« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

ウェストサイド物語 in Kyoto 感動の千穐楽

ウェストサイド物語 in Kyoto千
今日の福井さん、いつもにも増して,ひたすら青春しておられた。マリーア、チノー、発するでかい声がそのまま感動となる美声だ。青春,こんな懐かしい言葉が似付かわしい古風な俳優さんだ。福井ファンやっていてよかった。明日から,福井さんのさらなる発展に期待するが、今日は,心からおめでとうと申し上げよう。
さて,東京から通算一年になるロングランを支え続けたダンスリーダーの松島さんに敬意を、また,京都公演中の春に天に召された立岡さんに限りない弔意を捧げる。
果てしないカテコは,千穐楽の舞台上におられるメンバーだけでなく,長い公演において,関わった全ての皆さんへのものであることは間違いない。ウェストサイド物語という大作を自分のものとして一回りステップアップされた皆さんを,引き続き応援するゾ!
写真は大入袋内の千穐楽記念タグ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

ガラスの仮面・蜷川幸雄 in Osaka エイジレス&エンドレスな芸道

ミニ本

オーディションから1年余りをかけて制作されていた企画をついに拝見できた。
演劇を志す若い方々へのエールに満ち満ちたたいへん元気の出る作品だ。観客席も、「ガラかめ」エイジの女性たちと、出演者たちの親世代が一致し、ハナから応援団モード。座頭の夏木マリさんをマリちゃんと呼ぶ祖父母世代まで集め、観客が舞台の半分を造るというコンセプトも達成だ。
舞台上は、若い俳優さんが大多数で、群衆の使い方には定評のある蜷川さんのあしらいが冴える。劇画の画像パネルと鏡だけのシンプル演出ながら,本水rainとフライングthunderという降物と飛物は押さえてあるメリハリの効いた演出はさすが…。

続きを読む "ガラスの仮面・蜷川幸雄 in Osaka エイジレス&エンドレスな芸道"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

あの日の指輪を持つきみへ

Closing The Ring
2007/イギリス、カナダ、アメリカ/118分/松竹
監督:リチャード・アッテンボロー
出演:シャーリー・マクレーン,クリストファー・プラマー,ミーシャ・バートン
1994年,長年連れ添った夫を亡くしたエセル・アンの元に、テロが頻発し治安最悪のアイルランドから,ジミーという青年のメッセージが届いた。第二次大戦中,墜落した米軍機に搭乗していて戦死したエセル・アンの夫テディの指輪が発見されたという。青年は墜落した米軍機の遺品を発掘する老人の友達だった。指輪にはいったいどんな思いが込められていたのか。

ハートがじんわり温かくなるヒューマンドラマ。過ぎ去った日々は美しく,死した者は永遠の若さを保ち続けるが,永遠の愛以外にも真実の愛はある。アイルランドの元発展家のセクシーばーさま,妙に律儀なコレクターじーさま,その道一筋50年の老テロリスト,シャイで無骨なロマンチスト元飛行機乗りと,主演を取り巻くお年寄り達像が素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

四季公式ページに「トロイ戦争は起こらないだろう」の稽古場写真が…

『トロイ戦争は起こらないだろう』の世界 第四回(自由劇場)『トロイ戦争は起こらないだろう』の幕開けまであと4日。
衣装,装置も力入っている。キャストがバレバレになっているところが愉快。
「アンドロマック」は不動のようだが,トロイの勇将他楽しみな方がメインキャストに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶景かな、絶景かな。東山・祇園閣に登楼。五右衛門さんの墓参も…

絶景かな、絶景かな。祇園閣眺望画像

京都市東山区祇園町南側の祇園閣は、明治~昭和を生きた個性派建築家伊東忠太の昭和2年の作品(クライアントは大倉財閥の大倉喜八郎)で、現在、夏の特別公開中だ。鉄骨鉄筋コンクリート造3階建てのスケールアウトの長刀鉾を模した意匠は、東山の点景として異彩を放つ。内部階段の壁には,昭和63年に井筒雅風氏により制作された敦煌莫高窟模写のフレスコ画が描かれ,大谷光瑞,伊東忠太,大倉喜八郎等だけでなく、様々な時代のオリエンタリズムを凝集している。
石川五衛門も、織田信長も当山の境内地に眠る。

続きを読む "絶景かな、絶景かな。東山・祇園閣に登楼。五右衛門さんの墓参も…"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

祇園都路里で抹茶氷・これは八瀬という名

祇園都路里で抹茶氷・これは八瀬
風知草ではめったに出ないグルメ記事。
いつも行列の出来ている四条通の祇園都路里に飛び込み、かき氷をかっ食らった。白餡、バニラアイス、抹茶アイス、抹茶シャーベット、焙じ茶ゼリー、抹茶ゼリーをトッピングした豪華版。ん、白玉があらへん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ

「スター・ウォーズ」の最新CGアニメーション作品。

アナキンがオビ=ワンと修行中の頃,アナキンは,パダワンとしてアソーカという少女を部下に持つ。事件は、エピソード2と並行して起きる。ジャバ・ザ・ハットの子供が何者かに誘拐された。オビ=ワン・ケノービとアナキンが坊や救出の任務に当たることになったが・・・。

アナキンは性格が暗く,怒りと恨みは異常に深い男だが,アソーカという次世代を育成していた時代もあったようだ。
キャラクターは,実写と区別がつかない程だが,人間はCGキャラになっていた。声優さんもメイス・ウィンドゥ(サミュエル・L・ジャクソン),ドゥークー伯爵(クリストファー・リー),C-3PO(アンソニー・ダニエルズ)はご本人。R2-D2の可愛い音も健在\(^O^)/
エピソード3のドヨヨーン,それはないやろ,観客を落ち込ませてどないすんねんの救いになった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年8月25日 (月)

松尾塾子供歌舞伎 in Osaka23日(土)マチネ

松尾塾子供歌舞伎23日マチネ
昨年,テレビ放映されたときから、来年、絶対見ると決めていた松尾塾子供歌舞伎。かわゆらしく健気ながら本格的だ。で,国立文楽劇場初日A組を覗きに…。人間国宝常盤津一巴太夫もご出演だ。拵えも可愛い。プログラムは,京人形,義経千本桜・すし屋,浮気婿(身替座禅かな)とハードルが高い。形だけでなく,メイクドラマが求められるすし屋も,ダイナミックに心を動かしておられる。
美しさでは、京人形と弥助を演じた諒ちゃんが、達者さでは、お里と奥方玉ノ井を演じた満里奈ちゃんが引っ張っておられた。
ところで,マイ興味の対象の年令が,どんどん下がってきているようだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

ウェストサイド物語24日(日)マチネ

ウェストサイド物語24日マチネ
もう一度福井トニーが戻って来られるとは…。うれし涙。ジェット団復帰後の福井さんは,メイクもお上手になられ、表情も主演らしい自信が漲りオトコマエ度飛躍的に上昇。われ等謙虚な福井ファンでも,思わず胸を張る。
マリ〜アのサビは、声色、声量、緩急、強弱、パーフェクトの歌唱だった。歌声の響きに合わせ,客席で過呼吸で卒倒。ドタッ。
さて,演技も不器用さを克服し,特に二幕においては,この恋に生きるという信念がビシーと定まり,チノ~!俺を撃て!では,うるっとなった。
写真は,チェロの師匠の愛猫フィガロ。本記事とは関係ありません。

続きを読む "ウェストサイド物語24日(日)マチネ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

SISTERS・23日(土)ソワレ

SISTERS23日(土)ソワレ
長塚圭史さんの家族の闇を手懸ける連作の最新作。松たか子、鈴木杏、田中哲司、中村まこと、梅沢昌代、吉田鋼太郎の最強の布陣で臨む重くホラーに近い愛憎の結末は?
松さん演じる主人公「馨」の痛々しく傷つきながら、必死に何かを為そうとする様相は、女性なら共感できる。全編の地色となる黒、差し色の曼珠沙華の赤、怪鳥のような百舌鳥の鳴き声,死臭とも石鹸とも言える匂い,意表を付いた水使いで衣服を濡らす不快感。演出は五感にざらっとくる。馨,美鳥,操子,信助,礼二,名前も凝っていて象徴的だ。
不条理劇では断じてないが,純文学のコンセプトが鬼才に舞台化されたようなぐったり感がある。純文学を読まなくなってきているので,演劇は確かに要る。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

妖怪電車で北野白梅町から西院へ

妖怪電車に乗って北野白梅町
嵐電は17日から24日まで毎夜、妖怪電車を運行中だ。四条大宮→嵐山→北野白梅町→西院と2両で走る。車内はブルーの照明にガンガンに効いた冷房、ヒュードロのSE、妖怪たちと同乗という極め付けの涼しさ。しかも、帷子の辻、西院など冥界風情を盛り上げるゆかしい駅名が続く。妖怪電車も,終電となると乗車客も減り,妖怪律が高くなり,涼しさも最高潮だ。寒い!
運賃は大人200円、子供100円、妖怪50円。拵えなしでも妖怪フェイス認定に自信あったが200円支払った。
23日と24日は,京の夏休み最後のビッグイベント・地蔵盆~。まだ,タノシミは続く。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

ブログ通信簿を受検

Photoあちこちで泣き笑い交々のブログ通信簿
採点基準が怪しげだが受けてみた。
結果は,「男性,26歳,主張度4,気楽度3,マメ度4,影響度2,新聞委員,京都の知識や経験を活かして詩人を目指しましょう。」というものだ。
主張度4,新聞委員,詩人というのが上等だ!
実は只の乱調というのが当たりかも…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

第18会上方歌舞伎会20日(水)夜の部

今年は、本朝廿四孝、十種香の段、奥庭狐火の段、仮名手本忠臣蔵七段目祇園一力茶屋の場だ。年々、ハードルが高くなっている。
八重垣姫は扇之丞さん。奥庭は人形振りのため、主遣いを上村純弥さんが務められた。華やかなお衣裳にすっきり化粧で綺麗に出られた。
超大役は、由良之助に佑次郎さん、平右衛門に千志郎さん、お軽に當志弥さんの3人。失礼ながら七段目で、観客をドラマとして泣かせておられるとは…。中でも場をさらい、引っ張ったのは千志郎さんだ。長いおみ足とでかい手、押し出しのきくお顔で奴の拵えがお似合い。

続きを読む "第18会上方歌舞伎会20日(水)夜の部"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

ダークナイト

The Dark Knight
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル,ヒース・レジャー,アーロン・エッカート,マギー・ギレンホール,ゲイリー・オールドマン,マイケル・ケイン,モーガン・フリーマン
ゴッサム・シティーを自警するバットマンは,市警に協力し,香港マフィアのマネーロンダリング捜査に協力していた。そこへ,正義漢の地方検事デントが当選し,協力して徹底的な犯罪撲滅を誓う。しかし,彼らをあざ笑うように,正義を邪悪に変え,この世を犯罪に染めることを目的として愉快犯ジョーカーが仕掛けてくる。正体を明かさなければ市民を殺すとバットマンを脅迫し,市民とバットマンを離反させる。それは彼が用意した罠のはじまりに過ぎなかった。

ご存じバットマンとジョーカーの対決といった安定娯楽路線ではない。
美貌の検事補をめぐる大人のハイレベルなラブトライアングルの行方は…。市警と地裁挙げての味方も欺くジョーカーとの戦いは,二転三転し全く先が読めない。この映画の凄さは,観客へも、群衆心理と市民的正義のトレードオフを突き付ける野心作となっていることだ。絶賛も納得の息詰まる150分。一瞬たりとも目を離すな!
邦題は,ザ・ダークナイトにして欲しかったかな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年8月17日 (日)

☆新感線五右衛門ロックのご縁で17日(日)は拡大オフ会

☆新感線・五右衛門ロック17日
古田新さん主演、個性派スターさん客演で超人気の五右衛門ロック月明らかに星稀にのかずりんさまのコーディネイトで、地元並びにお盆休みで遠征中の同好の志の方々とご交流させて頂きました。総勢何と11人が集結!
劇団☆新感線は,老若男女全てカバーする娯楽の王道をゆく集団。男と女の娯楽の間には,男湯と女湯の仕切りより高く,万里の長城より長い壁があります。しかし,彼らは,同床異夢の男女,命を狙いあう親子でも同じ夢を見ることが出来る可能性を求め,前人未踏の荒野を(長いこと)爆走中です。☆新感線は巨大ホッチキス。
こうして多くの皆様にお目にかかれるのも☆新感線の通力だ。感謝m(__)m
Kazuki Nakajima said.
あー面白かった以外の讃辞は必要ない!
さて,リンクからご訪問というみなさまが多いなか,うまくゆかないこともあるという話題がありましたのでリストにしてみました。拙宅を中継地点にご活用大歓迎です。
名古屋の負け犬OL徒然草のみんみんさま
クローゼットより愛を込めての麗さま
地獄極楽Diaryのスキップさま
星月夜に逢えたらのムンパリさま
ぶつぶつ地蔵のひーさま
Reのしろうさま
まどろみの日々のきばりんさま

| | コメント (16) | トラックバック (0)

福井さんジェット団におかえりなさい

もう仲間じゃないのか~~downとしょげた日から一週間
仲間は死ぬまで!死ぬまで仲間!
総入れ替えのウエストサイド物語キャストに福井トニーだけが戻って来てくださった!
既に財布は燃え尽きているが(^^ゞ心は燃え続けているゾup

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

図書館で借りた本0816

図書館で借りた本を記帳する
読んだ本を何度も(^^ゞ借りることを避けるため(._.) φ メモメモ
期限内に読める冊数に限るよう心掛ける。
返却日は9月6日
□五右衛門ロック/中島かずき
□人形の家/イプセン
□かもめ/チェーホフ
□ロマンス/井上ひさし
□井上ひさし全芝居その1
□ジロドゥ戯曲全集3
□三島由紀夫戯曲集上
□仮名手本忠臣蔵を読む/服部幸雄
□歌舞伎の愉しみ/坂東三津五郎
□平成19年度代表作時代小説/日本文藝家協会編

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

都の東北~♪我らが天台~天台~比叡山延暦寺ライトアップ

都の東北?♪我らが天台延暦寺
刷り込みとは恐ろしいもの。思わず口ずさむ天台ソング。何でお山(世界遺産比叡山延暦寺)に登る気になったのか、理由はあれしか考えられない。あの栄西、道元、親鸞、日蓮もここで学んだ。
林間の堂宇が美しい。国宝根本中堂はじめ,大講堂,鐘楼等がライトアップされ、声明が木々にこだまし、荘厳な空間に演出されている。ここで祈るのは,都の安寧と世界平和だ。
さすが霊峰,地上とは少なくとも4度は違う。涼し~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

車折神社の万灯祭

車折神社の万灯祭
今日は、嵐電沿線の車折神社の万灯祭に立ち寄る。車折神社は、仏さんの菩提を祈るというより、商売繁盛、芸能上達、債権回収、ヒット祈願と映画の都に相応しく芸事をカバーの神さんのようだ。華やかな境内は、昼間は美しいことだろう。沙羅やさるすべりが咲いていそうな気がするのは地霊の力かも…。
突発で地下鉄東西線が結ぶ京滋路面電車のプチトリップに出かけたが、沿線は見所一杯と再認識した!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

壬生寺は万灯供養会

壬生寺は万灯供養会
壬生寺の万灯供養会の歴史は古く、1153年の記録にあるとか。9日と16日に無形文化財・六斎念仏が行われる。本堂前に奉納された灯籠が幻想的だ。
周辺は、町家や寺院、屯所、宿営所ほか新撰組ゆかりの史蹟も多く、幕末の情緒を醸し出している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

小野篁ゆかりの千本ゑんま堂

小野篁ゆかりの千本ゑんま堂
今週からお盆なので、京は、地蔵盆の日まで仏事関連行事が続く。蓮台野の引接寺は、六道珍皇寺とともに小野篁によって建てられた寺として、千本ゑんま堂の名で親しまれている。精霊迎えの行事で賑わっているとはいえ、巨大なゑんま大王像も恐ろしく、冥界の入口らしい厳しさに満ちている。千本釈迦堂、北野天満宮等が近くにあり、北の冥界スポットとして人気を博している。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ウェストサイド物語・キャスト総入れ替え

8月31日に向けて、カウントダウンが始まっている京都劇場で、ドラマ性重視したキャストの総入れ替えに近い変更が行われた。ほぼ、昨年9月のスタメンに近い座組だ。
長く厳しい京都の夏、ロングリリーフを努められた皆さんに心から拍手を送りたい。とりわけ、アニタ役の團こと葉さんの均整のとれた長い手足と安定感と迫力のあるダンス、気っ風の良い演技を忘れない。
押さえの切り札・阿久津さんにトニーのマウンドを明け渡すが、マイ勝利投手の福井さんにも拍手。
それにつけても、初めて口座の残高不足通知が来て納得。財布も燃え尽きた(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

宝塚雪組公演10日(日)マチネ

主演の水夏希さんにお似合いの作品と期待して,大劇場に出かけた。
ソロモンの指輪&マリポーサの花
30分のショーと2時間のお芝居という珍しい組み合わせで,夏向きのすっきりした展開だ。
ソロモンの指輪は,舞台上に多くの生徒さんがぎゅーぎゅー詰まった叙情的な場面が切れ目無く続く。主題が少し分かりにくいがお得感はある。
マリポーサの花は,正塚センセらしい,闘士としての過去を持つ屈折した男が主役のお芝居だ。ワタクシはスーツものの演目が好みだが,継続的にファンを維持できるかな。
主演の水さんと助演の彩吹さんのお2人は,スーツもさることながら,戦闘服が最も似合う。ホッ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

六道参りで賑わう珍皇寺

六道参りで賑わう珍皇寺
六道参りの珍皇寺,千灯供養の六波羅蜜寺,五条坂の陶器市と,六原界わいは,お盆らしい風物詩で大賑わいとなっている。閻魔大王にも仕えた平安初期の宮廷人・小野篁は、ここの井戸から冥界に出入りしたという伝説がある。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

幻影師アイゼンハイム

19世紀末のウィーン。人間の霊魂まで支配すると人気絶頂のカリスママジシャン・アイゼンハイムは、公爵令嬢ソフィアとの若き日の恋を秘め続けてきた。皇太子の思い人と幻影師として舞台上で再会した二人は、運命の恋に身を投じるが…。
イリュージョンのような映像に幻惑され、豊潤なミステリーに酔ううちに、それが壮大なラブストーリーであることを知る。先の読めない展開、不可解な登場人物達の言動。全てを見届けることになる熱血漢の警部と共に、さあ劇場へ。
凝りに凝ったディティール、周到なプロット見終った後は、手放しで快哉を叫ぼう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

海老蔵丈も変化(へんげ)と聖(ひじり)リバーシブル・世界遺産熊野古道から来た男

歌舞伎座にて七月大歌舞伎を観劇し,下書きのままだった昼の部。
玉三郎丈は,夜の部の泉鏡花センセの2作品を,一連の物語として構成すると仰ったが,どうしてどうして,そんな見え見えの趣向だけで納まるお方ではあられまい。そこで,本エントリでは,義経千本桜・狐忠信編と泉鏡花二部作,昼夜の枠組について読み解いてみる。論点の甘さは,ミーハーモードでカバー。これはおとみの見立てという論考の娯楽,例によって,賛否両論受けて立ちますぅっ!

昼の部は,三大義太夫狂言のひとつである『義経千本桜 市川海老蔵宙乗り狐六法相勤め申し候』狐忠信&リアル忠信&源九郎狐は,通しで海老蔵丈,静御前は「鳥居前」が春猿丈,「吉野山」と「川面方眼館」が玉三郎丈だ。
鳥居前の配役とシチュエーションが夜叉ヶ池と綺麗に符合し,吉野山と高野聖の水浴の場が相似形となっている。中央のセクシーな樹木にも注目。昼の部の主演狐忠信は異形のもの,夜の部の宗朝は高野の聖人。海老蔵丈も聖魔を違和感なく内包する得難い俳優さんであることを示された。
さらに,吉野山も高野山も紀伊山地の霊場の終点だ。変化も聖も共存するトポスからやってきた男はどちらであっても良いような…。
雨乞いの生贄となった源九郎の両親は狐。狐は陰の動物なので水を呼ぶという民間信仰は文化の域だ。その他細かい符合は数知れず。玉様の拘りは,考えれば考えるほど迷宮のように興は尽きない。
ただ,「川面方眼館」の静は,この組み立てで読み解くと,笑三郎丈でなければならなくなり,アップを躊躇っていた。諸兄姉のコメントを頂ければ先へ進めるかもしれない。

鍵は飛鳥の黒髪。地上に匿って貰えるところのない義経が休める吉野山の川面方眼館は,真贋逆転した実は異界である。飛鳥が黒髪の理由は,7百年後の万年姥が若妻だった頃のお姿だからだ。漠然と数百年前はさぞお美しかったに違いないと申し上げたが,玉様はちゃんと見せておられる。おかげで吉弥贔屓はいい思いをさせて頂きましたぁ!

続きを読む "海老蔵丈も変化(へんげ)と聖(ひじり)リバーシブル・世界遺産熊野古道から来た男"

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2008年8月 3日 (日)

道元の冒険・大阪初日

道元の冒険
3日(日)は大阪公演初日。井上ひさし氏のお若い頃の戯曲を,蜷川幸雄氏が演出するメッセージ性が有りか無しか,よう分からないお芝居。
役者さんは美男美女揃い。10人が50の役を演じ分け,技術者として極限まで戦っておられる。実は、素に戻って楽しんでおられたりして…。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

国立文楽劇場トライアスロン+α

今日は文楽トライアスロン+α
2日(土)は、夏休み特別公演の1,2,3部一気見。開演前には大川と高麗橋の現地踏査、終演後はビアオフ会と、長い長い1日だった。今公演最終の週末なので、おりんさま,D.D.さま,花かばさま他東西のブロガーさん&店子さま大集合で幕間も話題沸騰。
えーっと,肝心の舞台はびしっーと締まって、緊迫感ある笑いと安定感ある修羅場で更に更に充実だ。
さて,第1部終了後は、三蔵一行のカテコと客席降りにロビーパフォーマンス撮影会のサービスも…。なんだか,某劇団のミュージカルのようだが,あれは文楽を模したものだからこちらが本家本元だ。お子様だけもらえるお土産の折り紙欲しかったー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

カンフー・パンダ(吹替版)

監督:マーク・オズボーン,ジョン・スティーブンソン
日本語吹替版:山口達也,笹野高史,MEGUMI,中尾彬,木村佳乃
あらすじ
山深い平和の谷には龍の巻物の奥義を得たものは最強の戦士になるという伝説があった。ラーメン店の息子パンダのポーは偶然”龍の戦士”に選ばれたものの,修行ははかどらない。5人の戦士タイガー,ヘビ,ツル,モンキー,カマキリたちからも無視される。
しかし,囚人となっていた邪悪な戦士タイ・ランが脱獄し,かつての師シーフーと谷に魔手が迫っていた。果たしてポーは戦士としての力を発揮し,平和の谷を守ることができるのか!?
楽しいミラクルストーリー。キャラクターもうそだーいというほど愉快で戦士らしくないところがよい。和む。気持ちがささくれだったときにはぴったり。師匠は何という動物なのだろう。大師は亀さんだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »