« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

安否確認?!

安否確認ありがとうございました。
1週間ブログを更新しないという3年近くで初めての怠慢をしてしまいました。期間中,おいで頂いた皆さまにはご心配をおかけ致しました。低空飛行でも,継続こそ力と申し上げていましたが,まーこーゆーこともあるわいなで乗り切ります。
さて,一般的に,興行界では,4月公演の前売りチケットは出足が遅いと言われているそうです。進学や転勤で,4月の居住地や勤務態勢が読めないから,買い控えるとか。おとみは,リスクをものともせず,護符と見立てて,いーっぱい買っています(^^ゞ。
次週の覇王別記が無事見られますように…。
文楽公演が早く見られますように…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

魔法にかけられて

監督:ケヴィン・リマ
出演:エイミー・アダムス,パトリック・デンプシー,スーザン・サランドン,ジェームズ・マースデン,レイチェル・カヴィ,ティモシー・スポール
実写アニメ綯い交ぜ。ディズニー・ファンタジーの集大成というか大まじめに作成したセルフパロディシネマ。

魔法の王国「アンダレーシア」に暮らすジゼルは,エドワード王子との結婚式の日,王子の継母の策略にはまり,井戸から現代ニューヨークの下水道に…。何と姿もアニメから実写になってしまった。しかし,浮き世離れしたキャラは,ニューヨークでは傍迷惑。偶然,親切心から自宅に連れ帰ったバツイチ子持ち弁護士ロバートは,婚約者やクライアントから誤解を受け,大混乱となる。さらに,後を追ってエドワード王子,魔女の家来,リス,魔女と次々とんでもない連中までやってきた。

シンデレラ,白雪姫,サウンドオブミュージック,キングコング,眠りの森の美女,美女と野獣,チップとディール…。メロディーラインも既聴感がある。ご丁寧に,ポップアップ絵本に始まり終わるという念の入れよう。
恋愛は,現実的なラブコメで,これはこれで安泰。舞踏会のドレスを,ELIE TAHARIのブティックでクレジットカードで購入し,現代的なスタイルで登場するのが素敵だった。
パロディ映画は大好きだあぁぁぁぁぁぁぁ~。実は,「タイタニック」を見れば,親指タイタニックを思い出し,10分は思い出し笑いしてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

4分間のピアニスト

監督・脚本:クリス・クラウス
出演:モニカ・ブライブトロイ,ハンナー・ヘルツシュプルング
2007年ドイツアカデミー賞作品賞・主演女優賞受賞作

殺人犯として受刑中のジェニーは,赴任してきた80歳になるピアノ教師クリューガーにピアノの特訓を受けることになった。クリューガーは,60年以上女子刑務所でピアノを教えてきたが,荒れ狂うジェニーに天分を見出し,音楽の使途として残りの人生の情熱の全てを注ぐ。
ストイックで昔気質。音楽の美にしか価値を認めないクリューガーと,粗暴で破滅的なジェニーであったが,愛を求め傷つき,上手く生きられないという点においては,同じ魂を持つ人間である。二人は反発しながらもコンクールに挑戦するが,あまりの暴力に看守の恨みを買い,拘禁されることに…。

クライマックスは,タイトルどおり,ピアノコンクール決勝の4分間の演奏だ。脱獄までして臨んだドイツオペラ座のウイニングプレイは…。映画の観客は,ドイツオペラ座の聴衆と同じ衝撃を受ける心憎いストーリーだ。演奏を終えて優雅に挨拶するジェニーに,快くぶん殴られよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

明智左馬之助湖水渡りの碑

Nec_0398大津市の湖岸なぎさ公園に並ぶ二つの文化施設・びわ湖ホールと琵琶湖文化館の間の遊歩道沿いに,「明智左馬之助湖水渡」の石碑が立つ。
明智左馬之助秀満は明智光秀の女婿で,錦絵や歌舞伎,講談で人気のヒーローだったが,あまり知られなくなって久しい。昨年12月,加藤 廣氏著「明智左馬之助の恋」を原作に,市川染五郎氏主演で,テレビドラマ化されたのが,最新の記憶だ。
左馬之介は,明智軍の後衛で安土城に詰めていたが,山崎の合戦の敗北を知り,安土城から坂本城を目指した。しかし,大津の市街地は秀吉軍だらけ。窮地に立たされた左馬之助は,湖上に活路をと,打出浜から湖に馬を乗り入れた。天正10年(1582)6月14日のことである。
上陸したのは,坂本の手前の柳ヶ崎のびわ湖大津館あたりと言われている。坂本城に入場するものの,妻子らとともに自害した。
ドラマでは,安土から坂本まで渡ったような映像になっていたが,鎧を付けて安土→坂本間を馬で渡るのは,うそだーいである。事実に近い2キロメートルでも決死行である。狩野永徳筆・水墨で雲龍図を描いた陣羽織を着用していたとされ,待つものが死であっても,妻子の元へ戻ろうとする勇将の望郷の思いが,絵師,戯作者,プロデューサーの想像力を喚起する。

余談:加藤 廣氏著「信長の棺」という太田牛一を主人公人にした小説の続編で,こちらのドラマ化は,松本幸四郎氏が主演されていた。

続きを読む "明智左馬之助湖水渡りの碑"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

ライラの冒険「黄金の羅針盤」

監督:クリス・ワイツ
出演:ダコタ・ブルー・リチャーズ,ニコール・キッドマン,ダニエル・クレイグ,エヴァ・グリーン,サム・エリオット

三部作の第一作。最初はもう一つの世界。次に現実世界。最終は二つの世界の相互交流となる。
もう一つの世界の英国大学寮のある町。学寮長の姪ライラの周りでは,ジプシーの子供たちが次々と行方不明になっていた。もう一つの世界では,魂と肉体は別々に存在し,魂(ダイモン)は,その人の性格を表す動物の形で,寄り添って生きる。叔父から真実を指し示す羅針盤を授かったライラは,学校を飛び出し捜索に乗り出す。謎の美女コールター夫人は敵か味方か。しかし,旅の途中で強力な仲間達を得る。

Photo_2分身のダイモンの存在が楽しい。子供はまだ動物の形が定まらなく,ライラのダイモンは,見るたびに形が違う。オコジョが基本。大人になると変貌しないらしい。叔父さんは雪豹,コールター夫人は狒狒だ。また,キーアイテムの「アレシオメーター=真理計」が,「黄金の羅針盤」だ。3本の針が示すアイコンを読み解くことが出来るのがライラだけという設定である。
鎧を着たシロクマ,魔女軍団,ジプシーの一族,気球乗りと,第一作は顔見世的にキャラクターが登場するが,謎は謎のまま映画は終わる。期待出来そう!
主人公は勇敢で頭の良い少女だが,ダコタちゃんにぴったりだ。
おとみのダイモン 山猫系で気に入りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

坂東玉三郎・中国昆劇合同公演・嫋々と切々とたおやかに…心震わせる歌唱

7日(金)と15日(土)に拝見。

牡丹亭(ぼたんてい)
作 湯顕祖,指導 張継青
遊園 杜麗嬢/董飛,春香/朱瓔
驚夢 杜麗嬢/坂東玉三郎柳夢梅/兪玖林
    春香/朱瓔,睡夢神/呂福梅
堆花 杜麗嬢/坂東玉三郎・董飛柳夢梅/兪玖林
    杜母/陳玲玲,春香/朱瓔
写真 杜麗嬢/劉錚,春香/朱瓔
離魂 杜麗嬢/坂東玉三郎,杜母/陳玲玲,春香/朱瓔

昆劇は約600ほど前の明朝の時代に生まれ,清朝にかけて200年余り劇壇の王座を占めてきた。なかでも,後世の京劇や本朝の牡丹灯籠にまで影響を及ぼしたとされている湯顕祖作・全55幕の大作『牡丹亭』は,最高傑作だ。坂東玉三郎丈は,芸術監督として総指揮を執られ,深窓の佳人・杜麗嬢を演じる。言語は勿論中国の蘇州語だ。なお,5月には,中国「北京湖廣会館」で上演される。

杜家の深窓の令嬢・杜麗娘は,春の花園で遊び,疲れてうたた寝をする。夢の中で,理想の若者・柳夢梅と出会い恋におちる。楽しいひとときは過ぎ去り,目覚めたときはもとの自室だった。そして,夏。夢で出会った若者を思い続け,やせ細った杜麗娘は死を予感し,美しい姿を絵に描き残す。中秋の名月の夜,命旦夕に迫った杜麗娘は,若者への思慕を切々と歌う。

5つの場面を3人の女形が演じる。春の場面の現身は董飛さん,夢の中で柳夢梅と遊ぶのは玉三郎丈(ええとこ取り),自画像を描くのは劉錚さん,はかなくなる場面は玉三郎丈だ。
董飛さんは,TBSニュース23に登場した若い女形さんで,玉三郎丈に心酔しておられる。お化粧や仕草を一生懸命なぞっておられいい感じだ。細身小顔で一目で女形さんと分かり,あちらの早乙女太一さんというところか。劉錚さんは,端正な容姿に綺麗なお声で,複雑に揺れる娘心をしっかり伝える実力派さん。
出ずっぱりの心優しい侍女・春香を演じるのは女優の朱瓔さん。とても可愛らしく,端麗な主演を引き立てておられた。
玉三郎丈は,「驚夢」の章でデュエットと連舞を楽しむ。柳夢梅役の兪玖林さんは,ぼーとなるイケメンで清々しく上品で真摯なイメージ。玉様は,活き活きと正に眸を回らせて一笑すれば百媚をスパーク。柳夢梅に注ぐ視線はどんどん蠱惑的に…。深窓の令嬢とは思えない積極的な激しい恋のアプローチだ。生真面目そうな兪玖林さんは大丈夫なのかとよけいな気を起こさせる程だ。
一転,「離魂」の章では,去りゆく命を前に恋心を迸らせる。雨に煙る中秋の名月の夜,「集賢賓」という哀怨の情を表すアリアを玉三郎丈が歌い上げる。この一曲を聴くだけでもこの公演の価値はある。嫋々と哀切に繊細に…,見る者聴く者全ての心の琴線を震わせる歌唱だ。丈は,20年以上前,張継青さん主演の「牡丹亭」に感銘し,夢を暖めて来られたとか。その張継青さんの歌唱指導による名演は,日中の語り草となることだろう。

装置は,屋根や柱を設けず,牡丹の美しい絨毯とドレープが美しい紗幕で抽象化。刺繍のお衣装や簪が精緻で,夢のよう…。

続きを読む "坂東玉三郎・中国昆劇合同公演・嫋々と切々とたおやかに…心震わせる歌唱"

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2008年3月20日 (木)

そしてデブノーの森へ

Le Prix Du Desir
2004年/フランス・イタリア・スイス/109分
監督・脚本:ロベルト・アンドゥ
出演:アナ・ムグラリス/ダニエル・オートゥイユ

男は,正体を明かさない人気作家。カプリ島でのバカンスで,行きずりの女と一夜を共にする。その女と再会したのは,義理の息子の花嫁として結婚式の場であった。離れがたく逢瀬を重ねるうちに,女の謎は深まり,男の過去は脅迫者によって白日の下にさらされる。そして,全ての謎の根源は,ポーランドクラクフ郊外のデブノーの森にある男の生家に戻る。

フランス上流階級を舞台にした古風なラブサスペンス。主演のアナ・ムグラリスの完璧な美しさとファッションがキーアイテム。どんでん返しがあるが,フランス映画らしくなく,ヒロインは毅然と行動し,謎はしっかり明かして頂ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

犯人に告ぐ

待っていれば,良い映画がフィルターにかかって来るいつものミニシアターで鑑賞した。
原作:雫井修介,監督瀧本智行
出演:豊川悦司,笹野高史,小澤征悦,石橋凌,崔洋一,井川遥,石橋蓮司,松田美由紀,片岡礼子

神奈川県警の巻島警視は,6年前,幼児誘拐事件で犯人の追跡に失敗し,少年を取り戻せなかったトラウマを持つ。マスコミに袋叩きにあったうえ左遷されるが,再び起きた連続児童殺人事件の捜査責任者として県警本部に呼び出された。
県警は,TVを利用して,犯人に直接呼びかける「劇場型捜査」という新手法に挑む。懲罰人事に近いテレビ出演であったが,全てを賭けて果敢に挑む巻島。しかし,キャリアをひけらかす直接の上司や,食えねえ狸の本部長に怒りを爆発させる。

雫井脩介原作の同名ベストセラー小説のWOWOWによる映画化。
サスペンスではあるが,警察組織内の権力争い,メディア批判などさまざまな要素が重層的に混在している。それはメッセージではなく,あくまでもプロットで,「純粋なエンターテインメント作品として楽しんでもらいたい。」と豊川氏は語るが,熱いヒューマンドラマで,心地よい後味だ。
理不尽な悪に憤る普通の中年刑事が,カメラ目線で語りかける「犯人に告ぐ!今夜は震えて眠れ!」には拍手!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月17日 (月)

長江哀歌

これも,ミニシアターにて。
ジャ・ジャンクー監督による作品。2006年ベネチア国際映画祭金獅子賞受賞作。

サンミン(ハン・サンミン)は,16年前に別れた妻(マー・リーチェン)と娘を捜しに山西省から長江流域の都市・奉節(フォンジェ)にやって来る。昔の住所を頼りに妻の実家を訪ねたものの,町はダムの底に沈んでいた。移転のための解体工事作業員として腰を落ち着け,2人の行方を捜すことにする。

長江の三峡ダム建設のため,水没する運命の古都・奉節を舞台にしたヒューマンドラマ。監督は,タバコ,酒,茶,飴という市民の生活に根ざしたささやかな嗜好品を題材に,やるせない物語を紡ぎ出す。当初,時代物かと錯誤したが,まごうかたなき現代の物語だ。繁栄のかげで,水没する古都の現実と,生きるためだけの生活を続ける人々。近代化を謳い,オリンピック開催に上昇ムードの中国だが,北京と地方都市や農村部の格差はいかばかりか。しかし,この映画は,悲しみとは程よい距離を置きながら,一生懸命生きている者への暖かいまなざしに溢れている。
我が町京都のように,古都を愛し,継承してゆく贅沢に思い至らせていただいた一本だ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年3月15日 (土)

バンテージ・ポイント

監督:ピート・トラヴィス
出演:デニス・クエイド,マシュー・フォックス,フォレスト・ウィテカー,シガニー・ウィーヴァー,ウィリアム・ハート
スペインのサラマンカ。テロ撲滅の国際サミットで合衆国大統領が狙撃され,続いて起きた爆弾テロによりに多くの死傷者が出た。大統領の警護に当たっていたシークレットサービスのバーンズは,混乱の中で犯人と思しき男を追う。
事件の現場にいたテレビ局のプロデューサー,老シークレットサービス,サラマンカ市警私服警官,米国観光客,スペインの少女など,国籍,職業,性別,すべてが異なる8人が目撃したものは,重要ではあるが断片的な情報だった。それぞれの視点の先に待ち受ける驚愕の全貌とは?!

のっけから大統領狙撃と爆弾テロ。パニック状態の市民。どうなるどうなると思っていると,時間が午前11時59分57秒に戻る。繰り返すたびに,ばらばらの人物の繋がりが明らかになり,だんだん真相に近づいていく。スピード感あふれる展開。先が読めないばかりか,どんでん返しが6~7回。うそだーいという設定もあるが,結末にも納得。大収穫のサスペンスだった。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

文楽地方公演・幸助さんの解説・櫓のお七と生写朝顔話

14日(金)夜の部は茨木市市民会館なので,何とか間に合った。音響の良いクラシカルなホールだ。字幕もイヤホンガイドもなく,床本はあるが客電が落ちるので,最初に幸助さんが,人形を前にあらすじとみどころを解説してくださった。人形遣いさんにしておくのは惜しい爽やかな弁舌。

伊達娘恋緋鹿子
 火の見櫓の段
 
 睦大夫,靖大夫/喜一朗,龍爾,寛太郎
  文司,玉翔,玉勢,文哉

生写朝顔話
 明石船別れの段

  千歳大夫/錦糸,琴:清公
 宿屋の段
  咲大夫/清介,琴:清公
 大井川の段
  三輪大夫/喜一朗
  宮城阿曽次郎・駒沢次郎左衛門:玉女
   深雪・朝顔:和生 
  船頭/玉誉    
  戎屋徳右衛門/玉輝,岩代多喜太/玉志
  下女お鍋/紋臣,奴関助/幸助

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽

続きを読む "文楽地方公演・幸助さんの解説・櫓のお七と生写朝顔話"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

凸ねこさまに能楽堂のフラッシュ背景を作っていただきました

Blog Petの子猫・獅子丸を2年以上,拙宅に住まわせてます。背景は,【猫のお凸(でこ)】・素材の蔵出し・凸ねこさまから能楽堂の松羽目をお借りし,ながーく愛用してまいりました。近江の国・義仲寺の近くに棲息しています。実は,一昨日,大河ドラマのタイトルバックのような水面に桜花が舞うフラッシュ画像(「桜川」風)に変え,篤く御礼申し上げましたところ,何と,能楽堂のフラッシュを作成していただきました。春宵の薪能で,幽玄です!「桜川」の稽古させます。
凸ねこさまありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

麗さま作成・舞台役者から愛を込めて

クローゼットより愛を込めての麗さまが暴走の我らのために作ってくださいました。舞台役者編です。おとみは,こんな感じ↓さとっさんからいただいてしまいました(/\)チャチャチャチャ \(^o^)/ハッ!!麗さま,ありがとうございました!

おとみちゃん

おとみちゃんに初めて会ったのは日生劇場だったね。
あの時は一目ぼれでした。
おとみちゃんのその笑顔に本気でほれちゃったんだ。
今までで3回告白したんだよね。。。
でも、その度に振られちゃってさ・・・。タイミングが悪いんだよなぁ俺・・・。
俺が凄く忙しくて困ってる時にかけてくれる優しい一言、体調が悪くて苦しい時に心配してくれる心・・・。
あきらめようと思ってもおとみちゃんのこと本気で好きになっちゃうんだ。
佐々木 蔵之介や梶原 善が、おとみちゃんの事を好きだって聞いちゃって、取られなくないって思って4度目の告白。。。
さすがにしつこいって思ってるよな。。。
でもいいんだ。
俺はおとみちゃんの事を想い続けてるよ。
おとみちゃんにもらった、サントラCDがいつまでも俺の宝物。
いつか俺に振り向いてくれる時がきてくれると信じてる。

橋本 さとし

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

京都国立博物館で河鍋暁斎展

京都国立博物館でまもなく,河鍋暁斎展が開催される。
会期は,2008年4月8日(火)~5月11日(日)
公式には,以下のとおり紹介されている画期的な展覧会なので,これは絶対行きだ。ゴールデンウイークには激混みが予想されるので,早く行こうっと。
暁斎を紹介したジョサイア・コンドルの著作で予習したい。

 河鍋暁斎(1831~89)は、初め浮世絵を、次いで狩野派を学び、幕末・明治期の江戸・東京で活躍しました。そのユニークな画風は特に海外で関心を呼んできましたが、暁斎の全貌をつたえるような大規模な展覧会は、これまで開催されたことがありませんでした。
 この展覧会では、暁斎没後120年を記念し、初期から晩年にいたる暁斎の肉筆による重要作品を選りすぐって紹介します。あっと驚く奇想的な作品はもとより、暁斎の骨格を形づくった狩野派的側面をしめす作品もあわせた、はじめての体系的な展示となります。
 京都国立博物館では、伊藤若冲、曾我蕭白と、近世絵画の強烈な個性を紹介してきました。今回の河鍋暁斎も、そのラインナップに加わる画家。単なる奔放ではない、基礎的修練の上に生まれた強靭な個性は、あなたの心をとらえて離さないでしょう。

業務連絡:cocoさまどうなさいます?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

二条城ロマンチックナイト「二条城ライトアップ」市民無料招待と一般公開

Img107_2肝心なことを失念していた。二条城は夜間は城門が閉ざされる。
しかし,京都市はワタクシ達(爆)の前途のために粋な計らいを…。市民なら,京都市のページから申し込める。有償の夜間公開は,桜の満開の頃だ。
また,3月14日(金)~3月23日(日)は,和服を着ていれば市バスと地下鉄が無料。駅や観光案内所等で配布されるパンフレットに添付されている無料乗車券(4枚)を入手のこと。
JR京都駅・京都→烏丸御池→二条城前,又はJR二条駅・二条→二条城前
どちらにしても,今晩には間に合わない。わーん。

続きを読む "二条城ロマンチックナイト「二条城ライトアップ」市民無料招待と一般公開"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

ウエストサイド物語2度目でもらえるグッズ

ウエストサイド2度目でもらえる
2度の観劇でいただけるタンブラーセット。おみやげは,やはり、オルゴールなど鳴りものがいいな。
さて,今日の阿久津さんは、トニーらしくスゥイーティな歌唱になっておられた)^o^(。

続きを読む "ウエストサイド物語2度目でもらえるグッズ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

一週間遅れで歌舞伎役者からのラブレターにトライ

楽しい☆おいしい☆うれしい☆Happyのcocoさまのご紹介で盛り上がっているようです。今日こそトライするぞと,意気高く試してみました。こちら

おとみちゃんへ

ずいぶん前のことになるけど、覚えてるかな?
3年前くらいに付き合っていた坂東三津五郎です。
すごく短い期間だったから俺の事を恋人だって思ってなかったかもしれないけど…
俺は、恋人だったと思ってたんだ。
すれ違いばかりで連絡をとらなくなってたのだけど、どうしてもおとみちゃんに言いたい事があるから、手紙を書きました。

ゴメン。まず謝らせて。
あの頃は自分勝手で・・・わがままで・・・たくさん迷惑をかけちゃったな。
自分勝手すぎる理由で別れようと言ったり…。
少しだけど大人になった今、本当に後悔してるんだ。
本当にごめん。

そして今の俺はおとみちゃんの事を、どんなに忘れようとしても、あきらめようとしても、できないんだ。
今頃になって、自分にとっておとみちゃんがどれだけ大きな存在だったのかに気づいちゃって・・・。
今も変わらず…いや、あの頃よりもおとみちゃんのことが大好きです。

今は坂東巳之助と付き合ってるって、中村橋之助に聞いた。
もし俺の事が重荷になるようだったら、すぐにこの手紙を捨てて欲しい。
そして忘れて欲しい。
でも、もし、少しでも可能性があるなら…
3月11日18時に二条城で待ってる、ずっと待ってるから。

坂東三津五郎より


わーい。二条城だったら仕事終わってから間に合いそう。加藤清正か与三郎の拵えで来て頂いたらうれしいな~。

続きを読む "一週間遅れで歌舞伎役者からのラブレターにトライ"

| | コメント (16) | トラックバック (0)

南座で和樂4月号を購入

Index_mag_0804_2お家に届く定期購読形月刊誌「和樂」は,紀伊國屋さんで単品購入も可能だ。京都では国立近代美術館にもある。4月号は,坂東玉三郎丈の特集なので,ご出演中の南座の2階売店にも置いてある。昨日購入し,先程,手を洗い居住まいを正し読み始めた。美の総合クリエーターのご精進を垣間見ることができるのでマストバイ。

〈春の総力特集〉ゆかりの十一人が至高の美の秘密を明かす
奇跡の女形,坂東玉三郎 すべては舞台の美のために
第一章 『信濃路紅葉鬼揃』のメーキングにみる
     美意識を結集させた比類なき舞踊
第二章 『ふるあめりかに袖はぬらさじ』の役づくりにみる
     何度も観たくなる、妥協しない芝居
第三章 三月の南座公演、そして六月の北京公演で昆劇に挑戦する坂東玉三郎
     昆劇のルーツを辿り、北京・蘇州を行く。

連載の片岡仁左衛門丈は,超素敵な八汐のお姿,河鍋堯斎の記事,花見の宿他,春を楽しめそうな記事が満載だ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

25万通過

7日(金)午後3時30分頃通過したようです。どなた様からも御親告がございませんが,しばらく様子見させていただきます。最終的には,朝から一度でもご訪問頂きましたお方様まで拡大しちゃいます。〆(°°)カキカキ..ヨロシク

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

坂東玉三郎・中国昆劇合同公演 in 南座

坂東玉三郎中国昆劇合同公演南座
一睡の夢(マジそうならないように…(^^ゞ警鐘)ような、悠久の時空のような、はかなくも甘美な舞踊劇だ。昆劇は能と同時代の発祥で、プリミティブで普遍性に富んでいる。夢幻能と近いことが興味深い。
刺激的なエンタテイメントに慣れた者には,おおどか,鷹揚,奥ゆかしさに慣れるまで一瞬戸惑うかもしれない。当然,このコンセプトは,南座のトポスに一致する。
時は弥生、花の京で打たなければならない公演と納得。
玉三郎丈の台詞や歌唱が嫋々と叙情的でうっとり…。勿論中国語デス。
日中の文化の融合と将来への伝承という夢の端緒を掴まれた御志に敬服あるのみ。

写真は,紗幕に幻想的な牡丹花の映像が浮かぶ「牡丹亭」の幕。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日朝刊1面に玉様「牡丹亭」のお写真が

麗しく瑞々しい玉様のお写真を拝見し、堪え性のないおとみは、急遽、今夜南座に駆け付けることとした。☆彡
京都新聞はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年3月 6日 (木)

劇団四季ジェット団が下京消防署の一日消防指揮隊に

公式に写真が掲載されている。

劇団四季の「ウエストサイド物語」に登場するイタリア系非行少年グループ「ジェット団」が29日、下京消防署から「一日指揮隊」を委嘱され、京都駅前で火の用心を呼びかけた。トニー役の阿久津陽一郎さんら5人が、舞台姿そのままに登場。阿久津さんは「舞台では一つの気の緩みが大事故につながる。火事も同じ」と防火をPRとか。
こーゆー企画の仕事をさせてもらいたいゾ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

亀岡典子さんの「ルーブルで文楽」の記事が掲載

各誌にルーブル美術館で上演された文楽の記事が掲載されている。
産経の亀岡典子さんの記事はこれ。亀岡さんが最も息をのんで見守っておられたようだ。パリの空高く満天の星の下を行くお初と徳兵衛の美しいお写真が掲載されている。天の川を流れる雛のようだ。

雛の季節には置き浄瑠璃がリフレインする。
春を重ねし雛男、一つなる口、桃の酒、柳の髪もとくとくと…
徳兵衛は,おひなさんみたいなええ男はんということがよくわかる。髪フェチのワタクシは,詞だけでもほろほろとなる。

続きを読む "亀岡典子さんの「ルーブルで文楽」の記事が掲載"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まもなく25万ヒット!リクエストエントリ承ります。

週末にも25万ヒットです。カウンターを上げてデカ字にしました。恒例ですが,キリ番を踏まれた方から,不肖おとみではございますがリクエストを承ります。
お題を頂戴し,季節の変わらないうちに,演劇のパーソナリティゆかりの地を取材し,レポを書かせていただきます。
そんなん,いらへんと仰らず,知性&感性を総動員し,暴論同然のレトリック,独善に満ち満ちた凝りに凝った修辞に心掛けて書きますので,お声かけてやってくださいませ~。「俊寛」でも頑張ります。三( ゚∀゚)フッカツダー!! ホンマカイナ

みほん
 おとみ  20万(直木三十五の原風景・内安堂寺町へ)
 知盛   15万(新中納言知盛の潜伏地・大物へ)
 京の男  10万(在原業平屋敷跡へソッコー)
 大坂の男 5万(亀屋忠兵衛在所を訪ねて新ノ口へ)

携帯からでは認識できませんが,そーかなと思われる方は御親告くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

片岡我當丈一門の歌舞伎鑑賞教室・今年は俊寛

Osakashimin0806b_handbill 毎年夏のお楽しみ・松嶋屋さんの歌舞伎鑑賞教室の演目が発表になった。
公式には,大阪市民歌舞伎が掲載されているが,いつどこで何度鑑賞するか,限界に挑戦するのも楽しみのひとつだ。
平成20年度大阪市民歌舞伎歌舞伎・その美と歴史への招待
平成20年6月21日(土)
一、歌舞伎へのご案内
   ご案内  坂東薪車
二、平家女護島 俊寛(しゅんかん) 鬼界ヶ島の場
   俊寛僧都     片岡我當
   丹波少将成経  上村吉弥
   平判官康頼    坂東薪車
   丹左衛門尉基康 片岡進之介

大役の瀬尾と千鳥はどなたが…。日替わりキャスト希望。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

八丁味噌の里・純情きらりロケ地

八丁味噌の里・純情きらりロケ地
愛知県岡崎市は、徳川家の旗揚げの地と八丁味噌で著名。岡崎城は可愛らしく居住性もよさそう。この角久は純情きらりのロケが行われた味噌蔵の蔵本だ。時代考証もそのままだ。その宮崎あおいさんは今は篤姫。しみじみ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »