« メルマガに京都四条南座顔見世興行の演目と配役がぁ… | トップページ | グーグーだって猫である »

2008年9月 4日 (木)

玉三郎丈は六条御息所!

昨夜の続報!京都四条南座顔見世興行の演目と配役
源氏物語の配役が京都新聞に掲載!
そうでしょう。そうでしょう。そうでなくては…。おーほほほほ。
源氏物語
光の君    海老蔵
夕 顔     扇雀
六條御息所 玉三郎

|

« メルマガに京都四条南座顔見世興行の演目と配役がぁ… | トップページ | グーグーだって猫である »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

>Singing Fujisanさま
コメントありがとうございます。京都新聞だけに掲載されているようです。最終演目というところが、お体をいとわれる丈だけに、ご決意がうかがえます。マジ、今年は見たいです。

投稿: とみ | 2008年9月 8日 (月) 18時08分

玉様の御息所、見たい~っです(扇雀さんの夕顔がイメージできないcoldsweats02から、よけい見たい!!)
でも、とても京都へは行けませんweep 私は東京で落語の「末摘花」を聞いて満足することにいたします。
とみ様のご感想を心待ちしておりますね(まだ、まだ先のことでしたねえcoldsweats01)。

投稿: SwingingFujisan | 2008年9月 8日 (月) 14時44分

>六条亭さま
観劇できるかびみょーというのは、京都市民とて同じこと。顔見世は、演劇というより行事ですから…。
夜の部の最後が海老蔵丈というのが、京都市民の策略なのでしょう。
それにつけても、京鹿子娘道成寺、廓文章の年から思えば、ずいぶん前衛的なものになっています。

投稿: とみ | 2008年9月 6日 (土) 08時29分

> とみ さま

六条御息所とは期待以上のお役ですね!やはりそうでなくては、うんうんと私も肯いてしまいます。

是非とも観たい!でも、夜の部の最後の演目ではとても遠征は無理です(-_-;)。

投稿: 六条亭 | 2008年9月 5日 (金) 23時49分

>花餅屋太夫元さま
ファンの期待を押さえていただける玉様に感謝します。写真入り筋書きは買いに行こうっと。

投稿: とみ | 2008年9月 5日 (金) 09時09分

ありゃりゃ…!
早速と情報有り難う御座います♪
六条の御息所ですか…其れは其れは…期待できますね。
どんな演出で御息所をされるのかが…見所です♪
美しくも、斯く妖しく…おぉっ!戦慄が走りまするぞよ~っ!

投稿: 花餅屋の太夫元 | 2008年9月 5日 (金) 02時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/42382959

この記事へのトラックバック一覧です: 玉三郎丈は六条御息所!:

« メルマガに京都四条南座顔見世興行の演目と配役がぁ… | トップページ | グーグーだって猫である »