« 塩野七生氏はこの夏,次の長編を執筆中とか | トップページ | 高瀬川の一之舟入跡 »

2008年5月27日 (火)

三響會

南座に三響會夜の部を聴きに行った。客席には,舞妓さん,芸妓さん,おかあさん方多数で思いっきり華やかな風情。
三響會は初めてで,お囃子のシステムも全く分かっていないが,熱演の出ずっぱりが何故可能なのか不思議?一日一曲以上演奏したら死んでしまいそうな演目ばかり朝から五~六曲。昼の部も鑑賞したかった~。
<夜の部>
一、狂言 五人三番三
  三番三  茂山 正 邦
        茂山 宗 彦
        茂山 茂
        茂山 逸 平
        茂山 童 司
  舞台番  茂山 千之丞
  鈴渡し  片岡 孝太郎
  笛     一噌 幸 弘
  小鼓  田中 傳左衛門
       田中 傳次郎
  大鼓  亀井 広 忠

二、能楽と歌舞伎による 船弁慶
  静  観世 喜 正
  知盛  市川 染五郎
  笛  一噌 幸弘
  小鼓  田中 傳左衛門
  大鼓  亀井 広 忠
  太鼓  田中 傳次郎
  地謡  片山 清 司
  長唄  杵屋 利 光
  三味線  今藤 長龍郎

三、歌舞伎 安達原
  老婆実は安達原の鬼女  市川 亀治郎
  祐慶  中村 梅 枝
  強力  市川 染五郎
  笛  福原 寛
  小鼓  田中 傳左衛門
  大鼓  田中 傳八郎
  太鼓  田中 傳次郎
  長唄  杵屋 利 光
  三味線  今藤 長龍郎

|

« 塩野七生氏はこの夏,次の長編を執筆中とか | トップページ | 高瀬川の一之舟入跡 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

>スキップさま
休暇を取得し,昼夜というのが先見の明のあられるところですね。客席も華やかなところが南座の良さです。
三番叟では,音とステップに体細胞を活性化させていただきました。

投稿: とみ | 2008年6月 1日 (日) 22時04分

とみさま
私も三響會は初めてでした。
ほんとうに贅沢で楽しめるコラボレーションでしたね。
南座を揺るがすような鼓と笛の響きに圧倒されました。
「五人三番三」も楽しかったですよね~。

投稿: スキップ | 2008年6月 1日 (日) 19時15分

>るみさま
ライブにもよく行かれるるみさまなら,もっと高度に感動なさることマチガイございません。アップテンポの大音量というのが心地よいですが,和楽器はエレクトリック楽器と異なり,大きな音は出にくいですから,大変なエネルギー。
長唄も強く緻密であまやかでした。

投稿: とみ | 2008年5月30日 (金) 08時11分

とみ様、こんばんは。
一度は行ってみたい三響会。
三兄弟揃っての演奏、滅多に見られませんものね。
でもいつもこの時期は猛烈に忙しくて、無理なんです…
死んでしまいそうな演奏、見てみたかったです~。
来年は、ちょっと月をずらしてくれないかしら

投稿: るみ | 2008年5月29日 (木) 22時08分

>火夜さま
祈りというか、祝祭というか、芸能の原点でプリミティブです。
例によって、音圧にぺしゃんこになりましたが、心地よい疲労感で、安眠できました。

投稿: とみ | 2008年5月29日 (木) 12時17分

今回は平日なので行けずに残念でしたが、おとみさんが行かれて、よかったです!あの音、熱演には、はまりますよね!

投稿: 火夜(熊つかい座) | 2008年5月29日 (木) 08時12分

>つどいさま
平日夜は、なかなか気持ちのリセットが難しいですが、このようにロックコンサート的な物量感のある演奏会は心にも体にもありがたいです。
荒らぶる神性とコスモロジー感じました。

投稿: とみ | 2008年5月28日 (水) 12時29分

三響会のレポート有り難うございます.
私は本日の鑑賞です.

昨年は,ゾロアスター的世界を感じました.
今年は,何かなあ?

たのしみ.楽しみ…です.

投稿: つどい | 2008年5月28日 (水) 07時40分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三響會:

» 伝統芸能コラボレーション [地獄ごくらくdiary]
お父上は能楽葛野流太鼓方の人間国宝 亀井忠雄、お母上は歌舞伎囃子方の田中佐太郎。能と歌舞伎、双方の優れた血統を継いだ亀井広忠(能楽太鼓方)・田中傳左衛門・田中傳左衛門(歌舞伎囃子方)−ハイブリッド・ぴかぴかのカリスマ三兄弟です。 三響會は、この三兄弟が1997..... [続きを読む]

受信: 2008年6月 1日 (日) 19時17分

« 塩野七生氏はこの夏,次の長編を執筆中とか | トップページ | 高瀬川の一之舟入跡 »