« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

その土曜日、7時58分

その土曜日、7時58分 Before The Devil Knows You’re Dead
2007/アメリカ
監督:シドニー・ルメット
出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、イーサン・ホーク、アルバート・フィニー、マリサ・トメイ
あらすじ
ニューヨーク郊外。小さな宝石店に強盗が押し入る。気丈な店主は、強盗を射殺するが、彼女も銃創を負った。駐車場で待機していた共犯者のハンクはただ逃走した。
実は、ハンクは宝石店経営者夫婦の次男で、3日前、兄のアンディから、両親が経営する宝石店への強盗計画を持ちかけられたのだった。アンディとハンクは、それぞれの愚行から仕事も家庭も崩壊し、金に窮していた。二人は、強盗が失敗しただけでなく、母親が重傷を負ったことに愕然としパニックとなる。

続きを読む "その土曜日、7時58分"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

シネマ歌舞伎・らくだ・連獅子

シネマ歌舞伎も今年は3本目。だんだん映像がクリアーになっているような気がするが錯覚か。山田洋次監督作品だから気のせいではないらしい。映像化は、観客との掛け合いや楽屋落ちネタの臨場感を阻害するので、断然、舞踊系が良いように思われる。
らくだ
紙屑屋久六 勘三郎
手斧目半次 三津五郎
連獅子
監督:山田洋次
親獅子  勘三郎
仔獅子1 勘太郎
仔獅子2 七之助

次回作は刺青奇遇とか。やつれた玉様のお姿が拝める。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年12月30日 (火)

2008年風知草の人気記事ランキングベスト10に上川さんが2本

Hibachi5_2例年の締めとして,アクセス解析を活用して,ページ別アクセスランキングを通年集計しました。風知草のエントリの客観的評価です。上川2、玉4、海老2、菊1、りえ1、蜷川1、宝塚1、四季1と、雑食おとみらしい並びとなりました。冷静な判断を欠いた熱病もの(平リア、福井トニー)はあきませんでしたね。
ご高覧本当にありがとうございましたm(__)m 。


1位:ウーマン・イン・ブラック~黒い服の女 13日(日)千秋楽
2位:玉様はお化けがお好き・夜叉ヶ池と高野聖の水系
3位:海老蔵丈も変化(へんげ)と聖(ひじり)リバーシブル・世界遺産熊野古道から来た男
4位:京鹿子娘二人道成寺再見・二つの結末を持つミステリー
5位:人形の家・20日(土)ソワレ
6位:蜷川幸雄演出「さらば、わが愛 覇王別姫」アイドルであり続けるための苦悩をにじませる熱演
7位:坂東玉三郎・中国昆劇合同公演・嫋々と切々とたおやかに…心震わせる歌唱
8位:宝塚雪組公演全国ツアー初日
9位:表裏源内蛙合戦は主演2人で勝ち戦
10位:劇団四季・トロイ戦争は起こらないだろう・20日(土)千秋楽

2006年に書いたエントリですので番外としましたが、通産4,000ヒットを超えるロングラン。実は、最もヒット数が多かったのがコレ↓。吉弥丈の手応えを控え目に熱く記述しています。
番外:恋には我が身の命もいらぬ(白雪)

愛のあるロジックの発見とエスプリの効いたレトリックの駆使に努めます。
↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇へ
演劇

| | コメント (4) | トラックバック (0)

K-20 怪人二十面相・伝

K-20 怪人二十面相・伝
監督:佐藤嗣麻子
出演:金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、高島礼子、本郷奏多、今井悠貴、益岡徹、鹿賀丈史
あらすじ
第二次世界大戦が起こらなかったと想定した1949年の架空都市「帝都」。華族制度により、極端な格差社会が生まれ、富の9割が特権階級に集中し、町には孤児が溢れていた。そんな中、富裕層のみをターゲットとし、美術品や骨董品を、鮮やかに盗んでしまう「怪人二十面相」の出現が世間を騒がせていた。
サーカスのスター・遠藤平吉は、観客の男から、羽柴財閥の令嬢・羽柴葉子と名探偵・明智小五郎との結納の儀に潜入し、写真を撮ってきてほしいと依頼を受ける。報酬につられ了解した平吉だが、それは、平吉を二十面相に仕立て上げる二十面相の罠だった。あっけなく平吉は逮捕されてしまう。

かなり楽しめる娯楽活劇。細かいことはさておき、アールデコに彩られた架空都市のCGや、大仰な衣装、上流風や江戸下町風の台詞も役者さんの魅力を引き出していい感じ。アニメが好きな自分に気付かせてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月29日 (月)

ワールド・オブ・ライズ

ワールド・オブ・ライズ Body Of Lies
監督: リドリー・スコット
出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ
あらすじ
ロジャー・フェリスはCIAで最高の腕を誇るスパイ。彼の任務を決めるのは、遠く離れた安全な場所で、時には子供の世話をしながら命令を下すベテラン局員エド・ホフマン。そのミッションは、イスラム過激派の爆破テロ組織のリーダーを捕まえることだが、それには、ヨルダン諜報部トップ・ハニの協力が不可欠だ。合衆国は世界平和のため、ヨルダンは自国の国民を守るため、共通の敵を追うが、行動原理も手段も全く異なり難航を極めた。苦境に立ったとはいえ、フェリスも汚い手を使う。

原作は、ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デイビッド・イグネイシアスがCIA工作員を描いた2007年の小説「ボディ・オブ・ライズ」。監督は、『グラディエーター』『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコット。
現場で命がけで工作を行うフェリスと、命令だけを下すホフマン。それに頑迷で高潔そうなハニが絡みテロリストを追う。中東の和平を本当に望んでいるのか合衆国と、自己突っ込み風のテーマも、平和と繁栄を享受する日本人には痛い。礼節も情愛もあるナイスガイのディカプリオのラストの行動が救いと見るか諦観と見るか…。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

リチャードⅢ世・楽前オフ会に参加させていただきました

リチャードⅢ世楽前オフ会に参加させていただきました
既に23日に観劇は済ませていましたが、28日のリチャードⅢ世・千秋楽にご集結の、ムンパリさまスキップさまかずりんさまきばりんさまのランチオフ会に寄せていただきました。場所は、IMPビルのアンジュというカフェ。
年末ということで、来年の☆新感線の蜻蛉峠や蜷川さんのムサシ、大阪松竹座の花形歌舞伎、4月、5月の南座、5月のその男への期待で盛り上がりました。出遅れてるぞ~自分。
贔屓がびみょーに異なるブロガーさんですが、☆新感線となると満場一致で支持というのがうれしいところ。おかげで、ことしは多くの方々にお目にかかれました。古田新太リチャードⅢ万歳!

あ、ランチの写真撮り忘れた。写真はマイ公演グッズのヨーク家の紅薔薇を意識した髪飾りとクラウン型のペンダント。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

解ってたまるか!

てぬぐい
27日(土)ソワレを観劇。
写真は、ブラコメとライフル魔を続けて観劇すると貰えるエコバッグ。
解ってたまるか!
作:福田恒存、演出:浅利慶太
主演:加藤敬二/村木明男(ライフル魔)
あらすじ
東京赤坂のホテルハイクラスに2人の民間人をライフルで射殺した男村木が、ライフルと実弾、ダイナマイトを携え、宿泊客12人を人質にたてこもっている。村木の要求は、警官に差別発言を謝罪させ、自分の話を報道するための記者会見を開けというものだった。
捜査本部は、村木の要求を受け入れ持久戦を決め込む。村木と人質の間には奇妙な親近感が生じていたが、緊張は限界に達していた。

続きを読む "解ってたまるか!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アラトリステ

Mo6419ALATRISTE/2006/スペイン
監督・脚本:アグスティン・ディアス・ヤネス
キャスト
ヴィゴ・モーテンセン、エドゥアルド・ノリエガ、ウナクス・ウガルデ、アリアドナ・ヒル
あらすじ
17世紀、ヨーロッパで三十年戦争が勃発した時代。栄華を極める国、スペインに最高の剣士と称される一人の男がいた。彼の名はアラトリステ。彼は、13歳から剣士として、長じては傭兵隊長として、己の腕だけを頼りに死と背中合わせの戦場を生き抜いてきた。
だが、戦死した友との誓いを守るため、戦場からマドリードに戻り、彼の息子を引き取る。そんな折、“イギリスから来た異端者ふたりを殺せ”という奇妙な依頼が舞い込む。そこには、スペイン国王をも巻き込む宮廷の謀略が隠されていた…。
寡黙で常に冷静沈着、レイピア(片手剣)とピストルを武器に百戦錬磨を誇り、愛と義に生きた孤高の剣士・アラトリステの物語。スペインの人気作家、アルトゥーロ・ペレス=レベルテの世界的ベストセラー冒険小説を映画化したスペクタクル・ドラマ。

かっこええの何の、男の中の男の苛烈な生きざまを描いた長編大河ドラマを145分にぎゅーと詰め込んだ重厚長大骨太の冒険活劇。外患内憂のスペインにあって、国賊にされそうになりながらもスペイン軍人の誇りと、友と女への愛を貫く。ヴィゴ・モーテンセンは全台詞スペイン語で熱く冷たく完璧の演技。北欧南欧どこの国の男も演じることのできるんや~。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年12月27日 (土)

図書館で借りた本1227

図書館で借りた本1227

□大阪力事典 橋爪紳也監修
□近代建築散歩 京都・大阪・神戸編 宮本和義
□絵で読む歌舞伎の歴史 服部幸雄
□進化するミュージカル 小山内伸
□ぼんくら 宮部みゆき
□弾正の鷹 山本兼一
□そろそろ旅に 松井今朝子
□かってま 諸田玲子
□エレキ源内殺しからくり 米村圭伍
□陰陽師 夜光杯の巻 夢枕獏
□怖いこわい京都、教えます 入江敦彦
□源氏物語 語りのからくり 鷲山茂雄
□ドストエフスキー謎と力 亀山郁夫
□シェイクスピアのたくらみ 喜志哲雄
□着物いろはふだん着物の楽しみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

古田新太さんのリチャード三世

古田新太さんのリチャード三世
23日(火)ソワレを拝見。
チラシと異なるお衣装とメイクがいのうえひでのりさんらしく安心できる。通常の公演ではおそらく間引いてある台詞がノーカットなのか、とにかく上演時間が長い。1年の観劇納め向き、異種格闘技的な楽しさ一杯の娯楽大作だ。

| | コメント (12) | トラックバック (2)

南座に写真入り筋書を買いに…

南座に写真入り筋書を買いに…
今日で顔見世興行が千秋楽となる南座。チラシ台はこんな感じだ。発券機のところには、1月の新橋、2月の大阪松竹座の綺麗なものがあった。
来年もよい興行で賑わいますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

「表裏源内蛙合戦」は主演2人で勝ち戦

蛙

表裏源内蛙合戦

作:井上ひさし、演出:蜷川幸雄   
音楽:朝比奈尚行
メインキャスト
平賀源内(表)/上川隆也、平賀源内(裏)/勝村政信
青茶婆(花扇) :高岡早紀 、大久保一学・鈴木春信/豊原功補、松平頼恭・司馬江漢/ 高橋努、白石茂左衛門・鳥山検校・田沼意次/六平直政、女房お初・母・遣手婆/立石凉子、雲井太夫・笠森お仙/篠原ともえ、高井源之助・杉田玄白・将軍家治/大石継太ほか
あらすじ
享保13年、讃岐の国高松藩の貧しい米蔵番の倅として四方吉は出生した。幼いころより四国一の神童と称され、眉目秀麗、頭脳明晰、明朗闊達、奇跡の男として、公費で長崎留学を果たす。名を平賀源内と改め、江戸遊学の願いも叶い、当代一の万能の天才ともてはやされていたが、徳川家直参になりたいという野望が頭をもたげたことから運命が暗転し、浪人の身に…。
才能と出世のギャップに憤り、大衆にも山師と蔑まれ、失意と貧困のどん底のなか、次第に狂気とうつつの境をさまよううようになる。

続きを読む "「表裏源内蛙合戦」は主演2人で勝ち戦"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

宝塚雪組公演「カラマーゾフの兄弟」

23日(火)マチネ、宝塚雪組公演ミュージカル「カラマーゾフの兄弟」を拝見。
作・演出/齋藤吉正
メインキャスト
ドミートリィ(ミーチャ)/水夏希,イワン(ワーニャ)/彩吹真央,アレクセイ(アリョーシャ)/沙王くらま,スメルジャコフ/彩那音,フョードル/未来優希,アグラフェーナ(グルーシェニカ)/白羽ゆり,カテリーナ(カーチャ)/大月さゆ
あらすじ
帝政ロシア末期・19世紀末のロシア。大地主のフョードル・カラマーゾフが殺害され,長男ドミートリィが殺人と窃盗の罪で起訴された。ドミートリィは一貫して無罪を主張するが,退役軍人で自堕落な生活を送って借金地獄にあり,グルーシェニカという女を取り合い父親と激しくいがみ合っていたことなどから,状況は極めて不利だった。
知的で無政府主義者の次男イワンは,兄を冷めた目で見ており,敬虔な聖職者の三男アレクセイは神の愛の下に無実を信じていた。さまざまな思惑が交錯するなか,判決が下る。

続きを読む "宝塚雪組公演「カラマーゾフの兄弟」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

源氏物語の女君の人気投票に異変

源氏物語千年紀委員会サイトの人気投票が気になってのぞいてみたら,えらいことになっていた。こうなると,傾向が読めない。サイト荒らしに胸塞がるるばかりなり(12月22日現在)。
そこで,北条秀司,舟橋聖一,瀬戸内寂聴etc.気にしないで,この際,キャスティングを回顧してみると…。よし、ナットク。

1 末摘花  44,540 勘三郎
2 明石の上 30,475 福助
3 紫の上  30,380 菊之助
4 葵の上   8,370 芝雀,亀治郎
5 浮舟    5,750 玉三郎
6 桐壺更衣  4,221
7 藤壺中宮  4,185 玉三郎,福助,時蔵,菊之助
8 女三の宮  3,670
9 六条御息所 3,090 玉三郎,時蔵
10 朧月夜   2,560 芝雀,菊之助
11 花散里   2,310
12 夕顔    1,740 愛之助,扇雀
13 空蝉    1,450
14 大君    1,363
15 秋好中宮  1,340
16 玉鬘    1,300
17 中君    1,075

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

歌舞伎座さよなら公演特別企画「好きな歌舞伎20選」発表になっていた

2008年12月20日、公式ページに結果が発表になっていたので、私的メモとして書いておこう。応募者の年代は過半は50代以上、7割が女性とか。ワタクシは歌舞伎初心者のはずだが、30本中、未見は一本刀土俵入だけ。なんでやろ。
感想!
・近松作品や義太夫狂言の重厚な演目ががっつり得票(*゚▽゚)ノ
・人気が無いとされている新歌舞伎や論議の的となる新作歌舞伎が大健闘( ̄ー ̄)ニヤリ
・黙阿弥、南北ものが意外に苦戦w(゚o゚)w
・松羽目、能取りものの舞踊劇が苦戦(;д;)

歌舞伎の人気作品は中高年女性の志向と考えてよさそうだ。「みどり」より「通し」が相応しいものが多く、「じっくり見せる普遍性の高いヒューマンドラマ」と総括される。

寿曽我対面、与話情浮名横櫛、人情噺文七元結、身替座禅、夏祭浪花鑑、天衣紛上野初花、梶原平三誉石切、盟三五大切、曽我綉御所染、鎌倉三代記、近江源氏先陣館、ひらかな盛衰記、絵本太功記、廓文章、保名、二人椀久など、上演頻度が高いにもかかわらず、入っていないのも不思議だ。

歌舞伎座さよなら公演特別企画「好きな歌舞伎20選」発表

「歌舞伎座さよなら公演」を記念して、読売新聞社と合同で「好きな歌舞伎20選」募集を行いましたところ、15,000通を越えるご応募をいただきました。皆様に厚く御礼申し上げます。皆様にはどうか来年1月の「壽初春大歌舞伎」よりはじまる「歌舞伎座さよなら公演」をご支援下さいますようお願いいたします。昭和63年の歌舞伎座開場百年の折、「読者が選ぶ歌舞伎20選」には、6,280通、さらにその後、平成7年の松竹創業百年を記念して実施した際には、初回を2,000通以上、上回る8,778通もの応募を頂きました。今回は更にそれを上回り、応募総数は15,971通にものぼりました。

【20選の作品名と得票数】
1 勧進帳      1852
2 義経千本桜    931
3 京鹿子娘道成寺 881
4 仮名手本忠臣蔵 829
5 青砥稿花紅彩画 810
6 助六由縁江戸桜 749
7 桜姫東文章    545
8 源氏物語      363
9 連獅子       331
10 恋飛脚大和往来 309◎
11 菅原伝授手習鑑 276
12 三人吉三廓初買 257
13 壇浦兜軍記・阿古屋 256
14 平家女護島・俊寛 226◎
15 伽羅先代萩    224
16 暫          195◎
17 女殺油地獄    183
18 南総里見八犬伝 181◎
19 曽根崎心中    179◎
20 元禄忠臣蔵    173

◎印は初の20選入り

続きを読む "歌舞伎座さよなら公演特別企画「好きな歌舞伎20選」発表になっていた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弦楽二重奏バイオリン・玉井菜採&チェロ・河野文昭

弦楽二重奏バイオリン&チェロ
草津のしが県民芸術創造館で、午前に行われた児童のオーディションの審査員を務められたお二人のデュオを聴きに走る。以下の豪華プログラムでなんと無料(会場はリハーサル室なので至近距離)。
バッハ無伴奏ヴァイオリンパルティータ第3番、黛敏郎「文楽」、ハイドン・ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲ニ長調。
玉井さんの音は脳内の血液が一瞬さらさらになって視界まで明るくなるような響き。
「文楽」は、チェロで太棹三味線と大夫の語りを表現するという実験的な曲(んなあほなという超絶技巧)だった。
例によって写真と記事は関係ありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

若林顕ピアノリサイタル「たった1人の第九」

若林顕ピアノリサイタル「たった1人の第九」
京都コンサートホール小ホール
リスト編曲によるベートーベン交響曲第九番二短調「合唱」の1台ピアノ版を若林顕さんが弾く。彼の勝負曲でCD化もされている。
熱く多彩な音色ながら精神性溢れ、深い感動を呼ぶ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

大阪四季劇場「オペラ座の怪人」が2009年5月17日千秋楽とあった

オペラ座の怪人が5月千秋楽

と、いうことは…。
名古屋のハコは2階が5列しかなくいいのだが…。 写真は、記事と関係ありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

今週から福井さんがタガー

福井さんは猫屋敷に御帰還( =①ω①=)フフフ
マンカストラップ/荒川務
ラム・タム・タガー/福井晶一
マンゴジェリー/武藤寛
マンカスとタガーが逆の方が個人的には好みだが是非もない。
武藤さんもいたはるε=ε=ε=ヾ(э^・ェ・^)эニャホー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

嵐山花灯路・幻想的に浮かびあがる渡月橋

嵐山花灯路・幻想的に浮かびあがる渡月橋
オオエ国からミヤコに戻る途上に嵯峨嵐山がある。
橋と山、どちらを採るかがモンダイ。試行錯誤が繰り返されて今年は如何か。
橋が強めか。

続きを読む "嵐山花灯路・幻想的に浮かびあがる渡月橋"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シュテンの棲み処・オオエ国に立ち寄った

シュテンのすみか・オオエ国
北近畿タンゴ鉄道宮福線大江駅前の鬼瓦公園。大江町は合併し、現在は、福知山市だ。
大江は、山の重なりが神秘的だ。山から湧き出す宮川流域に、鬼の棲む朧の森があっても不思議ではなさそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

表裏源内蛙合戦・終了後のプチオフ会

表裏源内蛙合戦終了後のプチオフ会
上演時間休憩を入れて4時間を超える井上ひさし氏脚本、蜷川幸雄氏演出、上川隆也氏主演の大作。
終演後、ホテルニューオータニで、ムンパリさま、しろうさまとお茶しました。お二人とも東京公演もご覧の上川命の方々。気後れしながらも、楽しい時間を過ごさせて頂きました。
あ、おとみは、ミルフィーユを寝かせて小口から縦切りにして食す派でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

まもなく塩野七生氏の新作が発刊・おとみは本を買うこともある

購入した本、する本は以下のとおり。
□恋の骨折り損 W.シェイクスピア 松岡和子訳
□源氏物語 大塚ひかり全訳 第2巻
□京都宵 アンソロジー異形コレクション 井上雅彦
□『ローマ亡き後の地中海世界』(上巻) 12/24発売予定


塩野七生氏の新作がまもなく発刊となる。毎年、年末年始、15年楽しませていただいたが、あまり勉強しなかったローマ世界以降というのはたいへんうれしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

源氏物語千年紀委員会のサイトは遊べるしー

源氏物語千年紀の2008年。京都市,宇治市,大津市は,Xデーの11月1日を中心に,一年を通じて,イベントに沸いた。源氏物語千年紀委員会のサイトも季節に合わせた趣向を凝らしてきたが,昨日からクリスマス絵はがきがアップされている。デザインは4種類で,牛車と貴族の行列,竹と紅椿など。その他,壁紙,グリーティングカード,ジグゾーパズル,ショートストーリーも従前から充実している。
http://www.2008genji.jp/
さて,源氏物語に登場する女君たちの人気投票コーナーがあり,ほぼ傾向が見えてきた。圧倒的人気は,完全無欠の「紫の上」で,サバイバル勝利の「明石の上」が大健闘。意外に,不倫系の「藤壺」,「朧月夜」は大苦戦で,男性に人気の「夕顔」や「浮舟」は惨敗状態。健気に謙虚にポジティブシンキングで現実に対処し,最終責任を取る二人に共感する現代の女性の志向か,大和和紀さんの「あさきゆめみし」の影響かはわからない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

滋賀会館シネマホール存続の取組が京都新聞に掲載

文化会館としての機能をこの秋に終了した滋賀県大津市京町の滋賀会館だが,シネマホールは検討している。京都新聞にちょっといい記事が掲載されていたので紹介する。ここは,無作為に見ても全て良い映画というところが心憎い。もちろんワタクシも会員だ。

続きを読む "滋賀会館シネマホール存続の取組が京都新聞に掲載"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

2009年5月の京都四条南座は花形歌舞伎

控え目、早めのお知らせやけどうれし~。
2007年3月に上演された(きりたろうてんぐのさかもり)の座組のようだ。今はプレチラシしかないが,演目や出演者が固まるにつれ,バージョンアップするのがタノシミ。
荒唐無稽の大活劇希望。メン・アラ・フォー卒業,U18メンバー参加大希望。
今のところ,中村橋之助,片岡愛之助、中村勘太郎,中村七之助となっている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

凸ねこさまに能楽堂の冬のフラッシュ背景を作っていただきました

Blog Petの子猫・獅子丸は12月24日で満3歳。背景は,【猫のお凸(でこ)】・素材の蔵出し・凸ねこさまから能楽堂の松羽目をお借りし,ながーく愛用しています。
これまで,春宵、流星、紅葉の薪能のフラッシュを作成していただきました。本日、コメントを頂き、新作の豪雪のフラッシュが…。にゃんこには過酷な条件ですが頑張れ獅子丸!ウサギに変えたりしません。いただきまーす。
やっぱり見たいぞ、玉三郎丈の鷺娘。
凸ねこさまありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト

10114302671_s監督:マーティン・スコセッシ
出演:ザ・ローリング・ストーンズ(ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツ、ロン・ウッド)、クリスティーナ・アギレラ、ジャック・ホワイト、バディ・ガイ
ストーンズの長年のファンのマーティン・スコセッシ監督。2006年秋、二ューヨークのビーコン・シアターで開催されたザ・ローリング・ストーンズの2回のライブを、「ディパーテッド」撮影クルーが集結し、あらゆる機材を駆使し、コンサートの全体像から舞台裏までを織り交ぜて撮影したライブ&ドキュメント。第58回ベルリン国際映画祭オープニング作品。

5日に駆けつければ、いろいろ特典があったみたいで残念。ライブはええ席で聞かなあかん!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

図書館で借りた本1206

図書館から借りた本

□私たちのシェイクスピア 由井武夫・原田大二郎
□乙女の大阪 甲斐みのり
□乙女の京都 甲斐みのり
□京都の近代化遺産 川上貢
□わたしの風姿花伝 河内厚郎
□琵琶綺談 夢枕獏
□狸穴あいあい坂 諸田玲子
□あやつられ文楽鑑賞 三浦しをん
□リチャード三世は悪人か 小谷野敦
□からくり灯籠五瓶劇場

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

祇園富永町のお茶屋の暖簾

祇園富永町のお茶屋の暖簾
祇園では、さりげなくいい風景が見つかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

今月の玉様(六条御息所)の寓居・闇に眠る野宮神社に行ってみた

今月の玉様のお住まい・野宮神社に行ってみた

京都四条南座顔見世で上演中の源氏物語「夕顔の巻」では、坂東玉三郎丈は六条御息所を演じておられる。六条御息所がおわします闇とはどのようなものかどうしても確かめたくなり、唐突に思い立って嵯峨の野宮まで出かけた。理由は、ネタバレになるので言えませ〜ん。
野宮は、天皇の代理で伊勢神宮に仕える斎王が伊勢へ下向する前に潔斎をした宮。黒木鳥居と小柴垣に囲まれた聖地で,その様子は源氏物語「賢木の巻」に描かれている。そして、現在も、野宮神社は、物語のイメージが忠実に保全されている。
さて、次週から、嵯峨嵐山一帯は、イベント・嵐山花灯路で、観光客がわんさかとなるはず。野宮周辺の竹薮の道も幻想的にライトアップされる。
しかし、今日は、想像を超えた闇も闇、真の闇。平安人が闇を恐れたのも納得。ほーんと真っ暗。玉様が演じられる六条御息所がおわしそう。

続きを読む "今月の玉様(六条御息所)の寓居・闇に眠る野宮神社に行ってみた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

受験生の御守・浜大津駅の滑り止めの砂

砂

滋賀県大津市を走る京津線浜大津駅の冬の風物詩・滑り止めの砂。浜大津駅のホームは吹雪くし、凍てつくため、転倒防止の砂が備えられている。これが、受験生の御守として、小袋入りも用意されていて人気だ。寒ーい待ち時間に、心が少しほこほことなる。

続きを読む "受験生の御守・浜大津駅の滑り止めの砂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

京都会館

京都会館
1960年に開館した京都会館は、戦後、京都に新しい市民文化の創造拠点を作ろうとの意図のもとに、全国に先駆けて建設された。前川國男氏の設計による建築物は、日本を代表するモダニズム建築として評価を受けている。
水平線を強調した軒線は、軽快な「和風」と重厚なル・コルビュジェ風がせめぎ合う。
2015名収容の第一ホール、939名収容の第二ホール、会議場、および5つの会議室を備え、関西の文化ホールの代表的存在としての地位を保持している。

あ、バス、来てしもた~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

京都劇場で「トロイ戦争は起こらないだろう」が上演

タイトルのとおり。
今ごろ福井さんはどこでどうしてござろうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »