« 直木三十五を育てた物語のある町・空堀 日経ネット関西版に河内厚郎氏の記事 | トップページ | 大阪松竹座、本日は昼の部お祭りの幕見から夜の部終了まで観劇 »

2009年1月16日 (金)

今年の直木賞と芥川賞は京都ゆかりの作家さん

京ゆかりの2人、候補3度目で受賞
芥川賞と直木賞に
京都新聞に大きい載ってます。
京情緒漂う時代物で既に人気作家さんにおなりの山本兼一さんが受賞しはりました。「火天の城」は映画化されるとか。
時代を見通す確かな作風で,芥川賞を受賞されたとある津村記久子さんは,京都の大学出身。
文化を育むまちとして日本に貢献してます。

|

« 直木三十五を育てた物語のある町・空堀 日経ネット関西版に河内厚郎氏の記事 | トップページ | 大阪松竹座、本日は昼の部お祭りの幕見から夜の部終了まで観劇 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の直木賞と芥川賞は京都ゆかりの作家さん:

« 直木三十五を育てた物語のある町・空堀 日経ネット関西版に河内厚郎氏の記事 | トップページ | 大阪松竹座、本日は昼の部お祭りの幕見から夜の部終了まで観劇 »