« 吉例顔見世大歌舞伎の予告看板・チラシもあり | トップページ | 今年も京都きものパスポートが始まるヨ。 »

2007年9月24日 (月)

ウエストサイド物語・浄書

23日マチネ,バルコニー席で観劇した。
この日のキャストは以下のとおり。トニー,エ二イ・ボディズ,影ソロが,初日と変更になっている。
ジェット団
リフ/松島勇気         グラジェラ/高倉恵美         
トニー/鈴木涼太        ヴェルマ/恒川愛
アクション/西尾健治      クラリス/駅田郁美
A-ラブ/大塚道人        ポーリン/ソンインミ         
ベイビー・ジョーン/厂原時也 ミニー/荒木舞
スノーボーイ/岩崎晋也     エニイ・ボディズ/磯津ひろみ
ビッグ・ディール/萩原隆匡
ディーゼル/朱涛
ジーター/青羽剛
シャーク
マリア/笠松はる        ベルナルド/加藤敬二
アニタ/樋口麻美        チノ/中村匠
ロザリア:鈴木由佳乃      ペペ/水原俊
コンスェーロ/加藤久美子   インディオ/神谷凌
テレシタ/泉春花        アンクシャス/徳永義満
フランシスカ/大口朋子     ファノ/内御堂真
エステラ/榊原央絵       ニブルス:横山清崇
マルガリータ/室井優
大人たち
ドッグ/立岡晃          シュランク/山口嘉三(劇団昴)
クラプキ/牧野公昭       グラッド・ハンド/青羽剛

ソプラノ・ソロ:久保田彩佳   コンダクター/河合尚市
↓鈴木さんのトニーに肩入れしています。よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

ダンスは,振付家自らご出演とあって,緊迫感が走り素晴らしい仕上がり。ダンス上手を揃えているにもかかわらず,切れ味,ナイフ使い,何一つとっても加藤敬一さんがぶっちぎりの格好良さ。稽古場で振付家について踊っているように見えるモンダイを早急に解決して欲しい。余力が出てきたところで,演劇として,笑いを取る台詞では,観客を笑わせることが出来るよう,舞台上で笑顔を…。
ジェット団のリフ&グラジェラの踊りも視線釘付けの美しさだ。
マリアの笠松さんは,歌は安心して聴けるのと,マリアらしいあか抜けなさでマル。で,物語を引っ張っておられるのはアニタの樋口麻美さん。迫力ある歌とダンス,確かな人物像の解釈で,パーフェクトな女優さんである存在を示された。

以下,鈴木さんのトニーに肩入れすることになるがご容赦を…。
鈴木さんは,黒目勝ちの丸い目,狭いめの額,薄い肩,細い手足と,遠目でも若者らしい清潔さが光る。洗いざらしの白のポロシャツとジーンズがお似合い。マンマ・ミーアのスカイや,オペラ座の怪人のラウルなど,得難い清潔感のある若者役者として,気を吐いておられる。
周りが書き込まれ目立つなかで,主演が凹む難しい辛抱立ち役のトニーを,好感の持てる人物として演じられるのは鈴木さんしかないと,発表のときから力入っていたが,とうとう,初の主演を射止められた。
トニーは最初に2度難関が来る。Something's Commingは,アレグロ3/4拍子と2/4拍子の変拍子が交錯する難曲。笑顔とキラキラアイズで一応突破。Mariaは,4/4拍子から2/2拍子に変化し,その名を呼び歌い上げる名曲中の名曲。最高音はピアニッシモで終わるので,騙し騙し終了。恋に震える若者らしいので許容。ホッ,後は心配ない。
トニーとリフが相性良さそうな組み合わせは大事と思われる。ベルナルドは孤独が似合う俳優さんが良いし…。ロングラン後,京都に来て欲しいナ。

|

« 吉例顔見世大歌舞伎の予告看板・チラシもあり | トップページ | 今年も京都きものパスポートが始まるヨ。 »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

>どら猫さま
>あの素晴らしい笑顔とダンスが見たい!!
ほれぼれする格好良さ,CGみたいにビシッと揃ったダンス。気迫と緊迫感。何もかも際立っておられました。
加藤さんが他の舞台や新演出のお仕事にかかられたときが転機となるでしょう。

投稿: とみ | 2007年9月26日 (水) 20時24分

敬二さんがベルナルド!! 見たかったよぉぉ。最近はあまり拝見してないなぁ。あの素晴らしい笑顔とダンスが見たい!!

投稿: どら猫 | 2007年9月26日 (水) 01時01分

>hitomiさま
コメントありがとうございます。おみ足のライン,指先まで行き届いたマジシャンのような動き。元々,シャークスは,ベルナルド以外書き込みが少ないですから,ワンマンチームに見えてしまいます。チームの結束や舞台の外の苦しい日常生活の匂いが加わるよう,皆様に見守っていただきたいです。
実は,あらためて,宝塚月組公演のときに感じた演劇的カタルシスを思い出し,尊敬の思いを新たにしました。かつて組毎に維持していた伝統と個性を継承している唯一の組になってしまいました。恐るべし。

投稿: とみ | 2007年9月25日 (火) 12時58分

加藤さんがベルナルドですか。コレは早まったです。4人ぐらいしか存知あげません。隔世の感ありです。キャスト知りたかったです。ご紹介ありがとうございました。
次回、恵ぐまれましたら。

投稿: hitomi | 2007年9月24日 (月) 22時31分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウエストサイド物語・浄書:

« 吉例顔見世大歌舞伎の予告看板・チラシもあり | トップページ | 今年も京都きものパスポートが始まるヨ。 »