ky/kyotosousei/

東京公演に先駆けまして、上記の講座を東京で行うそうです。
無料ですので、東京方面の方で、興味を持たれる方がおられましたら、是非。

ふさわしい内容でなければ、削除してくださいね。

投稿: 創生座より | 2009年11月19日 (木) 22時02分

ご無沙汰しております。ブログ拝見しております。京都公演のときは、皆様から様々なご意見をいただき、私自身勉強になりました。実は「四神記-神降る都の物語」が、東京で再演することになりました。処女作品であり、本当は一回で終了する予定だったのが、ご好評いただき、2回目のチャンスをいただけたこと、本当に嬉しく思っております。是非、お知らせしたいと思い、コメント欄に足跡を残させていただきました。

あと、名前は是非、上記のままで・・・。

投稿: 創生座より | 2009年11月19日 (木) 21時23分

>どら猫さま
確かに、「頼政」を思い出すより「もののけ姫」を感じるのが正しい解釈のようです。ええもん見せてもらえました。

投稿: とみ | 2009年3月29日 (日) 20時41分

>とみ様
 陋屋にもコメントを頂き有難うございました。脚本を書いた方からのコメントも読ませていただいて、なるほどと思っています。
 どら猫的には美しい舞台を拝見できて満足という稚拙な感想が一番にきます。メッセージを受け取るかどうかはお客しだいとはいえ、帰りに「もののけ姫」を思い出したくらいなので、受け取ったことになるのでしょうね。
 京の四神はいまだおわすかどうかは??というところでしょうか。

投稿: どら猫 | 2009年3月29日 (日) 08時30分

>ムンパリさま
なんともうれしい話です。童話を古典芸能にとか、コラボもの大好きです。
大劇場の大芝居もいいですがこのような手作りものもなごみました。

投稿: とみ | 2009年3月27日 (金) 22時40分

とみさま。
平山様からのコメントを読ませて頂きました。
いったん舞台にかかった作品はその時点で私たち観客のもの(笑)。
どう受け止めるかは全く自由だと思いますが、とみさまの独自の
視点のおかげで、貴重なコメントを拝見することができました。
ありがとうございました〜♪

投稿: ムンパリ | 2009年3月27日 (金) 01時27分

>ハヌルさま
四神のキャスティングや拵えが奇麗でした。音響の良いホールでしたが能楽堂で観たかった気が致します。
青龍はパワフル、朱雀はリリカル、白虎は幽玄、玄武はかわゆかったです。
また行きましょ!

投稿: とみ | 2009年3月26日 (木) 00時13分

>平山聡子さま
はじめまして。稚拙な走り書きにコメントを頂戴し、恐縮でございます。
作品として創り上げるまでの推敲や検討段階も充実した日々であられたことでございましょう。
メルヘンというか寓話をロマンチックミュージカルでなく重厚な能楽で表現するところが良かったように思います。オセロやガラ仮面、新島襄も能楽になるのですから、能楽は普遍性ございます。
重ねてコメントありがとうございました。

投稿: とみ | 2009年3月26日 (木) 00時07分

能舞台を数えるほどしか観ていない私には正直難しかったです。
途中の狂言でシカとイノシシが、あの「男」に起こったことを話してくれたから、そういうことか、と気づいたような次第で…。
帝の命ずるままに神(偶像?)に手をかけるのではなく自然そのものを壊した後に神々が現れ、男が、人間が、後悔、改心させられる方がわかりやすかったかもしれません。でも、結局は男の身体に異常をきたしたのはそういう意味合いもあったのでしょうね。
陰陽五行に基づき四神を置いた平安京には以前から興味を持っているのでタイトルでくらいついてしまいました。
青龍にも…は言わずもがなですね(苦笑)

投稿: ハヌル | 2009年3月25日 (水) 23時14分

はじめまして。脚本を書いた者です。肩書きは脚本家となっていましたが、パンフができあがったらそうなっていて、実はこれが初めての作品です。観てくださり、ありがとうございました。
ラストの場面、男は武者によって殺されたのか、あるいは神によって救われたのか、魂だけが救われたのか、観て下さった方の想像にお任せしようと断定しておりません。私自身は、男の心が玄武に届き、自然がよみがえってきたのではないかと思っています。
男も武者も帝も人間の象徴のつもりで描きました。おっしゃられているように、四神は現存していません。青龍さえも、平安京造営時に付け替えられたという説もあります。孤立してる玄武だけが唯一残っている神かもしれません。そこまで、気づいてくださった方がいることが、とても嬉しいのですが、平安時代を描いているようで、現在の姿を描いたつもりなのです。だからこそ、神々の力に頼るのではなく、過ちに気づいたとき、男(人間)が自らの意思で動き出すことが大切だと演者の方にお伝えし続けていました。今、私達が自然を守るためにできるのは何か。今回のテーマでした。補足ですが、権力者へと向かっていった男の行動が正しいとは思っていません。でも不器用な彼はそうせざるを得なかったのではないかと・・。長々すみませんでした。観てくださって本当にありがとうございました。

投稿: 平山聡子 | 2009年3月25日 (水) 22時35分

>ムンパリさま
メッセージ性が強いものはドン引きになることが多いですが、これは枠組がしっかりしていました。長唄と地謡の掛け合いが最高でした。みなさま美声やしぃ。
ただ、朱雀は死して久しく、玄武は孤立し、白虎はリニューアル。変わらないのは青龍のみという都の現状を省みれば、人間が神々に復讐される結末の方が、観客にストンと落ちるように思いました。

投稿: とみ | 2009年3月24日 (火) 22時46分

とみさま。
会館でお会いでき、お着物姿も楽しませていただき
嬉しかったです〜♪
能狂言の素養のない私には、そちら方面で味わうことは
できませんでしたが、京の都らしい、素敵なイベント
だったと思います。
こういう題材がフィクションじゃなく感じられてしまう
私は、やっぱり相当京都好き、です〜♪

投稿: ムンパリ | 2009年3月24日 (火) 12時34分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都創生座「四神記−神降る都の物語−」:

« ワルキューレ | トップページ | トロイ戦争は起こらないだろう in 京都劇場・千秋楽 阿久津さんのおみ足に釘付けは正しい鑑賞法だ »