« ウォーリー/WALL・E | トップページ | 宵戎に行った »

2009年1月 7日 (水)

サライ2月号を買うた

性別不特定中高年向け娯楽文化誌「サライ」2月号は文楽特集だ。表紙は簑助さんのお染!買いましたがな~。
【大特集】
読めば判る、人形浄瑠璃の正しい鑑賞法「文楽」入門
(特集・21ページ、写真/青木信二)
人形の写真は本当に美しく、技芸員さんの表情はお人柄がにじみ出ていい感じ。

|

« ウォーリー/WALL・E | トップページ | 宵戎に行った »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

>かしまし娘さま
お寒うございます。表紙に惹かれて、サライを衝動買いなさった方、続出のようですね。増えて困るので、日頃は、本をなるべく買わないようにしていますが、これは保存版です。
申し遅れましたが、本年もよろしくお願いします。

投稿: とみ | 2009年1月14日 (水) 20時56分

とみ様、遅ればせながらご挨拶を…。
今年も宜しくお願いいたします。
こちらでも「サライ」の紹介が!
気軽に読めて、文楽のことが色々と判る。
しかもワンコインでお手軽。
友人知人に配って歩きたいくらいです。
本当は「買ってぇ」って言うだけですけど(笑)

投稿: かしまし娘 | 2009年1月14日 (水) 12時58分

>ぴかちゅうさま
2月はドラマチックなものばかり。二部、三部は見たことありません。勘十郎さんのいっちゃった与兵衛が見られそうですね。キレまくって目の座った感じでしょう。見たいナ。

投稿: とみ | 2009年1月14日 (水) 12時38分

「サライ」を買いに行ったら住大夫の文庫本も見つけて一緒に買ってきてニッカニカです。こちらの記事に感謝です。拙ブログでもご紹介させていただきましたm(_ _)m
今年のPC脇の卓上カレンダーは文楽です。2月は東京公演もあるのですが三部の油地獄は歌舞伎でも文楽でも初見で楽しみにしているところです。一部二部はあまり馴染みのない演目ですが頑張りま~す。

投稿: ぴかちゅう | 2009年1月13日 (火) 23時58分

>向日葵さま
ご無沙汰しています。
それぞれのファンが喜ぶポイントを押さえた特集でした。
実は、あれっ今日は元気ありはらへんと思うこともありましたが、ますますの意気軒昂を確認し、嬉しい気分になりました。

投稿: とみ | 2009年1月11日 (日) 15時44分

サライ、濃い内容で感動でした。
写真が沢山あるのも嬉しかったです。
住太夫さんインタビューにノックアウトでした。大阪の知事はんにももっと劇場に足を運んでもらいたいものですわ~(一度の観劇で”敷居が高い”と判断せんでえ~)。
3月の地方公演では、東京国立では絶対に手に入らないかぶりつき席で見ます。


投稿: 向日葵 | 2009年1月11日 (日) 12時50分

>やたけたの熊さま
清治師匠のスーツ姿で笑顔を拝んだ方いたはるんでしょうか。寛治師匠の談話もおかしかったです。

投稿: とみ | 2009年1月 9日 (金) 23時53分

サライ、さっき私も買うてきました。
清治さん、ナイス笑顔ですね。いつもの舞台でのお顔からすると、想像できない笑顔ですね(笑)。

投稿: やたけたの熊 | 2009年1月 9日 (金) 21時48分

>D.D.さま
男と女の間には、文化娯楽において、男湯と女湯の間の壁より堅牢な万里の長城があります。
生身の役者そのものに夢中になる女、主人公や敵女に自己や女を投影する男。フェチや人形愛は男のものです。漫画やアニメを卒業できないのはボーイズです。
ジェネレーションの結界は地面に描いた五ぼう星程度。乗り越えられますとも。

投稿: とみ | 2009年1月 9日 (金) 08時33分

>>性別不特定中高年向け娯楽文化誌

サライはあちこちで話題になっていますが、この部分に激しく感動しました。確かに特集によって男性寄りだったり女性寄りだったりしますよね。しかし、若者はターゲット外なんですね~(笑)。

投稿: D.D | 2009年1月 9日 (金) 00時18分

>ハヌルさま
技芸員さんたちの表情が舞台とは違ってにっこにっこなのが謎です。ゆっくり楽しみます。
文楽はちゃっちゃと物語が進みますし、抱腹絶倒のチャリ場がありますから、通し恐るるに足らず。
けど、義経千本桜はまだ見たことおませんし、じゅんさいなこと言えしませんわ。

投稿: とみ | 2009年1月 8日 (木) 20時27分

とみさまも買われたんですね!なんという偶然(笑)
サライという文字よりも写真と「文楽」に目が入って
思わず手にしてしまいました。
入門的な細かな説明や裏まで紹介されていて楽しめる
特集ですね!お人形の写真もふんだんにあり素敵です♪
4月の通し狂言「義経千本桜」は、ほぼ一日缶詰です。
耐えられるでしょうか(苦笑)

投稿: ハヌル | 2009年1月 8日 (木) 12時02分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サライ2月号を買うた:

« ウォーリー/WALL・E | トップページ | 宵戎に行った »