« タロットカード殺人事件 | トップページ | ビューティ・クイーン・オブ・リナーン,キャスト変更 »

2007年12月 4日 (火)

魔笛

監督・脚本:ケネス・ブラナー
音楽:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
出演:ジョセフ・カイザー,エイミー・カーソン,ルネ・バーベ ,リューボフ・ペドロヴァ,ベンジャミン・デイ・デイビス

第一次世界大戦下。負傷した若い兵士タミーノは,夜の女王の諜報部員の3人の女に助けられ,女王の元へ連れて行かれる。タミーノの前に現れた夜の女王は、さらわれた娘パミーナの救出を依頼し、彼に魔法の笛を託す。
タミーノは兵士パパゲーノと共に敵国の総督ザラストロの城砦へと向かい、そこでパミーナを見つけた。二人はすぐに恋に落ちるが、タミーノはザラストロから試練を課せられる。

「ヘンリー五世」,「ハムレット」,「オセロー」,「から騒ぎ」,「恋の骨折り損」などシェークスピア映画のクリエーターであるケネス・ブラナー氏の演出ということでチェック。
ストーリーの軸は若い男女の恋物語だが、モーツァルトが会員だったフリーメイソンの教義や、ゾロアスター教の善悪二元論なども盛り込まれているようだ。第一次世界大戦下のヨーロッパを世界に設定し,モーツァルトが望んでやまなかった平和へ祈りが込められ,今日につながるところが凄い。ケネス・ブラナー監督は,沙翁だけでなく,モーツァルトの後継者かもしれないと思ってしまう。

|

« タロットカード殺人事件 | トップページ | ビューティ・クイーン・オブ・リナーン,キャスト変更 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>hitomiさま
マリアは,今,京都市内の単館上映ホールに行かないと見られませんので迷ってます。県立滋賀会館というクラシカルなシネマホールには,一般的に,2ヵ月後にきてくださいます。
同じ県営びわ湖ホールですが,座れるお席は,7階のビルの屋上から地上を見る感覚です。良いとされている2階でも大変遠いです。
この二極化は何なのでしょう。

投稿: とみ | 2007年12月13日 (木) 19時20分

>ぴかちゅうさま
摩訶不思議なファンタジーでした。確かにスカッとめでたしめでたしでないところはございましたが…。
年末年始のMET生中継に心惹かれますが,例年,大晦日は,アイーダやマンマ・ミーア等大阪四季劇場が定番でした。今年は30日が年内最終公演のようです。
MET,大晦日の予定として検討俎上に上がってきました。

投稿: とみ | 2007年12月13日 (木) 19時05分

おとみ様、びわ湖ホールの評判も聞いてはおりますが生のオペラなどもう何年も観ておりません。余裕無しです。12月の歌舞伎座も行けません。以前、観たものは上京するのでは新幹線代も高いので諦めます。

マリア、観ました。今の私にはとても慰められました。主演俳優が撮影当時16歳で妊娠していたのには驚きました。

投稿: hitomi | 2007年12月13日 (木) 06時46分

ジュリー・テイモア演出のMET上演をMETライブビューイングのアンコール上映が近くのシネコンで実験的にあったので観ました。すごくよかったのでその勢いでこの映画もと思ったのですが、戦場の場面を観るのが辛そうなので見送ってしまいました。ケネス・ブラナーの「恋の骨折り損」ってミュージカル映画なんですね。そっちを観ようと思います。
今年の大晦日は歌舞伎座でのMETライブビューイングに行ってみます。グノーの「ロメオとジュリエット」です。

投稿: ぴかちゅう | 2007年12月12日 (水) 22時54分

>hitomiさま
お財布が沈黙していますのでオペラまで,見られていません。びわ湖ホールで年数回絢爛豪華なグランドオペラが上演されていますので,幾度か最低ランクの席を狙って並んだ時期がありましたが,ことごとく惨敗し,今は様子見してます。
それにつけても,頼りになる近場のシネコン。マリアは今見ないとと思いながら,待ってしまうかも…。

投稿: とみ | 2007年12月12日 (水) 12時27分

評判版良かったので映画舘で鑑賞しました。ヨーロッパ戦線なのに、日本人の墓標があり、疑問でした。中国でドイツのすき狙って日本も参戦したけど。ブラナーの記事読んでもわかりません。日本贔屓?
オペラは大好きですが、映画ですとドアップになるソプラノがちょっとお気の毒のようでした。

投稿: hitomi | 2007年12月12日 (水) 07時27分

>ハヌルさま
はい,映画です。もう,単館上映も最終のところまで済んでしまっているでしょうから,DVDでご覧ください。全員がオペラ歌手でゲキシネではなく,映画用に撮影されていますから,演出が大胆です。
フリーメイスン映画ではないかという気がしました。
同氏のミュージカル映画「恋の骨折り損」にちょっとにてます。

投稿: とみ | 2007年12月10日 (月) 00時37分

とみさま、こんばんは。
あの~、これって…、映画?ですか?
モーツァルトのオペラの中で「魔笛」は、「フィガロの結婚」の
次に好きなので興味ありありです~。
調べてみます~、ありがとうございます♪ 

投稿: ハヌル | 2007年12月 9日 (日) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔笛:

« タロットカード殺人事件 | トップページ | ビューティ・クイーン・オブ・リナーン,キャスト変更 »