« メルマガに七月の大阪松竹座情報が… | トップページ | 毎日が文楽散歩「堀川波の鼓」京堀川妻敵討の段 »

2008年1月27日 (日)

シルク

監督:フランソワ・ジラール
出演:マイケル・ピット,キーラ・ナイトレイ,役所広司,アルフレッド・モリーナ,中谷美紀,芦名星

19世紀のフランスの田舎町。戦地から戻った軍人エルヴェ(町長の息子)は,エレーヌ(小学校教諭)と結婚し,養蚕工場の経営者の一人となる。しかし,ヨーロッパ全土からアフリカまで蚕の疫病が発生し,エルヴェは極東の日本まで,健康で完璧な絹糸を吐く蚕を求めて旅立つ。遙かシベリアを横断し,酒田港から最上川を遡った村で,実力者の原の支援を得て,無事良質な卵を買い付け,事業は大成功した。妻との仲も睦まじく,全て順風満帆かと思われたが,日本で見ただけの原の妻を忘れかねていた。
欧米人の日本への憧憬が伏線の純文学映画である。礼節を重んじ,穏和で無菌の国,絹の肌と絹の髪,神秘的な黒い瞳と,若干類型的な印象があるが悪い気はしない。主題は,知的水準の極めて高い夫婦が紡ぐ愛と葛藤の物語で,愛の謎解き仕立てになっている。幾度も落ちそうになるが,落ちると,謎が解けても,何が謎だったのか分からなくなるので注意!

|

« メルマガに七月の大阪松竹座情報が… | トップページ | 毎日が文楽散歩「堀川波の鼓」京堀川妻敵討の段 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シルク:

« メルマガに七月の大阪松竹座情報が… | トップページ | 毎日が文楽散歩「堀川波の鼓」京堀川妻敵討の段 »