« レンブラントの夜警 | トップページ | おとみさんもほしいかな(BlogPet) »

2008年7月 9日 (水)

ウエストサイド物語5日ソワレ

きょう~いちにち~めぐり合えた奇跡はきみ~ トゥナイト~

観客のワタクシも歌以外に目を向ける余裕が少しは出来てきた。

つかみの曲・サムシングカミング「何かに会える~今宵に~」で,重く垂れ込めた雲も晴らすお声でイッキにトニーの世界へ誘ってくれる。齢重ねた女には,若い頃にちゃんとした目を持っていたら見逃さなかったはずの愛しい青年が目の前に…,若さに驕りセレブ系以外目に入らない娘にはワーキングプアの中にも素敵な人がいるかも…と思わせてくれる。
ポーランド移民の子のトニーは,ウエストサイドの零細ドラッグストアの配達係。アメリカ社会では低層階級だが,アメリカ国籍を所持しているから,定職には就けた。閉塞感と焦燥感を懸命に振り切り,人生に意義と希望を見出そうと歩き始めたどこにでもいる青年だ。恋に落ちてからも,理想のラバーにたちまち変貌するわけではなく,「君のいうとおりにするよ。」と努めるどこまでも真摯な奴だ。
トニー役者にしてはセレブ系過ぎるがお役に生きてしまう阿久津さん,さわやか笑顔で存在そのものがトニーの鈴木さんに比べ,福井さんは,恋に不器用な役づくりが,本当に演技が不器用に見えてしまい,贔屓目に見ても苦戦は否めない。

しかし,福井ファンは熱い!土曜の夜はリピーターが多いようだ。二階席は特に!応援団モードのカテコが続き,ラダメスとアイーダのようにはけてゆかれた。

|

« レンブラントの夜警 | トップページ | おとみさんもほしいかな(BlogPet) »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウエストサイド物語5日ソワレ:

« レンブラントの夜警 | トップページ | おとみさんもほしいかな(BlogPet) »