« 過激な宝塚歌劇談議で前後不覚に盛り上がる。 | トップページ | 大阪のレトロモダンなティーハウス・北浜レトロビルヂングのたたずまい »

2009年3月 2日 (月)

京都の老舗洋菓子店・村上開新堂のゐずまひ

京都の老舗洋菓子店・村上開新堂のたたずまい
写真は,京都市中京区寺町二条上ル常盤木町にある洋菓子店「村上開新堂」の外観。創業は明治37年で,京都最古の洋菓子屋店だ。風格のある看板,木枠のショーケースやタイル貼りの床とクラシカルな建物が印象的。
商品は,11月から3月までの期間限定の好事福盧(こうずぶくろ)が著名で,紀州みかんの果肉をくりぬき、果汁をゼリーにして戻したもの。

ロシアケーキ
また,通年商品のロシアケーキやクッキーも名高く、クッキーは要予約。フルーツジャムのトッピングも創業当時からそのままで,丁寧に手づくりされている。

|

« 過激な宝塚歌劇談議で前後不覚に盛り上がる。 | トップページ | 大阪のレトロモダンなティーハウス・北浜レトロビルヂングのたたずまい »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都の老舗洋菓子店・村上開新堂のゐずまひ:

« 過激な宝塚歌劇談議で前後不覚に盛り上がる。 | トップページ | 大阪のレトロモダンなティーハウス・北浜レトロビルヂングのたたずまい »