« 宝塚歌劇月組の大空さんが花組へ | トップページ | 茶々-天涯の貴妃- »

2007年12月27日 (木)

魍魎の匣

01697772魍魎の匣
原作/京極夏彦,監督/原田眞人
京極堂/堤真一,榎木津/阿部寛,関口/椎名桔平,木場/宮迫博之,敦子/田中麗奈,京極堂の妻/清水美沙,関口の妻/篠原涼子,元女優/黒木瞳,元軍医/柄本明,作家/宮藤勘九郎

京極堂シリーズ第2弾。
戦後の混乱期の東京で,猟奇殺人事件が発生し,少女の失踪事件との関連が取りざたされていた。そんななか,元大女優の娘で,莫大な遺産相続人となっている少女が失踪し,榎木津は娘の奪還を依頼される。一方,作家の関口は,京極堂の妹で記者の敦子と,信者の財産を巻き上げる怪しげな教団を追跡レポしていた。
一見脈絡のない事件に見えたが,マッドサイエンティスト,カストリ作家の影が全ての出来事に関わっていそうだ。そこで,京極堂の出番となる。

前作「姑獲鳥の夏」(by実相寺昭雄監督)は鑑賞したはずなのにエントリがない。あれは怖かったよ~。
どちらかといえば,物語よりレギュラーメンバーの摩訶不思議な人間関係や,軽妙でかみ合っていない会話が楽しみでシネコンに駆けつけた。他の作品に比べ,怨念や因果のおどろおどろしさが若干希薄なこの物語だが,なかなかどうして,事件も興味深く,映画らしい見せ場の連続だった。戦後の風景も叙情的で素敵。
本の厚さに負けそうな原作を2時間にまとめていただけるのは嬉しく,シリーズ化に期待したいところ。

|

« 宝塚歌劇月組の大空さんが花組へ | トップページ | 茶々-天涯の貴妃- »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魍魎の匣:

« 宝塚歌劇月組の大空さんが花組へ | トップページ | 茶々-天涯の貴妃- »