« むかしむかしゾウがきた in 京都劇場 | トップページ | JR京都駅のクリスマスイルミネーション »

2008年11月 4日 (火)

レッド・クリフPartⅠ トニー・レオンさんに熱

とにかく、直近のシネコンで、パジャマの上からガウンをはおって鑑賞。ええこと覚えた…。
歴史マニア、ジョン・ウーファン、トニー・レオンファン、金城ファン、ゲーマー、スーパー歌舞伎ファン、どこからでもかかって来いの満足度(たぶん)。
で、ワタクシはトニー・レオンの固定客。スクリーンに登場しただけで瞳孔全開。瞬きが止まり涙が…。麗しさに泣ける。正面も素敵だが横顔が完璧。オトコマエは造形芸術だ。
普段の苦悩顔から、強い決意を秘めた憂愁顔になるには、ピンや針と糸(な、あほな)ならずとも、接着剤と詰め物なさっておられることでしょう。
どんな話か再度行ってきま~す。

|

« むかしむかしゾウがきた in 京都劇場 | トップページ | JR京都駅のクリスマスイルミネーション »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>ミチさま
三連休は映画三昧の予定が、発熱のため、最寄のシネコンのレイトショーにこっそりとということになりました。
役作りに2ヶ月かけられるというトニー・レオンさんは、お役が作品ですね。

投稿: とみ(風知草) | 2008年11月 5日 (水) 00時17分

とみさま、こんばんは~♪

>パジャマの上からガウンをはおって鑑賞
ええ?
そんなことなさってたんですか?
いや~、さすがの私もそれはやったことがありません~。

トニーさんの固定客であるとみさま。
二度目の逢瀬はいかに?
私ももう一度鑑賞してくる予定です。

投稿: ミチ | 2008年11月 4日 (火) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッド・クリフPartⅠ トニー・レオンさんに熱:

» 映画 【レッドクリフ Part 1 】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「レッドクリフ Part 1 」 ジョン・ウー監督が100億円を投じて「三国志」を映画化。 おはなし:今から1800年前の中国。絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成したが・・・。 三国志はNHKの人形劇と劉備元徳を中心としたテレビドラマと横山光輝の漫画をかじったくらいです。映画公開を前にNHKが「そのとき歴史は動いた」と「BS熱... [続きを読む]

受信: 2008年11月 4日 (火) 23時03分

« むかしむかしゾウがきた in 京都劇場 | トップページ | JR京都駅のクリスマスイルミネーション »