« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

宝塚歌劇のシフトが,来年から年8公演から10公演に

29日に公式に発表になっていたようだ。ここのところ,観客に喧嘩売っているとしか思えない発表や,植田センセの人形浄瑠璃の噂を風の便りに聴き,凹んでいたが,値上げ以外はうれしい知らせだ。
宝塚歌劇95周年の2009年より,宝塚大劇場・東京宝塚劇場公演を,年間10興行に変更し、席種区分・座席料金の一部を見直す。
第一作は,花組で韓国歴史ドラマ『太王四神記』だそうだ。


お気に入りの組を年1公演だけしか,拝見できない年もあったので,これにより,確実に年2回見られる。作家のセンセ方,忙しくなるのは確実なので,頑張ってくださいませ。
マイささやかな希望 花組 和風霊異記系
             月組 ラブコメ
             雪組 ハードボイルド又は本格ミステリー
             星組 主演の希望にお任せ 
             宙組 伝統的コスチュームもの

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

七月大歌舞伎 in 歌舞伎座の情報を教えていただきました

坂東玉三郎丈の情報といえば,美代吉さま,六条亭さまにお任せで,整理していただいたものをありがたく拝読している。七月大歌舞伎の製作発表の記事が,各紙に掲載されているが,ポスターのお写真はスポニチさんが鮮明なようだ。
何ともファンタスティックというよりアーティスティックでどっきりでございます。

続きを読む "七月大歌舞伎 in 歌舞伎座の情報を教えていただきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』

監督:和泉聖治
出演:水谷豊,寺脇康文,鈴木砂羽,高樹沙耶,岸部一徳
マスコミ関係の有名人をターゲットにした愉快犯らしき連続殺人事件が発生。その現場には、不可解な記号が残されていた。さらに犯人は,右京に,ターゲットは、東京都心部で行われるマラソン大会会場だと対局を仕掛けてきた。そこには、3万人のランナーと15万人の大観衆が…。
犯人の真意は?右京は、この最大の敵の目論見を阻止できるのか!?

映画として満足度が高いという評判を聞きつけ,帰宅前のリセットに立ち寄った。ミステリー,サスペンス,ヒューマンドラマとして見応えある。プロットとストーリーも凝っているうえ,豪華キャストのちょい役も楽しめ,お徳感一杯。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2008年5月29日 (木)

みよし会

第4回みよし会
一、「伊達競阿国戯場(だてくらべおくにかぶき)」一幕二場
         身売りの累(みうりのかさね)

手習いの師匠治助   片岡千次郎
寺子定吉       和田祥太朗☆

与右衛門女房 累   上村 吉弥☆
娘お孫        上村 純弥☆
百姓与の吉     片岡當吉郎
曲り金の金五郎    片岡松次郎
花扇屋亭主才兵衛   片岡佑次郎
村の歩き       片岡比奈三    
判人源六       片岡當十郎 (賛助出演)
与右衛門実は絹川谷蔵 坂東 薪車 (賛助出演)

細川家の息女歌形姫  片岡りき弥
若徒丹助       片岡當吉郎
島田重三郎      片岡千次郎
御守殿柳葉      上村 吉弥☆

序幕の前に,幕前芝居がある。手習いの師匠治助の千次郎さんと寺子定吉の祥太郎ちゃんの会話により,この物語が伊達騒動の後日譚で,花水橋から後の絹川谷蔵の怪談累噺になることが分かる趣向になっている。
身売りの累の与右衛門は,醜く変貌した事実を,本人に知らせまいと配慮する思いやりのある男である。色彩間苅豆の色悪とは全く異なる,忠義な偉丈夫に薪車丈はぴったり。累の吉弥丈は,全身からにほいたつ幸福な人妻の色香から一転,醜い姿への絶望,嫉妬に狂った凄みと,自信に満ちた力演。終幕では,美しい腰元姿で絵面引っ張りの見得でやんややんや。
立ち回りのおみ足が素敵な松次郎さん,可愛らしい亭主の佑次郎さん,田舎娘はお任せの純弥さん,場違いの赤姫がそれらしいりき弥さん,丸っこい奴がらぶりーな當吉郎さん,なぜか最後にも出られる千次郎さん。皆さん活き活きと演じておられた。

続きを読む "みよし会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

高瀬川の一之舟入跡

高瀬川の一之舟入跡
中京区木屋町二条下るの史蹟。慶長19年、角倉了以により、伏見と京を結ぶ運河として開削された高瀬川の起点にあたる。周囲の蔵や町家、産業の遺構などから往時の賑わいが偲ばれる。水音も心地よく、瞬時、寛げる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

三響會

南座に三響會夜の部を聴きに行った。客席には,舞妓さん,芸妓さん,おかあさん方多数で思いっきり華やかな風情。
三響會は初めてで,お囃子のシステムも全く分かっていないが,熱演の出ずっぱりが何故可能なのか不思議?一日一曲以上演奏したら死んでしまいそうな演目ばかり朝から五~六曲。昼の部も鑑賞したかった~。
<夜の部>
一、狂言 五人三番三
  三番三  茂山 正 邦
        茂山 宗 彦
        茂山 茂
        茂山 逸 平
        茂山 童 司
  舞台番  茂山 千之丞
  鈴渡し  片岡 孝太郎
  笛     一噌 幸 弘
  小鼓  田中 傳左衛門
       田中 傳次郎
  大鼓  亀井 広 忠

二、能楽と歌舞伎による 船弁慶
  静  観世 喜 正
  知盛  市川 染五郎
  笛  一噌 幸弘
  小鼓  田中 傳左衛門
  大鼓  亀井 広 忠
  太鼓  田中 傳次郎
  地謡  片山 清 司
  長唄  杵屋 利 光
  三味線  今藤 長龍郎

三、歌舞伎 安達原
  老婆実は安達原の鬼女  市川 亀治郎
  祐慶  中村 梅 枝
  強力  市川 染五郎
  笛  福原 寛
  小鼓  田中 傳左衛門
  大鼓  田中 傳八郎
  太鼓  田中 傳次郎
  長唄  杵屋 利 光
  三味線  今藤 長龍郎

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008年5月26日 (月)

塩野七生氏はこの夏,次の長編を執筆中とか

氏の公式ページ・「イタリアに住む!」に,夏の旅で高原でリゾートしたいところだが,次の作品が思いの他長編となりそうで,ローマで暑い夏を過ごしているかもしれないとあった。
ローマ人の物語が完結したばかりなのに,もう次の大作をご執筆!ウレシ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

第4会みよし会は、五代目十七回忌追善

第4会みよし会は、五代目追善
先代の十七回忌に当たる今年は、美吉屋好みの人情の機微が細やかで難度が高い2本。大盛況で感動的に修まりました。
竹三郎丈から客席オーラが渋めに…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

ウエストサイド物語(5月24日マチネ)

ジェット団締まってました。
ジェット団

リフ/松島勇気         グラジェラ/恒川愛
トニー/阿久津陽一郎     ヴェルマ/上延綾
アクション/西尾健治      クラリス/荒木舞
A-ラブ/澤村明仁        ポーリン/山本奈央子         
ベイビー・ジョーン/大空卓鵬 ミニー/桜小雪
スノーボーイ/岩崎晋也     エニイ・ボディズ/磯津ひろみ
ビッグ・ディール/萩原隆匡
ディーゼル/キム スホ
ジーター/川口雄二
シャーク
マリア/花田えりか       ベルナルド/望月龍平
アニタ/団こと葉         チノ/横山清崇
ロザリア/玉井明美      ペペ/斎藤 翔
コンスェーロ/村上絵里子   インディオ/神谷凌
テレシタ/泉春花       アンクシャス/徳永義満
フランシスカ/大口朋子     ファノ/佐藤雅昭
エステラ/高橋亜衣       ニブルス/斎藤洋一郎
マルガリータ/撫佐仁美
大人たち
ドッグ/岡田吉弘(劇団昴)   シュランク/田代隆秀
クラプキ/石原義文       グラッド・ハンド/川口雄二

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

ナルニア国物語第2章~カスピアン王子の角笛~

『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』
監督:アンドリュー・アダムソン
原作:C・S・ルイス
キャスト
ジョージー・ヘンリー,ウィリアム・モーズリー
スキャンダー・ケインズ,アナ・ポップルウェル
ベン・バーンズ,リーアム・ニーソン

白い魔女に勝利してから1年,ナルニア国では,あれから1300年が経過していた。平和で美しいナルニア国は侵略者のテルマール人に征服され,細々と森で暮らす時代になっていた。
征服者側でも王位継承の内紛が起こり,正当な後継者カスピアン(ベン・バーンズ)は,王弟の陰謀に陥れられ,国を脱出する。新しい暴君ミラースは,カスピアン王子共,ナルニア国殲滅を目論む。ペベンシー4兄妹は,カスピアンの角笛の音に導かれ,再びナルニア国へと舞い戻ってきた。

ペベンシー4兄妹の成長ぶりとともに,この第2章から登場するカスピアン王子を演じるイギリスの若手俳優ベン・バーンズがカッコよく,親心モードで鑑賞した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

宝塚星組で「ブエノスアイレスの風」が再演

理香さまからコメントを頂いたので,何気なく公式ページにアクセスしてみたら,嬉しいニュースが…。柚希礼音さん主演で,今秋再演されると記載されている。
当時の月組のメンバーの充実,正塚センセのノリは素晴らしいものがありました。ごーごー泣ける作品なので,要チェック!

Viento de Buenos Aires
『ブエノスアイレスの風』
-光と影の狭間を吹き抜けてゆく…-
作・演出/正塚晴彦
1900年代中庸のアルゼンチンを舞台に、反政府ゲリラのリーダーで政治犯として獄中にいた男が、釈放となり新たな生き方を見出そうとする姿を通して、人と人との心の通い合い、人生の意味を問いかけた作品。1998年に紫吹淳主演によりシアター・ドラマシティで上演され、好評を博しました。タンゴが随所に盛り込まれた作品で、ダンス巧者・柚希礼音の魅力を大いにご覧頂きます。
■主な出演者・・・(星組)柚希 礼音 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

宝塚雪組公演全国ツアー初日

Nec_0014宝塚ロマン『外伝 ベルサイユのばら -ジェローデル編-』
原作・外伝原案:池田理代子
脚本・演出:植田紳爾
キャスト

ジェローデル/水夏希,ソフィア/白羽ゆり,ジャルジェ将軍:萬あきら,フェルゼン/彩吹真央,オスカル/音月桂,ロベスピエール/彩那音

「ベルサイユのばら」は宝塚の忠臣蔵で,独参湯とされている。今年は義士銘々伝・ジョローデル,アラン,ベルナール版の3本が上演される。雪組版は,ジョローデルの生き様で,革命後も旧主への忠義を貫く。そのジョローデルとは,全編のヒロイン・オスカルが率いるフランス近衛隊の副長で,後に隊長となる人物。オスカルに求婚するがあっさり断られる。ひらかな盛衰記でいうなら,逆櫓の段の樋口兼光といったところだ。喩えがマニアック過ぎるか。
全て新曲。お馴染みの場面は無い!客席からは安堵のどよめきが…。原作の劇画に近い亜麻色のふわふわヘアーがキモ。水夏希さんは,似合っておられたし,変人だが矜持を重んじる人物として共感できそうで安心。一応これで観劇の目的は全て達成。
○「君や知る。御身が朱に染まらんよりは,我が身は断頭台に消えなんことを。我がシルフィード」とかいう台詞は言わせてあげて欲しかった。ジョローデルのええ台詞のはず…。
○ベルばらは宝塚の義太夫狂言。それも,上方の伝統芸能ということがよっくわかった。日本の伝統芸能は,コメディとトラジティの厳格な区別はなく,悲劇のなかでも爆笑のチャリ場は存在する。鷹揚のご見物を…。

続きを読む "宝塚雪組公演全国ツアー初日"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年5月17日 (土)

ラフマニノフ ある愛の調べ

Main監督:パーヴェル・ルンギン
キャスト
エフゲニー・ツィガノフ,ビクトリア・トルガノヴァ,ヴィクトリヤ・イサコヴァ,ミリアム・セホン,アレクセイ・ペトレンコ
ストーリー
1920年代,ソ連から合衆国に亡命したセルゲイ・ラフマニノフのコンサートが,N.Y.カーネギーホールで,スタンウェイの後援で開かれようとしていた。ラフマニノフは,超絶技巧のピアニストとして成功を収め,名声と富を得るが,作曲に行き詰まり,日に日に憔悴していく。そんなある日,白いライラックが届く。ライラックの香りに故郷の幸福だった少年時代,練習に明け暮れた青年時代,そして鮮烈な恋の記憶が蘇る。

続きを読む "ラフマニノフ ある愛の調べ"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年5月16日 (金)

宮脇賣扇庵に立ち寄りたくなる暑さ

Nec_0005葵祭も済み,強い日ざしと高い気温で京都はもう本格的な夏。扇子も欲しくなるし,良い扇子が買える店がたくさんある。六角通沿いの風格ある町家を再現したNec_0008表構えが目をひく老舗の扇子店が宮脇賣扇庵だ。四季折々の花をあしらった舞扇や夏扇など、豊富な扇がそろう。涼しげな物を新調と思ったが,手持ちの麻のポケット扇を超えて欲しい物は見つからなかったので,次の機会に…。洋装にも和装にも使え,冬でも違和感ないところが気に入っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

隠し砦の三悪人

Kakushitoride320_2隠し砦の三悪人  The Last Princess
監督:樋口真嗣,脚色:中島かずき,音楽:佐藤直紀
キャスト
武蔵/松本潤,雪姫/長澤まさみ,
真壁六郎太/阿部寛,鷹山刑部,椎名桔平,新八/宮川大輔
國村隼,甲本雅裕,高嶋政宏,KREVA,黒瀬真奈美,生瀬勝久,古田新太,上川隆也

ストーリー
時は戦国。互いに国境を接する早川,秋月,山名の三国があった。覇権拡大を目論む山名が,秋月に侵攻し,城は陥落した。秋月は,嫡子雪姫と黄金百貫を城から落とす。
山師の武蔵と樵の新八は,秋月の隠し砦で,残党・真壁六郎太に捕まり,少年に扮した雪姫と黄金百貫を具し,再起を期して同盟国早川の城を目指す。
しかし,山名の侍大将・鷹山刑部と圧倒的な数の軍団が迫っていた。武蔵は,山の民に協力を求め,奇策で突破しようと試みる。

続きを読む "隠し砦の三悪人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

雪佳の仔犬が可愛らしい芸艸堂前

雪佳の仔犬が可愛らしい芸艸堂前
Mag_cover_0806_2 神坂雪佳の「狗児」は、今月号の和樂の表紙にもなっているカタツムリに興味津々のデフォルメワンコで、人気作品だ。芸艸堂(うんそんどう)の店頭に版画が販売されていて、一瞬、店に駆け込んだが、絵葉書の購入までに思い止まった。
HPでも買えるのよねー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

大いなる陰謀

15661199868674m大いなる陰謀 Lions for Lambs
監督:ロバート・レッドフォード
出演:メリル・ストリープ,トム・クルーズ,マイケル・ペーニャ,デレク・ルーク,ロバート・レッドフォード
9.11から7年。聖戦として圧倒的支持を受けた対テロ戦争も倦まれている現在。大統領選へと野望を抱くタカ派上院議員アーヴィング (トム・クルーズ)は,ヴェテランのジャーナリスト・ロス(メリル・ストリープ)に,勝利への新作戦の単独リーク会見を持ちかけた。ロスは,上院議員との会話のなかで,国家の思惑と議員の野望を読み取ろうとする。
一方,その作戦の実行者としてアフガニスタン高地に侵攻中の2人の若者が同時進行で映される。上層階級にくい込み,人生に活路を見出そうとする下層階級出身の2人の若者は,アフガニスタンで対テロ戦争に命をかけることを選択し,志願兵として参加していた。
同じ時間,大学教授マレー(ロバート・レッドフォード)は,2人の若者の物語を,無関心で享楽的な学生に語り,奮起を促す。2人の勇気ある選択を讃えながらも,国家の方策に疑問を感じ,志願を思い留まるよう説得したと述懐するが,快楽しか見ない学生には届かない。
作戦の行方は…。アフガニスタンで戦う若者たちは…。

続きを読む "大いなる陰謀"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

潜水服は蝶の夢を見る

Yume潜水服は蝶の夢を見る

原作:ジャン=ドミニク・ボビー,監督:ジュリアン・シュナーベル
脚本:ロナルド・ハーウッド
出演:マチュー・アマルリック

1996年,ファッション誌ELLEの編集長として充実した人生を謳歌していた42歳のジャン=ドミニクは,脳梗塞で倒れた。昏睡状態から目覚めたものの,唯一動くのは左目のみ。絶望のなかで,20万回の瞬きで感動の自伝を綴りあげた。

映画は,左目だけしか動かせないベッドの上のジャン=ドミニクの視線で動く。それまでの人生は,才能にも,色恋にも恵まれ,偶然にもハイジャックに遭わずに済んだり,恵まれていたといえた。絶望のなかでも想像力と記憶があれば,生きる証を残せると,理学療法士のアンリエットに助けられ自伝を完成させる。理学療法士,妻,編集者,全ての女性が美しくセクシーだ。女性美への希求も生命力を活性化させる。
潜水服,蝶の羽化,バレエ・ニジンスキーの牧神の午後,ナポレオン三世の皇后ウージニーの病院慰問。ジャン=ドミニクの視線の映像の美しさは,監督の手腕だ。
人間の尊厳と生命の根源を証明したジャン=ドミニクの英雄的かつ自然体で優しい精神に敬意を表したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凸ねこさまに夏の能楽堂のフラッシュ背景を作っていただきました

Blog Petの子猫・獅子丸は2歳半。背景は,【猫のお凸(でこ)】・素材の蔵出し・凸ねこさまから能楽堂の松羽目をお借りし,ながーく愛用しています。
春には,春宵の薪能のフラッシュを作成していただきました。そのとき,夏バージョンも考えるとお言葉を頂いておりましたが,今日お寄りしましたら,何と流星の薪能のフラッシュが…。清新です!いただきまーす。
ねこさまありがとうございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

義仲寺(超ご近所)を訪ねました。若冲の天井画が複製

Nec_0011源義仲を祀り,芭蕉翁を検証する義仲寺は,JR琵琶湖線膳所駅・京阪電鉄けいはん膳所駅から琵琶湖岸へ徒歩3~4分のところにある。今さらであるが,俊寛探訪の勢いで立ち寄った。この調子では,冬には大原に行くかも…。

平家討伐の兵を挙げて都に入り,源頼朝軍に追捕され,粟津(あわづ)の地で壮烈な最期を遂げた木曽義仲(きそよしなか)(1154-84)を,彼をしのぶ巴らしい女人が庵を結び,ここに葬ったという由来がある。
江戸時代中期までは木曽義仲を葬ったという小さな塚だったが,周辺の美しい景観をこよなく愛した松尾芭蕉(1644-94)が度々訪れ,のちに芭蕉が大阪で亡くなったとき,生前の遺言によってここに墓が立てられたと言われている。
境内には,芭蕉の辞世の句である「旅に病て夢は枯野をかけめぐる」など数多くの句碑がところ狭しと立つ。本堂の朝日堂(ちょうじつどう)・翁堂(おきなどう)・無名庵(むみょうあん)・文庫などがあり,境内全域が国の史跡に指定されている。朝日堂の天井画は,伊藤若冲の作で,保全のため外されていたが,9日から公開を開始した。

続きを読む "義仲寺(超ご近所)を訪ねました。若冲の天井画が複製"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

ブログ開設3周年!!!

02_candole1_3_2いつも御高覧ありがとうございます。
「風知草」は,2005年5月8日,闇の中に生まれました。この5月8日で3年でございます。厳しいご賛意,暖かいご異見を糧として細々続けています。また,ブログを通じてご交流させていただく機会も頂戴し,触発されることも度々。感謝しております。
さて,昨年は,雑食&博愛の傾向に拍車がかかり,文章が丸メになってきたことを反省し,お爪を研ぎ研ぎし,キリ版ヒット記念リクエストや突発夜間取材行等を行って参りました。5回を重ね,渋め,硬派,独善になってきたかなと反省しております。
さらに,看板に大きな偽り。お肌は磨いていないことを反省。今日は,フェイシャルマッサージを行い,お肌と頭脳の柔軟化に勤めます。目指すは,ぷるぷるお肌!

| | コメント (37) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

25万ヒット記念リスエストエントリ・俊寛謀議の地・鹿ヶ谷山荘跡を訪ねてトレイル

25万ヒット記念リクエストということで,星月夜に逢えたらのムンパリさまより,俊寛というお題を頂戴しましたので,平家物語に詠われ,後世の能,浄瑠璃,歌舞伎,小説等の主人公となった俊寛僧都ゆかりの地を訪ねました。

平家物語にはこうある。
平家物語 上巻 巻十 「鹿の谷の事」(抄)
 東山鹿の谷といふ所は、後ろは三井寺に続いて、ゆゆしき城郭にてぞありける。それに俊寛僧都の山荘あり。
 かれに常は寄り合い、平家亡すべき謀をぞ運らしける。
 或夜法皇も御幸なる。故信西入道の子息浄憲法印も御供仕らる。

「平家に非ずんば人にあらず」といわれた時代。
鹿ヶ谷事件は,治承元年(1177)6月1日,多田蔵人行綱の密告によって平家妥当の密議が発覚し,平家一門が武装集結のうえ,関係者を粛正したことをいう。法勝寺の執行(しぎよ)であった俊寛の鹿ヶ谷の山荘で,俊寛,西光(藤原師光),浄憲(故信西入道の子息),藤原成親・成経父子,平康頼らが,後白河法皇も招き,平家打倒の談合をしていたことが,明るみになったのだった。法皇は鳥羽殿に幽閉,西光は惨殺,俊寛,平康頼,藤原成経の3人は鬼界ヶ島に流された。後に,平康頼と藤原成経は,特赦により都へ帰るが,俊寛は島に残され憤死する。

PhotoSa024_mPhoto_2Sa140_m鹿ヶ谷(鹿の谷)は,京都市左京区の如意ヶ嶽西麓一帯の地名で,法然院や安楽寺の名刹,冷泉天皇御陵,ノートルダム女学院等があり,哲学の小道も整備された歴史・文教スポットだ。霊鑑寺の門前に,俊寛の山荘の案内板(写真)がある。正確な場所は不詳のようだが,左京区鹿ヶ谷御所ノ段町の北部の台地付近,かつて山中にあった如意寺の跡,楼門の滝のそばに石碑があり,「俊寛僧都忠誠之碑」(写真)と刻まれている。
如意寺は滋賀県大津の三井寺(園城寺)の別院らしく,この広大な山中に三井寺の堂宇が点在していたことが伝わっている。
平家全盛の世に,計画性も無く無謀とも言える陰謀だったが,合力と兵力を期待する三井寺と直結するルートというのが,ポイントで,後日,後白河法皇の皇子以仁王が決起に失敗したときも,三井寺に逃げ込んでいる。決起は,一瞬で瓦解したが,源平合戦の発端となったことは,平曲が語っている。

今は,ハイカーすら,たまさかにしか通ることもない普通の里山となっており,これからは,まむし(^^ゞ,スズメバチ(O.O;)(o。o;),ヤブ蚊(\_\;の季節であるため,鹿ヶ谷事件のシーズンに合わせて,5月末に訪ねることは,全くオススメできない。バス停5,32,203,204,93系統真如堂前から徒歩2キロ程度(後半の1キロは山道(゜〇゜;))。
さらに,滋賀県大津市側には長等山に着くが,当地の円満院で4日発覚した女性の死体遺棄事件は未解決で,周辺は厳戒態勢が敷かれている。少なくとも事件解決まで,鹿ヶ谷→三井寺は避けるべきだ。
円満院は、国の史跡・名勝指定の庭園などが有名。一帯は、三井寺や琵琶湖疏水、歴史博物館などもある観光地になっている。

続きを読む "25万ヒット記念リスエストエントリ・俊寛謀議の地・鹿ヶ谷山荘跡を訪ねてトレイル"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

ヤマトタケル in 大阪松竹座

ヤマトタケル in 大阪松竹座
昨日開幕したヤマトタケル、5日昼の部・段治郎丈の初日を拝見した。3階正面最前列の宙乗りお迎え席で鑑賞と、気合い充分で臨んだところ、ひとつ置いて隣にスキップさまが…。楽しい邂逅に驚くやら笑うやら。
最も喜ばしかったのが,カテコに、猿之助丈!\^o^/バンザーイ
ゆったりと手を振っておられた。(涙)ウレシ…。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

つぐない

Tsugunai_01_2つぐない
Atonement/2007/イギリス/123分/東宝東和
監督:ジョー・ライト
出演:キーラ・ナイトレイ,ジェームズ・マカヴォイ,シーアシャ・ローナン,ロモーラ・ガライ
1930年代,戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女に生まれた美しいヒロイン・セシーリア。彼女は家政婦の息子・ロビーを戸惑いながらも愛していた。
ある夏の日,ロビーを慕う好奇心旺盛で潔癖な妹・ブライオニーの嘘によってロビーは暴行罪で刑務所へ。そして戦場の最前線に送られる。姉妹も看護士としてロンドンで働いていた。3人は非情な戦中を生きる。

現代文学を代表するブッカー賞作家イアン・マキューアンの最高傑作「贖罪」を『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が完全映画化。
首が長くなるほどタノシミにしていたので,間違えて「シルク」を見に走ったほどだ。3人の主人公は,善良とは言い切れなく,偏見もあれば嫉妬もする。シーンは美しく,物語の残酷さが痛々しい。
感受性が鋭いが頭でっかちの全ての少女及び元少女必見。想定を超えて泣かされるので要注意。エンドロールが長いので,顔ぐちゃぐちゃで立てないことを配慮して頂いているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

和樂の源氏特集に水夏希さんのフォトが…。

Mag_cover_0806_2先月号から始まった,源氏に宝塚歌劇団の男役さんが扮し,篠山紀信氏が撮影する特集の今月号は,水夏希さん。六条御息所を翻弄する若き日の冷たいメの光君のイメージで,蜷川実花氏のお写真と見紛う装飾的なもの。
仁左さまは伊左衛門のお写真なので,ハッピーになれるしー。総重量は若干軽めだが,中身はずっしり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治日本のギャグマスター暁斎

明治日本のギャグマスター暁斎
京都国際マンガミュージアムでは、風刺画や画帳、スケッチを中心に、ギャグ爆発の特別展が開催中だ。元学校の廊下にしゃがんでマンガに読み耽り時を忘れよう。いつでも家族連れで満員の新感覚のミュージアムだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

宝塚月組公演 ME AND MY GIRL

宝塚月組公演 ME AND MY GIRL
個性&演技派の月組をバックに瀬名さんとかなみさんのラブリーなカップルが爆走。癒し系のかなみさんと出雲さんのお声が心地よく、舞台の上下に大人数が舞い歌う楽しさに元気をたくさんいただいた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

華やかなランチオフ会でした

ランチオフ会でした
帰阪中のかしまし娘さまを囲む会ということで、ムンパリさまのお世話で、かずりんさま、ハヌルさま、スキップさま、どら猫さま&おとみの7名の新旧乙女が3日昼,梅田に集まりました。
近々に観たお芝居だけでなく、皆さまの観劇ライフの全てに渡る貴重なお話が聞け、楽しい時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。
今から、Me and My Girlを観に、宝塚に向かいます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

歌舞伎座七月大歌舞伎の演目と配役が公式にアップ

公式に掲載されている。
義経千本桜忠信編と泉鏡花幻想奇譚とのハーフ&ハーフといったところ。

昼の部
一、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
   鳥居前
   吉野山
   川連法眼館 市川海老蔵宙乗り狐六法相勤め申し候
 鳥居前       佐藤忠信実は源九郎狐  海老蔵
 吉野山       佐藤忠信実は源九郎狐  海老蔵
            静御前  玉三郎
 川連法眼館    佐藤忠信実は源九郎狐  海老蔵
            静御前  玉三郎
夜の部
一、夜叉ヶ池(やしゃがいけ)
 百合  春 猿
 白雪姫  笑三郎
二、高野聖(こうやひじり)
 雪路  玉三郎
 宗朝  海老蔵
 雁兵衛  歌 六

2年前,「山吹」のメンバーで「高野聖」がいいなと放言していたが,御自らご出演頂けるとは…。\(^-^)/バンザーイ、/( )\モヒトツ、\(^o^)/バンザーイ
源義経には笑三郎丈,逸見藤太と富山の薬売りには坂東薪車丈,万年姥には吉弥丈をキャスティングして頂けたら最高にシアワセ。晃と学円は予測不能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »