« 玉様はお化けがお好き・夜叉ヶ池と高野聖の水系 | トップページ | 今日は大阪松竹座春調娘七種幕見から »

2008年7月23日 (水)

崖の上のポニョ

ポ〜ニョポニョポニョふくらんだ~まんまるおなかのおんなのこ
いかん,歌が頭の中から離れないぞ♪

あらすじ
小さな漁村で暮らす保育園児の宗介は5歳。父親は船長,母親は老人デイサービスの職員だ。ある日,宗介は,ビンに頭を突っ込み困っている金魚を助けた。ポニョと名づけて育てようとするが,何者かに海に連れ戻される。しかし,ポニョは,人間の女の子になって,波に乗り,崖の上に戻ってきた。

宮崎駿監督・ハウルの動く城以来の新作。現代版人魚姫の可愛らしいお話。CGを使わず手書きというこだわりが素敵。荒れ狂う海の表現が魚になっていたり,水の透明感を敢えて無視した色使いも新鮮だ。ポニョのたくさんの妹たちの泳ぎも楽しい。
実は設定やストーリーがよっく分からなかった。ポニョの父は元人間のフジモト,母は巨大な観音さま。津波はなぜ起こってどのような危難が迫り,なぜ宗介とポニョおかげで危機が回避されたのか…。ま,メルヘンなので何にも分からなくとも充分楽しめたからいいのだ!純粋な心だけが世界を変えることができるというよいお話だった。

|

« 玉様はお化けがお好き・夜叉ヶ池と高野聖の水系 | トップページ | 今日は大阪松竹座春調娘七種幕見から »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>おりんさま
メロディラインの親しみやすさと日本語のノリの勝利でしょうか。
しかし,職場で迷惑をかけないようにしなければいけません。

投稿: とみ | 2008年7月24日 (木) 07時49分

ポ~ニョ、ポニョポニョ~♪
頭をぐるぐるめぐります。しかも職場の上司の声。
課長、いくら頭を巡るからって、無意識で声出して歌うのやめてください~。

投稿: おりん | 2008年7月24日 (木) 04時43分

>花かばさま
主人公が幼いだけで、一途なラブストーリーです。人魚姫の酷い試練を知る者には若干甘めに感じますが、かたいことは考えんと…。

投稿: とみ | 2008年7月23日 (水) 22時23分

予告編が気になってて、音楽は頭の中を廻るし、そうですか、ぼんやりと解った様な気がします。
見に行きたいけど、おっさん一人では抵抗あります。

投稿: 花かば | 2008年7月23日 (水) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/41950052

この記事へのトラックバック一覧です: 崖の上のポニョ:

« 玉様はお化けがお好き・夜叉ヶ池と高野聖の水系 | トップページ | 今日は大阪松竹座春調娘七種幕見から »