« 25万通過 | トップページ | 一週間遅れで歌舞伎役者からのラブレターにトライ »

2008年3月 8日 (土)

南座で和樂4月号を購入

Index_mag_0804_2お家に届く定期購読形月刊誌「和樂」は,紀伊國屋さんで単品購入も可能だ。京都では国立近代美術館にもある。4月号は,坂東玉三郎丈の特集なので,ご出演中の南座の2階売店にも置いてある。昨日購入し,先程,手を洗い居住まいを正し読み始めた。美の総合クリエーターのご精進を垣間見ることができるのでマストバイ。

〈春の総力特集〉ゆかりの十一人が至高の美の秘密を明かす
奇跡の女形,坂東玉三郎 すべては舞台の美のために
第一章 『信濃路紅葉鬼揃』のメーキングにみる
     美意識を結集させた比類なき舞踊
第二章 『ふるあめりかに袖はぬらさじ』の役づくりにみる
     何度も観たくなる、妥協しない芝居
第三章 三月の南座公演、そして六月の北京公演で昆劇に挑戦する坂東玉三郎
     昆劇のルーツを辿り、北京・蘇州を行く。

連載の片岡仁左衛門丈は,超素敵な八汐のお姿,河鍋堯斎の記事,花見の宿他,春を楽しめそうな記事が満載だ。

|

« 25万通過 | トップページ | 一週間遅れで歌舞伎役者からのラブレターにトライ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

>よんたんさま
毎月恐れ多くも立ち読みしてました(`´)ノ☆(((*;・)ゴメンナサイ。
文化にグローバルな視野をお持ちのよんたんさまだからこそ,日本の伝統をご覧になる目が鋭いのですね。
よく見れば表紙も豪華です。

投稿: とみ | 2008年3月 9日 (日) 18時39分

こんにちは。


手を洗い居住まいを正し

そのお気持ち、よく分かります(笑)
私も定期購読していますが(ニザさん連載が目的で)
今月は更に玉三郎さん特集も組まれていたこともあり、
手を洗って更に手袋して和楽を手に取りました^^;

投稿: よんたん | 2008年3月 9日 (日) 16時59分

>どら猫さま
ハイ,必携です。仁左さまの連載もありますし,全体にお写真も綺麗です。重いのだけが難点ですね。
お芝居に可処分所得を注ぎ込んでしまった者には,誘惑があってもご縁がある記事は,河鍋堯斎くらいでしょうか。

投稿: とみ | 2008年3月 9日 (日) 11時48分

>とみ様
和楽は図書館で読むことに決めています。猫の寝る場所にはこの雑誌はかさばりすぎます。
それに、魅力的な記事がいっぱいあって、誘惑が多すぎると思われませんか。
でも、今月号は南座で買ってしまうでしょうね。以前の仁左衛門様の記事の載っていた号は単体の発売しているサイトとかでも欠品になってましたので、その二の舞はしたくないなぁと思います。

投稿: どら猫 | 2008年3月 9日 (日) 01時38分

>hitomiさま
うさぎ小屋ではなく猫屋敷?
和樂は持って帰るには重いですね。最近の玉さまの情報が密着取材でつまびらかにされてました。

投稿: とみ | 2008年3月 8日 (土) 18時15分

南座で売ってましたか!

写真集とパンフしか気つきませんでした。1年間購読したことがありますがウサギ小屋ゆえ場所とって困っています。

投稿: hitomi | 2008年3月 8日 (土) 17時26分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南座で和樂4月号を購入:

« 25万通過 | トップページ | 一週間遅れで歌舞伎役者からのラブレターにトライ »