« 文吾さん他11月文楽公演休演情報 | トップページ | 文楽11月公演第2部 »

2007年11月 4日 (日)

紅葉山模様の昭和レトロの着物で国立文楽劇場へ

紅葉山模様の昭和レトロの着物
初日は,11月限定,昭和レトロ紅葉山柄の着物で国立文楽劇場に出かけた。
昼の部は,近江源氏先陣館・和田兵衛上使の段,盛綱陣屋の段,夜の部は,源平布引滝・音羽山の段,松波琵琶の段,紅葉山の段である。間違いなく季節はずれは曾根崎心中くらいだ。

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽

|

« 文吾さん他11月文楽公演休演情報 | トップページ | 文楽11月公演第2部 »

文楽」カテゴリの記事

コメント

>ムンパリさま
写真よりオレンジがきつく,全山燃えあがっています。帯は黒です。今公演は紅葉を燃やす場面が二度あり,前方席は煙いです。

投稿: とみ | 2007年11月 5日 (月) 23時25分

とみさま。素敵ですねえ〜!
この写真からとみさま全身像を構成(笑)・想像し楽しませて頂きましたよ。帯は何色なんでしょう?
今週末、私もそちらへ。文楽のエントリーも拝読し、ますます楽しみになってきました。

投稿: ムンパリ | 2007年11月 5日 (月) 12時48分

>noppyさま
幾何学模様ですから,かなり厳しくレトロ。しかも,ウールのアンサンブルで,昭和一桁の風情。玉男師匠が生きられた時代です。ばっちりお目々のぽってりリップ,6頭身くらいの美人に似合いそうです。

投稿: とみ | 2007年11月 4日 (日) 21時13分

なんともいえない風情の、レトロでなおかつハイカラな感もある
素敵な柄ですねー
先日500万円で!?購入されていたバッグも合わせたのかしら...
京都っていいっすね☆
ワタシも今月は着物を着たいなーと思ってマス。

投稿: noppy | 2007年11月 4日 (日) 18時33分

>藤十郎さま
清二郎さん,力強くリズミカルな撥捌き。懐深く謎めいた行綱と可愛らしい小桜ちゃんでした。同じ声で語られるのですから大夫さんは凄い。綱大夫さんは絶好調のようでした。

投稿: とみ | 2007年11月 4日 (日) 00時05分

センスのいいお召し物はおとみさんならでは。少しでも見習いたいです。
ご感想がアップされるのを期待しております。

投稿: 藤十郎 | 2007年11月 3日 (土) 23時41分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉山模様の昭和レトロの着物で国立文楽劇場へ:

« 文吾さん他11月文楽公演休演情報 | トップページ | 文楽11月公演第2部 »