« 「岩佐又兵衛」文芸春秋カラー新書 | トップページ | ウエストサイド物語5日ソワレ »

2008年7月 8日 (火)

レンブラントの夜警

518gwmgvsol_sl500_aa240__3いつものミニシアターですべりこみ鑑賞。
監督:ピーター・グリーナウェイ
出演:マーティン・フリーマン,エヴァ・バーシッスル,ジョディ・メイ
あらすじ
1642年の経済が沸騰するオランダ。36歳で既に一流の画家としての成功を収めていたレンブラントは,アムステルダムの紳士集団・市警団から集団肖像画を依頼された。仕事の最中に団長は銃撃により絶命する。驕るレンブラントは,モデルとなった人々の隠された素顔を暴き,陰謀を告発する暗喩を絵に書き込む。絵の完成を見届けるかのように,最愛の妻サスキアが病死し,クライアントの面々の陰惨な復習が始まった。

英国出身の巨匠ピーター・グリーナウェイ監督が,不朽の名画「夜警」に秘められた謎に迫る。光と闇のマジシャン・レンブラントの光の使い方を駆使した絵画的で演劇的な画面は美しいが,人間のあらゆる欲望を容赦なく光の下に暴き出す。絵画の謎解きが思いのほか,暗喩ではなくあからさまだ。当然,ぼこぼこに痛めつけられるが,滑稽味を醸し出すマーティン・フリーマンの芸風に似つか わしい。

|

« 「岩佐又兵衛」文芸春秋カラー新書 | トップページ | ウエストサイド物語5日ソワレ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レンブラントの夜警:

« 「岩佐又兵衛」文芸春秋カラー新書 | トップページ | ウエストサイド物語5日ソワレ »