« ブログ開設3周年!!! | トップページ | 凸ねこさまに夏の能楽堂のフラッシュ背景を作っていただきました »

2008年5月 9日 (金)

義仲寺(超ご近所)を訪ねました。若冲の天井画が複製

Nec_0011源義仲を祀り,芭蕉翁を検証する義仲寺は,JR琵琶湖線膳所駅・京阪電鉄けいはん膳所駅から琵琶湖岸へ徒歩3~4分のところにある。今さらであるが,俊寛探訪の勢いで立ち寄った。この調子では,冬には大原に行くかも…。

平家討伐の兵を挙げて都に入り,源頼朝軍に追捕され,粟津(あわづ)の地で壮烈な最期を遂げた木曽義仲(きそよしなか)(1154-84)を,彼をしのぶ巴らしい女人が庵を結び,ここに葬ったという由来がある。
江戸時代中期までは木曽義仲を葬ったという小さな塚だったが,周辺の美しい景観をこよなく愛した松尾芭蕉(1644-94)が度々訪れ,のちに芭蕉が大阪で亡くなったとき,生前の遺言によってここに墓が立てられたと言われている。
境内には,芭蕉の辞世の句である「旅に病て夢は枯野をかけめぐる」など数多くの句碑がところ狭しと立つ。本堂の朝日堂(ちょうじつどう)・翁堂(おきなどう)・無名庵(むみょうあん)・文庫などがあり,境内全域が国の史跡に指定されている。朝日堂の天井画は,伊藤若冲の作で,保全のため外されていたが,9日から公開を開始した。

若冲の天井画・デジタル技術で複製
大津の義仲寺,9日から公開

 義仲寺(大津市馬場1丁目)は、江戸時代中期の画家・伊藤若冲(1716-1800)が描いた翁(おきな)堂の天井画「四季花卉(かき)図」を、デジタル技術で精巧な複製画を作成した。9日から公開。
 図は、15面の杉の板(42センチ四方)にシャクヤクやボタンなど四季の花を描いている。長年、外気に触れたため、絵の具がはがれたり、雨漏りなど傷みが目立っていた。
 大阪市の印刷会社が高性能スキャナで図を読み込み、専用プリンターで、耐水性に優れ、乾燥にも強い特殊な合板に印刷した。約90年間は色落ちしないという。
 狩野博幸同志社大教授(日本近世美術史)は,「若冲の天井画は、義仲寺と信行寺(京都市左京区)にしかない。本物と区別できないほど精巧にできている」と話す。同寺の山田司執事は「貴重な文化財を後世に残しつつ、原画の雰囲気を損ねず、楽しんでもらえる」としている。(京都新聞5月9日)

|

« ブログ開設3周年!!! | トップページ | 凸ねこさまに夏の能楽堂のフラッシュ背景を作っていただきました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

>D.D.さま
滋賀県のお寺は,このように町中のおうち風が多いです。石山寺は境内地も広く,特に今年は,源氏物語千年紀で沸いています。いずれにしても,謡曲の舞台の宝庫です。
ミスドは健在ですよ。

投稿: とみ | 2008年5月12日 (月) 00時18分

とみさまはこのご近所にお住まいですか!忘れっぽいので忘却の彼方ですが^^;最寄駅は膳所でしたか、駅の近くのミスドに入って朝ごはんを食べた覚えがあります。毎回、坂本方面に行ってしまうので、今度行くときは石山寺へ行きたいと思っています。

投稿: D.D | 2008年5月11日 (日) 23時52分

>みかんさま
高齢者になってから知識を仕入れたり,良い物を見ても活かすことができませんので,焦っています。
まずは,物語やお芝居の舞台を中心に想像力を羽ばたかせ回っております。若冲,暁斎大人気ですね。江戸から明治のあぶな絵大好きです。当然,カラバッジョすきです。

投稿: とみ | 2008年5月10日 (土) 23時41分

先日のG.Wに石山寺~彦根~長浜と訪れたばかり。そんなお近くに若冲さんの絵があったとは・・・足を延ばしてみたかったです。
長浜では大通寺へ立ち寄ったのですが、円山応挙さんの襖絵があると書いてあって見たい~と思えど時間が足らずに見れませんでした。ご覧になられたことはありますか?
琵琶湖畔は素敵なところですね。美術も宝庫そうですね。

投稿: みかん | 2008年5月10日 (土) 20時28分

>hitomiさま
三重県で若冲。見たいです。今京都は,暁斎に沸いています。デッサン,構図,テーマ全て破格であられます。

投稿: とみ | 2008年5月 9日 (金) 23時48分

義仲寺ですか。いいですね。

三重県美術館で公開中の若冲も早く観たいと思っています。

投稿: hitomi | 2008年5月 9日 (金) 22時32分

>nanasinonaさま
今井兼平の記念碑は瀬田になります。死ぬときは共にと誓い合った二人でしたが,墓所は別です。勳に逸り,栄光を夢見た若者たちの夢の跡を慕う文人たちに思いを馳せるにつけ,いかに源平の戦いが身近なものであったか,気付かされます。
バス停は義仲寺前ですが,ショッピングセンターの方が地元に知られています。

投稿: とみ | 2008年5月 9日 (金) 19時22分

大好きです、義仲寺。ありがとうございます!
義仲が芭蕉や当時の人たちに慕われていたことが良くわかる気がします。『ひらかな盛衰記』『源平布引瀧』など義仲ゆかりの浄瑠璃にもそうした思いが表れている気がします。
おとみ様のテーマから離れてしまいますが、芭蕉の滞在した幻住庵や、義仲の四天王の一人でその最期まで一緒だった今井兼平の墓をここから訪れたことを思い出します。
遅ればせ祝3周年!!これからもどうぞよろしゅうおたの申します。

投稿: nanasinona | 2008年5月 9日 (金) 14時07分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 義仲寺(超ご近所)を訪ねました。若冲の天井画が複製:

« ブログ開設3周年!!! | トップページ | 凸ねこさまに夏の能楽堂のフラッシュ背景を作っていただきました »