« ラ・アルプ8月号煌めきの瞬間に福井晶一さんが登場 | トップページ | 国立文楽劇場トライアスロン+α »

2008年8月 1日 (金)

カンフー・パンダ(吹替版)

監督:マーク・オズボーン,ジョン・スティーブンソン
日本語吹替版:山口達也,笹野高史,MEGUMI,中尾彬,木村佳乃
あらすじ
山深い平和の谷には龍の巻物の奥義を得たものは最強の戦士になるという伝説があった。ラーメン店の息子パンダのポーは偶然”龍の戦士”に選ばれたものの,修行ははかどらない。5人の戦士タイガー,ヘビ,ツル,モンキー,カマキリたちからも無視される。
しかし,囚人となっていた邪悪な戦士タイ・ランが脱獄し,かつての師シーフーと谷に魔手が迫っていた。果たしてポーは戦士としての力を発揮し,平和の谷を守ることができるのか!?
楽しいミラクルストーリー。キャラクターもうそだーいというほど愉快で戦士らしくないところがよい。和む。気持ちがささくれだったときにはぴったり。師匠は何という動物なのだろう。大師は亀さんだった。

|

« ラ・アルプ8月号煌めきの瞬間に福井晶一さんが登場 | トップページ | 国立文楽劇場トライアスロン+α »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンフー・パンダ(吹替版):

« ラ・アルプ8月号煌めきの瞬間に福井晶一さんが登場 | トップページ | 国立文楽劇場トライアスロン+α »