« 大津祭は今夜が宵宮 | トップページ | 有松の秋祭 »

2007年10月 7日 (日)

ゲキ×シネ「朧の森に棲む鬼」初日

京都はイベントなし。全国一斉公開が嬉しく、初日に駆け付けた。インターミッション15分、染五郎丈のアナウンス付きで3時間半。ライブでも疾走感あったが、映像は更に速く感じる。
これを言わずにいられない!阿部さん!良かったと記憶しているが、惚れ直し、ぶっちぎり薙ぎ倒し無敵の格好良さ。どこから撮っても死角なし。
染五郎丈はメイク変えてからCGアニメのヒーローような造形美があって素敵。
初心者、DVD不買の不心得顧客ゆえ、歌詞も台詞も全部クリアーになるのが不思議だ。分からなくてもエエけど劇場の音響の課題か。

|

« 大津祭は今夜が宵宮 | トップページ | 有松の秋祭 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>ハヌルさま
台詞を聴いて凝りに凝った趣向ということを改めて感じました。笑いの部分が少なめ,短めでしたが,こうやってどんどん洗練されてゆくのでしょう。
あと引きますぅ~。

投稿: とみ | 2007年10月 8日 (月) 22時44分

とみさま、大阪もイベントなし(苦笑)
ごめんなさい、初日に行かずで・・・。
舞台挨拶があるとかなり盛り上がるでしょうね~。
とみさまはサダヲさんですか、私はプーさん、いや、マダレ、
いや、古田新太!でした。
観たのが今年の2月ですよ、で、ゲキxシネでまた新しいものを
観るかのようにワクワクして、やっぱりええなあ~と思えるなんて、
ここまで引きずってもう凄いことです、これは。

投稿: ハヌル | 2007年10月 8日 (月) 20時32分

>ムンパリさま
コメントありがとうございました。
娯楽の新地平を開いて頂けるとすんごい期待してます。CGアニメとライブは相反するようですが,最新鋭のアーティストたちの手によって,わくわくするような作品になって欲しいです。
実はお家帰って阿修羅城(映画版)見て,あれこれ思ってしまいました。

投稿: とみ | 2007年10月 8日 (月) 14時30分

とみさま。
ご多分にもれず私も初日組です。これもお祭りですものね!
染さまライの美しさを再認識し、サダヲちゃんキンタの切なさをあらためて噛みしめた日でした。ゲキ×シネはゲキ×シネで、ナマとはまた違った味わい方ができるのがイイですね。
音響に関しては劇場によって差があるように思います。とみさまのご指摘は製作側の技術的な問題かもしれませんね。

投稿: ムンパリ | 2007年10月 8日 (月) 12時20分

>麗さま
ファン気質まっしぐら。マチソワ撃破おめでとうございます。
東西で同日に封切りというのがうれしいですね。
もっと加工とエフェクトかけまくりと妄想してましたが,意外に中継でした。
良質なお芝居を提供頂けているのには,DVDや映像の売上も寄与しているでしょう。多くの人を誘ってみます。

投稿: とみ | 2007年10月 8日 (月) 09時30分

いよいよ始まりましたね♪
身近な映画館で、舞台の興奮を味わえるこのゲキXシネ。
実際に舞台を観ていない人にも、受け入れられて、
どんどん広まってくれたら嬉しいですね。

舞台挨拶の様子を拙いレポにまとめました。
TBさせて頂きますね♪

投稿: | 2007年10月 7日 (日) 23時02分

>スキップさま
中島かずきさんならではのよい台詞が楽しめました。水、汗、血潮など飛びものは、ライブに及ぶべくもありませんが、リピートしない我慢のよいこには、ゲキシネは嬉しいおまけのようなもの。研辰も気長に待ちます。

投稿: とみ | 2007年10月 7日 (日) 20時55分

とみさま
大阪で初日に観ました。
こうして東で西で同じ日に観られるというのは
全国一斉公開ならではですね。
阿部さんキンタ、目が見えなくなってからの
動きや殺陣のすばらしさはもちろん、前半の
ライを見つめる表情にも愛を感じました。

投稿: スキップ | 2007年10月 7日 (日) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲキ×シネ「朧の森に棲む鬼」初日:

» 『朧の森に棲む鬼』@ゲキxシネ舞台挨拶 [ARAIA -クローゼットより愛をこめて-]
待ちに待った「朧」のゲキxシネ! 公開初日の本日、行ってきましたー! しかも今日は市川染五郎さんの舞台挨拶付って事で、先週GETしたチケットを握り締め行ってきました。(笑) ... [続きを読む]

受信: 2007年10月 7日 (日) 22時55分

« 大津祭は今夜が宵宮 | トップページ | 有松の秋祭 »