« 兵庫県立美術館・新旧 | トップページ | 私は貝になりたい »

2008年11月28日 (金)

兵庫県の迎賓館として活用されている兵庫県公館

兵庫県公館
色付く街に映える兵庫県公館は,1902年(明治35年)に建てられた県庁舎建築。内外装とも竣工時の姿に復元され、1985年からは、県の迎賓館および県政資料館として活用されている。
中庭を中心とする回廊式のフランス・ルネッサンス様式の建築で、設計は文部技官山口半六。往時の港町神戸の富と文化を彷彿とさせる壮麗な佇まいだ。
その歴史的文化的価値の高さから国登録有形文化財に登録されている。

|

« 兵庫県立美術館・新旧 | トップページ | 私は貝になりたい »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫県の迎賓館として活用されている兵庫県公館:

« 兵庫県立美術館・新旧 | トップページ | 私は貝になりたい »