« 玉三郎丈は六条御息所! | トップページ | 大津市平野学区にコミュニティバスを!月末に交通社会実験 »

2008年9月 6日 (土)

グーグーだって猫である

グーグー
原作:大島弓子、監督:犬童一心
出演:小泉今日子、上野樹里、加瀬亮、大島美幸、
   村上知子、林直次郎、黒沢かずこ、現役作家さん
麻子は吉祥寺に住む少女漫画作家。 4人のアシスタントと共に殺人的なスケジュールで制作していた。しかし、15年、共に暮らした愛猫サバを亡くし、描けなくなってしまう。そこで、思い切ってアメリカンショートヘアの雄猫を飼うこととし、グーグーと名づけた。
まもなく、ちょっと気になる不思議な青年青自と出会い、新作の構想もかたまり、何もかもうまくゆきそうな予感がしていた矢先、思いかけないことが起きる。

アメショーの可愛らしさに惹かれまずは出かけた。大島弓子さんらしいファンタジックでふわふわしたキャラクターの麻子さんに小泉さんはぴったり。雑多な吉祥寺界わい、緑豊かな住宅地、井の頭公園の四季などが詩情豊かに、人間目線と猫目線で追われ、知らない町でも既視感を感じさせてくれる。
継続する日常に幸福を見出す。そんななんでもないことの大切さに気付かせてくれる。猫好きなら思わずにんまりする猫の映像に救われる。

|

« 玉三郎丈は六条御息所! | トップページ | 大津市平野学区にコミュニティバスを!月末に交通社会実験 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>hitomiさま
グーグーが白ネコを追いかける光景のダメ出しなどありました。試写会でのタイトルロールの登場の場面も…。棚の上からどっしーんと落ちる場面も愛嬌あります。

投稿: とみ | 2008年9月14日 (日) 22時33分

これがメイキングDVDですか。可愛い♪

この仰向けポーズ、うちの猫、似ています。

吉祥寺の友人のおば様の家に東北旅行の帰りにお世話になったので懐かしいです。でもあんなに大混雑になったとは。

投稿: hitomi | 2008年9月14日 (日) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グーグーだって猫である:

» グーグーだって猫である [猫と薔薇、演劇、旅ファン]
http://movie.blogmura.com/moviereview/ KUMAさんhttp://plaza.rakuten.co.jp/KUMA050422/diary/20080909/ も友人もあまりよくないという感想ですががやはり観てしまいました。 吉祥寺は学生時代、東北一周旅行の帰り、友人のおば様の家に転がり込んだので懐かしいところです。 井の頭公園にも思い出があります。 映画の終わりに嗚咽も聞こえてきましたが私はあまり切実感が感じられませんでした。..... [続きを読む]

受信: 2008年9月14日 (日) 21時12分

« 玉三郎丈は六条御息所! | トップページ | 大津市平野学区にコミュニティバスを!月末に交通社会実験 »