« 近松のまち尼崎・ひと月早いマイ近松祭 | トップページ | 尼崎文楽公演・26日(金)昼夜 »

2008年9月27日 (土)

パコと魔法の絵本

1691_1216874549_m_2PACO and The Magic Book
監督: 中島哲也
出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、上川隆也
おはなし
いつどことも知れない病院。医者、看護士、患者、み~んなまともじゃあない。すこぶる付きのへんは、患者の成金偏屈ジジイ・大貫。ある日、大貫は、患者の可愛らしい少女パコにまで意地悪をしてしまう。
パコは、交通事故の後遺症で1日しか記憶が保たなくなって、毎日同じ絵本を読んでいる。ジジイの意地悪も、翌日になるとすっかり忘れている。 大貫は、パコの記憶に残りたいと思うようになり、自分の残りの人生でパコのために何かしようと思いたつ。

特殊に近いメイクに奇天烈なお衣装、デフォルメされてCGアニメにされることもある。阿部サダヲさん、土屋アンナさん以外、誰だか分らないことも…。特に妻夫木さんは何にでも化けられる実態の濃くない方ということを実感した。
CGも綺麗、極彩色の楽しい世界ながら、そこは大人の寓話。心に残るメッセージが用意されていてヒクッとなる。
椅子から落ちて馬鹿笑いしたい場面が多数あるが、映画館は笑いにくいのがつらい。

|

« 近松のまち尼崎・ひと月早いマイ近松祭 | トップページ | 尼崎文楽公演・26日(金)昼夜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>きばりんさま
泣けました。笑えました。雨がざーと降るタイミングもよかったです。まもなくお正月映画に入れ代わりますので、時間があればもう一度見てみたいです。

投稿: とみ | 2008年11月 7日 (金) 10時24分

やっと観たよーー♪
泣いたよ、笑ったよ。。
サダヲちゃんが気に入ったよー特にタニシとヤゴ(;^。^A アセアセ・・
舞台と映画…比較しながら観てたにも関わらず、泣いてました♪
大王のあの出方はーーー(;´▽`lllA``

投稿: きばりん | 2008年11月 7日 (金) 00時53分

>麗さま
CGアニメだけ大好きです。書き割りとの境界域が曖昧なのも目新しいです。寓話ですから、細かい突っ込みはやめときます。
舞台は客席で反応出来るからがいいのでした。

投稿: とみ | 2008年10月 1日 (水) 08時22分

映画館だと周りの人に気を遣ってしまって、
バカ笑いできないですよね。(笑)
冒頭、大王が現れた瞬間、大笑いしたかったんですが、
周りの人が無反応だったので笑いをかみ殺してました。

派手なコスプレにCGを多用してましたが、
舞台とは違う魅力を引き出してて上手く仕上がってましたね。
各キャストに笑わせて貰いましたが、
私的にはサダヲちゃんと上川さんに大満足でした。(笑)

投稿: 麗 | 2008年10月 1日 (水) 01時29分

>悠さま
>私がみていた映画館では、客席で笑いがおきてましたよ。
たぶん同じ映画館だと思いますが…(笑)。
極彩色の色使いや飛び出す絵本の中に入っていく視点が楽しいですね。いかにもという紙芝居らしさがいいです。

投稿: とみ | 2008年9月28日 (日) 10時48分

私がみていた映画館では、客席で笑いがおきてましたよ。それとハンカチとりだしてるお客さんも。
やくざやさんが、順平のことを聞かれての答え、一瞬、え、何?でしたが、次の瞬間大笑いでした。私。
知り合いに、すすめまくってます、この映画。

投稿: 悠 | 2008年9月28日 (日) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パコと魔法の絵本:

» 『パコと魔法の絵本』 [ARAIA -クローゼットより愛をこめて-]
大王原作の舞台がいよいよ映画化されスクリーンに!! てな事で、会社の後輩を連れて、早速観てきましたよー! 「パコと魔法の絵本」 ... [続きを読む]

受信: 2008年10月 1日 (水) 01時19分

« 近松のまち尼崎・ひと月早いマイ近松祭 | トップページ | 尼崎文楽公演・26日(金)昼夜 »