« 小町の関寺を訪ねる | トップページ | 初春文楽公演 »

2009年1月 2日 (金)

天智天皇を祀る石坐神社にも詣でる

石

大津市西の庄の石坐神社は、天智天皇の治世に現地より南方山手に彦坐王を祭神として創建され、後に天智・弘文の二帝と伊賀采女宅子を合わせてまつるようになったという。雨乞いの霊験で知られる。
現社地に移されたのは文永3年(1266)のことと伝えられ、棟札の写しから現在の本殿もこの時の建築になるとか。社殿前面の向拝周りや破風などは後世の改変になるが、母屋の桁や舟肘木、内部の天井竿縁などに建立当初の様式・手法を示し、鎌倉時代中期の社殿の面影を今に伝える。県指定文化財。
今はこの神社も合格祈願がメインだが、ワタクシは古に思いをはせ、湖国の豊穣の源となる水の恵みと、きっかりと暦どおりにうつろう四季の訪れを祈願した。お参り完結!

|

« 小町の関寺を訪ねる | トップページ | 初春文楽公演 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天智天皇を祀る石坐神社にも詣でる:

» 4月公演「望郷ノスタルヂア〜李香蘭〜」 [半身の月]
さくらさくらカンパニーが誇る大人気歴史モノローグシリーズ、 待望の第4弾は悲劇の歌姫として名高い「李香蘭」を取り上げます。 日本人であることを隠し、中国人女優として日本と中国の友好を 温めようとした李香蘭のその波乱万丈な半生を主軸に、 清朝の王女に生まれながら日本軍のスパイとして活動し「男装の麗人」 「東洋のマタ・ハリ」と呼ばれた川島芳子、清朝最後の皇帝にして 満州国の皇帝「ラスト・エンペラー」として知られる愛新覚羅溥儀、 満州映画協会理事長にして満州国最高の実力者と呼ばれた甘粕正彦。 激動の時代... [続きを読む]

受信: 2009年1月 6日 (火) 10時40分

« 小町の関寺を訪ねる | トップページ | 初春文楽公演 »