« 今日は大阪松竹座春調娘七種幕見から | トップページ | 「かもめ」を見た »

2008年7月26日 (土)

26日(土)文楽夏休み特別公演第2部

文楽夏休み特別公演第2部
文楽夏公演は、大夫三味線の麻裃、人形遣いさんの麻の装束が涼しげで、演目も夏を意識し、耳に心地よい旋律のラインアップだ。昼の部は,チケットが好調のようで,超下手花道横のお席とあいなりました。
ほんまもんは初めての鑓権!
油壺から出すようなしんしんとろりと見とれる男。近松の筆力と簔助さんが遣われる源太の首にうっとり納得。源太は不義の閨の先陣争い圧勝。
文雀さんのおさゐは、観客のおぢさんが「何ちゅう女や」とお怒りになる程いけない女だった。政岡,定高,重の井,玉藻の前の母とか,舞台を支配する凛とした首が,美男に狂った性悪女になっておられて,何だか凄い。
妙なところで感心してはいけないが,茨の垣根を酒樽をトンネルにして1体+3人でくぐるのは笑えました。

|

« 今日は大阪松竹座春調娘七種幕見から | トップページ | 「かもめ」を見た »

文楽」カテゴリの記事

コメント

>花かばさま
心は大阪に飛んでおられますね。
夏は断然カルメン,マノンレスコー系です。歌舞伎なら伊勢音頭,盟三五大切,五大力恋封,名月八幡祭,籠釣瓶…。
女性にふられてブチ切れ,無差別殺人は論外。お芝居の中に封じ込めましょう。妻敵討ちも同じですね。

投稿: とみ | 2008年7月31日 (木) 00時14分

>おりんさま
日経新聞夕刊に公演評掲載されてました。
三部の住大夫さん,二部の嶋大夫さんが情があってよろしと言うたはりました。
1日は解説付きなので気になります。どんなだったか教えて下さいませ~。

投稿: とみ | 2008年7月31日 (木) 00時08分

私は2日は1部2部です。
カウントダウン始まりました、金曜日は会議で、午前中新製品の勉強会の講師をして、羽田に直行です。
もう既に仕事のモードではありません。(笑)

投稿: 花かば | 2008年7月30日 (水) 22時46分

お~!
私も2日は通しです。
お会いできるの楽しみでえす。
うふふのふ。

投稿: おりん | 2008年7月30日 (水) 21時36分

>おりんさま
立女形の首のおさゐは美しいです。床も華やかでした。
2日(土)通しです。ホンマかいな。適宜休憩をとりながら三部踏破します。やはり,二部は人気で,あまり良いお席を確保できませなんだ。
一部ではお目にかかれますでしょうか。花かばさまにもお会いできそうで楽しみです。
一応着物を予定していますが,浴衣になるかも…。

投稿: とみ | 2008年7月29日 (火) 19時20分

おさゐだめだめっぽいですねぇ。
おいおいって突っ込む準備万端です♪
私も花かばさんと同じ日に行くのですが、もうずっとあといくつ寝ると大阪って数えてばかりいます。

投稿: おりん | 2008年7月29日 (火) 18時05分

>花かばさま
1日(金)夜は相子大夫さんの解説付きとか。第1部は至高の芸術表現による楽しい娯楽,第3部は人形ならではの凄惨な視覚表現と見せ方も異なるラインアップですね。
文楽は人形付きの語る文学ですので,主人公がええもんでなくても良いというのが分かっていてもときどき?となります。桂川の長右衛門,鑓権のおさゐはあきませんよ。

投稿: とみ | 2008年7月27日 (日) 20時06分

夏休み特別講演。あと一週間足らず。

わくわくします。

投稿: 花かば | 2008年7月27日 (日) 18時47分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 26日(土)文楽夏休み特別公演第2部:

« 今日は大阪松竹座春調娘七種幕見から | トップページ | 「かもめ」を見た »