« 芸術祭十月大歌舞伎大和屋編2 | トップページ | 文吾さん他11月文楽公演休演情報 »

2007年11月 3日 (土)

生玉神社境内のマンカス

Nec_0693
国立文楽劇場で曽根崎心中を観劇する前に,生玉神社で,ヒューマンウオッチング。
今頃,福井さんはどこでどうしてござろうぞ。なぜかアメショが…。
福井さんが気になって,全ての猫がアメショに見えるかとわが目を疑ったが,アメショだった。
それにしても,天長節は,どうしていつもこんな美しい小春日和なんでしょう。冬の来る前の,秋の最後の華々しい一日。菊の匂い。朝の済んだ乾いた空気。

|

« 芸術祭十月大歌舞伎大和屋編2 | トップページ | 文吾さん他11月文楽公演休演情報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/16961389

この記事へのトラックバック一覧です: 生玉神社境内のマンカス:

« 芸術祭十月大歌舞伎大和屋編2 | トップページ | 文吾さん他11月文楽公演休演情報 »