« みよし会 | トップページ | 七月大歌舞伎 in 歌舞伎座の情報を教えていただきました »

2008年5月30日 (金)

『相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』

監督:和泉聖治
出演:水谷豊,寺脇康文,鈴木砂羽,高樹沙耶,岸部一徳
マスコミ関係の有名人をターゲットにした愉快犯らしき連続殺人事件が発生。その現場には、不可解な記号が残されていた。さらに犯人は,右京に,ターゲットは、東京都心部で行われるマラソン大会会場だと対局を仕掛けてきた。そこには、3万人のランナーと15万人の大観衆が…。
犯人の真意は?右京は、この最大の敵の目論見を阻止できるのか!?

映画として満足度が高いという評判を聞きつけ,帰宅前のリセットに立ち寄った。ミステリー,サスペンス,ヒューマンドラマとして見応えある。プロットとストーリーも凝っているうえ,豪華キャストのちょい役も楽しめ,お徳感一杯。

|

« みよし会 | トップページ | 七月大歌舞伎 in 歌舞伎座の情報を教えていただきました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>ぴかちゅうさま
水谷豊さん,和泉聖治さんの全盛を知る年代にはうれしい仕上がりとヒットですね。
マスコミや政治に対するあからさますぎない問題提起も大人げあります。
映画をちゃんと見られる目が欲しいと思いました。

投稿: とみ | 2008年6月11日 (水) 12時26分

TVシリーズはそんなにしっかり観ていないのですが、評判のよさにしっかりと映画の日に観てきました。
硬派の内容、キャスティングの妙をともに堪能してきました。大人のドラマにしたいというこだわりが結実していて、こういう作品をもっともっとつくって欲しいと強く思った次第です。
相棒がゴールデンコンビならプラチナコンビだった「わが魂は輝く水なり」も近々アップするつもりです(^O^)/

投稿: ぴかちゅう | 2008年6月11日 (水) 01時56分

>悠さま
映画もこまめにチェックしてますとよい映画見逃さずに済むようになってきました。シネマ歌舞伎やゲキシネも上映して欲しいデス。

投稿: とみ | 2008年6月 6日 (金) 00時11分

水谷さんの出てた「傷だらけの天使」岸田森、岸田今日子とかがでてまして、すきだったんですよ。相棒の水谷さんイギリス風知的な紳士風で、うまく、としとったよね、うらやましい、ってな感じがあるんですよ。
水谷さんと、寺脇さんのコンビが事件解決してくプロセスがいいですよね。

投稿: 悠 | 2008年6月 5日 (木) 22時26分

>つどいさま
確かに、29インチ以上にしては苦しい画面は多数ありました。しかし、この、初めて見る者でも感じるお得感がどこからくるのでしょう。きっちり言及できないのがもどかしいです。犯人も動機もは早くからばればれですのに…。

投稿: とみ | 2008年6月 2日 (月) 15時25分

テレビのドラマを映画化すると,陳腐なものになると思っていたのですが,そんな部分もありましたが.総じて楽しめましたね.

監督がなんと,あの和泉聖治だったんですね.
こうして,水谷豊同様にしたたかに生きていたんだなあと感慨がありました.

投稿: つどい | 2008年6月 2日 (月) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』:

» 相棒@映画 [こ・と・ば・言葉]
水谷豊がいいのですよ。2枚目、知的、警察官、、英国風紳士「、、、、、そうです [続きを読む]

受信: 2008年6月 5日 (木) 22時30分

» 08/06/01 「相棒〜劇場版」の感想もアップ! [ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記]
{/bikes/} {/m_0194/} 6月の映画の日に娘のリクエストで観たのがこの映画。梅雨の晴れ間の久しぶりのゆっくりしたお休みに一応きちんとアップしておこう。 「相棒−劇場版−絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」公式サイトはこちら {/face_sup/} 冒頭からの海外ロケの映像は「L change the WorLd」みたいだなぁと思ったが、こちらはもっと現実的で深刻な事件。この映画では戦争状態の南米エルドビア共和国での邦人人質事件ということになっているが、実際に起きた... [続きを読む]

受信: 2008年6月11日 (水) 01時50分

« みよし会 | トップページ | 七月大歌舞伎 in 歌舞伎座の情報を教えていただきました »