« 竹本住大夫 文楽のこころを語る 文庫版 | トップページ | 護王神社のビッグな丑の絵馬 »

2009年1月12日 (月)

チェ 28歳の革命

監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、ジュリア・オーモンド、カタリーナ・サンディノ・モレノ、ロドリゴ・サントロ
あらすじ
1955年7月。医者として南米を旅しながら貧者を助けようとしたチェ・ゲバラは、故国キューバの革命を計画するフィデル・カストロとの運命的な出会いによって、彼に同調し、自らの人生を革命に賭ける。1956年、28歳の若さ、たった12人で独裁政権の国キューバを革命するという、無謀な闘いだったが、市民の支持を得て成功する。

20世紀最大の革命のイコンとして、今なお、人の心に革命を起こす男、チェ・ゲバラ。その39年の苛烈な軌跡を描く生と死の2部作!総上映時間4時間22分。
偶像化やイデオロギーから自由に、行動の人として淡々とドキュメンタリー風に綴ってある。いかに愛される青年であったか、仲間との交流を丁寧に描写し、カリスマというより永遠の旅人の印象を受ける。重そうな後半生にも期待。
ストーンズの曲の歌詞に登場されていだ記憶が…。

|

« 竹本住大夫 文楽のこころを語る 文庫版 | トップページ | 護王神社のビッグな丑の絵馬 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>悠さま
レイトショーをご覧に。
デ・ル・トロさんは本当にそっくり。28歳に見えました。16日の朝のニュースで来日が報じられてました。39歳には見えました。

投稿: とみ | 2009年1月17日 (土) 02時52分

ベニチオ・デル・トロさん、「モーターサイクル〜」より、ゲバラそっくりでしたね。ゲバラって、60年代の学生運動のときもてはやされてたんですよ(^^)。

投稿: 悠 | 2009年1月17日 (土) 00時31分

>ミチさま
貴宅に書きましたとおり、「ゲバラ」のオマーシャリフ、「エビータ」のバンデラス、「モーターサイクルダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナル、「エビータ・劇団四季」の芝清道さん、見た気になっていただけでした。全貌が見えてませんでした。時制は混乱するし、わーん、ついていかれへんとなりました。出直してきます。
革命50年、なんだか、君は国際社会とどう向き合っているのか問われる気がして、神妙になってます。これだから映画は見ないといけません!

投稿: とみ | 2009年1月16日 (金) 00時40分

>SingingFujisanさま
寒中お見舞い申し上げます。御挨拶が遅くなりましたが今年もよろしくお願い致します。
ハイ、予習もしないで知ってるつもりで行ってまいりました。現代史の基礎知識のなさに愕然。
ま、操作された情報に踊らされている民衆してますから致し方なかったかなと思いました。
今度は、続けてみるつもりしています。

投稿: とみ | 2009年1月16日 (金) 00時34分

こんにちは♪

>カリスマというより永遠の旅人
素敵な言葉ですね~。
まさにそのとおりだと思います。
ひとところに収まりきれない人、自分を呼ぶ声が世界中から聞こえていたのかも。

投稿: ミチ | 2009年1月15日 (木) 21時44分

おお、もうご覧になったのですね(多分、ご覧になるだろうと思っておりました)。私もチェの2本は絶対何が何でも見なくっちゃと固く決意しております!

投稿: SwingingFujisan | 2009年1月15日 (木) 13時31分

>つさま
革命五十年、日本人は、自分はどう時代と向き合ったか、考えさせられます。
あんまり予習せんと行きましたのでちょっと置いてゆかれたところありました。時系列だけでも押さえておいた方がよいと思いました。幼児体験が、キューバ革命か、キューバ危機か、チェの死かで、受け取り方が違うんかな。

投稿: とみ | 2009年1月14日 (水) 12時47分

チェはほんまに素晴らしい人だったようですね.
時代が閉塞感で覆われる時に,忽然と現れる人柄が凄いと思います.
映画,見たいですぅ.

投稿: つ | 2009年1月13日 (火) 23時35分

>D.D.さま
28歳は、大長編の前編という感じです。「モーターサイクルダイアリーズ」などでチェの青春時代などをインプットしておいた方が感情移入しやすいとおもいます。
若い方多かったですよ。愛されてますね。

投稿: とみ | 2009年1月13日 (火) 09時38分

あ!これ、もう上映されてるんですか?
ソダーバーグでベニチオ・デル・トロっていうだけでそそられたのですが、公開日を調べるのを忘れていました。情報感謝です。映像はやっぱり「トラフィック」みたいに迫力ある感じですかね?上映館を調べなくては!

投稿: D.D | 2009年1月13日 (火) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェ 28歳の革命:

» 映画 【チェ 28歳の革命】 [ミチの雑記帳]
試写会にて「チェ 28歳の革命」 スティーブン・ソダーバーグ監督による、20世紀のカリスマ、チェ・ゲバラの一生を描く二部作の前編。 おはなし:1955年、アルゼンチン人の若き医師チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。キューバの革命を画策するカストロに共感したチェ・ゲバラは、すぐにゲリラ戦の指揮を執るようになる。 チェ・ゲバラは、その変わった名前とTシャツなどの図柄で知らない人はいないと思いますが、彼がどのよう... [続きを読む]

受信: 2009年1月15日 (木) 21時41分

« 竹本住大夫 文楽のこころを語る 文庫版 | トップページ | 護王神社のビッグな丑の絵馬 »