« 図書館で借りた本1227 | トップページ | 解ってたまるか! »

2008年12月28日 (日)

アラトリステ

Mo6419ALATRISTE/2006/スペイン
監督・脚本:アグスティン・ディアス・ヤネス
キャスト
ヴィゴ・モーテンセン、エドゥアルド・ノリエガ、ウナクス・ウガルデ、アリアドナ・ヒル
あらすじ
17世紀、ヨーロッパで三十年戦争が勃発した時代。栄華を極める国、スペインに最高の剣士と称される一人の男がいた。彼の名はアラトリステ。彼は、13歳から剣士として、長じては傭兵隊長として、己の腕だけを頼りに死と背中合わせの戦場を生き抜いてきた。
だが、戦死した友との誓いを守るため、戦場からマドリードに戻り、彼の息子を引き取る。そんな折、“イギリスから来た異端者ふたりを殺せ”という奇妙な依頼が舞い込む。そこには、スペイン国王をも巻き込む宮廷の謀略が隠されていた…。
寡黙で常に冷静沈着、レイピア(片手剣)とピストルを武器に百戦錬磨を誇り、愛と義に生きた孤高の剣士・アラトリステの物語。スペインの人気作家、アルトゥーロ・ペレス=レベルテの世界的ベストセラー冒険小説を映画化したスペクタクル・ドラマ。

かっこええの何の、男の中の男の苛烈な生きざまを描いた長編大河ドラマを145分にぎゅーと詰め込んだ重厚長大骨太の冒険活劇。外患内憂のスペインにあって、国賊にされそうになりながらもスペイン軍人の誇りと、友と女への愛を貫く。ヴィゴ・モーテンセンは全台詞スペイン語で熱く冷たく完璧の演技。北欧南欧どこの国の男も演じることのできるんや~。

|

« 図書館で借りた本1227 | トップページ | 解ってたまるか! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>ミチさま
リアリティのある剣術よかったですね。なんで、あないにかっこよろしんやろ~。熱いのにどこか醒めた瞳、しまったボディが素敵!

投稿: とみ | 2009年4月10日 (金) 22時40分

こんにちは~♪
スペイン語を話すヴィゴがステキでした。
スーツもいいけれど、アラゴルン以来の長髪コスプレがまたなんとも言えず似あってました。
船上のアクションシーンはちょっと垢抜けない気もしたけれど、大作初心者の国だから仕方が無かったのかしらね。

投稿: ミチ | 2009年4月10日 (金) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/43557981

この記事へのトラックバック一覧です: アラトリステ:

» 映画 【アラトリステ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「アラトリステ」 スペインの人気作家、アルトゥーロ・ペレス=レベルテの冒険小説の映画化。 おはなし:17世紀初頭、強国として君臨していたスペインにも翳りが見えていた。1622年、剣士ディエゴ・アラトリステ(ヴィゴ・モーテンセン)は、フランドル地方での戦いからマドリードへと帰還したが・・・。 これはスペインで撮影し、スペイン人スタッフが作り上げたスペイン映画です。スペインは映画製作の歴史が浅くて、こんな大作を作った経験がなく、制作費はスペイン史上最高額だったとか。 原作小説は、歴史の... [続きを読む]

受信: 2009年4月10日 (金) 18時06分

« 図書館で借りた本1227 | トップページ | 解ってたまるか! »