« 雪佳の仔犬が可愛らしい芸艸堂前 | トップページ | 宮脇賣扇庵に立ち寄りたくなる暑さ »

2008年5月14日 (水)

隠し砦の三悪人

Kakushitoride320_2隠し砦の三悪人  The Last Princess
監督:樋口真嗣,脚色:中島かずき,音楽:佐藤直紀
キャスト
武蔵/松本潤,雪姫/長澤まさみ,
真壁六郎太/阿部寛,鷹山刑部,椎名桔平,新八/宮川大輔
國村隼,甲本雅裕,高嶋政宏,KREVA,黒瀬真奈美,生瀬勝久,古田新太,上川隆也

ストーリー
時は戦国。互いに国境を接する早川,秋月,山名の三国があった。覇権拡大を目論む山名が,秋月に侵攻し,城は陥落した。秋月は,嫡子雪姫と黄金百貫を城から落とす。
山師の武蔵と樵の新八は,秋月の隠し砦で,残党・真壁六郎太に捕まり,少年に扮した雪姫と黄金百貫を具し,再起を期して同盟国早川の城を目指す。
しかし,山名の侍大将・鷹山刑部と圧倒的な数の軍団が迫っていた。武蔵は,山の民に協力を求め,奇策で突破しようと試みる。

ご存知,J.ルーカス氏がインスパイアされてスターウオーズを制作したという黒沢明版のリメーク。
華やかなアクション。リアリティのあるロケーション,大仕掛けのセット。スリルに次ぐスリル。決死の脱出劇は息をも付かせない。
何より三悪人のキャラクターデザインが,主人公の侍と二人の農民という対立軸から,山の民とそのツレと侍という,浮遊的で帰属意識の少ない若者と体制に縛られる大人としたところが,共感を得やすくて良い。主人公のマツジュンがポイント高し。
カメラワークなど難しいことは全く分からないが,荒野をゆく一行,祭,村のシークエンス,流鏑馬風アクションなど,ジャポネスクな構図ということが印象的。

|

« 雪佳の仔犬が可愛らしい芸艸堂前 | トップページ | 宮脇賣扇庵に立ち寄りたくなる暑さ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隠し砦の三悪人:

« 雪佳の仔犬が可愛らしい芸艸堂前 | トップページ | 宮脇賣扇庵に立ち寄りたくなる暑さ »