« 新派で鹿鳴館 | トップページ | 今度東京に行くときは,清泉女子大学を見学しょうっと »

2007年12月13日 (木)

今日は事始め

今年の京都検定3級にも出題された。
京都では,正月の行事は1月になってから始まるものではなく,年の暮れから取り掛かるものということで,宮中から庶民に広まった「事始め」の風習がある。
12月13日に,分家から本家へ,弟子から師匠へと,それぞれの名前を書いた鏡餅を持参し,祝儀を述ぺ,もらった方では,それを玄関にずらっと並べる習慣だ。転じて,日頃世話になっている方や仲人,親戚等へ,一年のお礼に贈るお歳暮も事始め頃から始めるとされている。
しかし,有名なのは,舞妓さんや芸妓さんがお師匠さんのお宅に挨拶回りをなさる日として知られている。お姿をカメラに収めようと,白川界隈や花見小路に,プロもアマも繰り出す(京都新聞ニュース)。

|

« 新派で鹿鳴館 | トップページ | 今度東京に行くときは,清泉女子大学を見学しょうっと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/17355696

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は事始め:

« 新派で鹿鳴館 | トップページ | 今度東京に行くときは,清泉女子大学を見学しょうっと »