« 蝉しぐれ・大阪松竹座15日マチネ | トップページ | 「エレンディラ」16日マチネ »

2007年9月16日 (日)

宝塚雪組公演『星影の人』,『Joyful!! II』初日ソワレ

梅田芸術劇場で,雪組公演全国ツアー「星影の人」&「Joyfull!!Ⅱ」15日ソワレを観劇した。この演目は,2月の中日劇場公演の際,水夏希さんと白羽ゆりさんのために選ばれた往年の名作と,雪組の財産のショーだ。あれから半年,人気作品「エリザベート」を成功させ,より優しさを増した水さんと,美しさに確信が備わった白羽さんの大阪凱旋&壮行公演となる。

ミュージカルロマン『星影の人』-沖田総司・まぼろしの青春-
作/柴田侑宏,演出/尾上菊之丞
新撰組隊士・沖田総司と,祇園の芸妓・玉勇は,それぞれの使命に折り合いをつけながら,心を通わせていた。しかし,池田屋騒動が勃発した頃から,総司は病を得,余命2年と知るところとなる。土方の苦悩,山南の切腹,桂との邂逅と,懸命に生きる若者たちに,急転する時代は,苛酷な運命を強いる。主人公カップルの美しい心根だけでなく,二人をとりまく人々,それぞれの物語も散りばめられ,青春群像劇としても香気あるものとなっている。
水さんは,心配りができる謙虚な努力家という麗質が隠しきれないところが,ワタクシメがファンをさせて頂いている理由だが, この作品では,周囲まで明るくしてしまう底抜けの明るさが,沖田総司役者としての適性にぴったりと嬉しくなる。お声も表情も明るい。
白羽さんは,美にパワーが備わり,向かうところ敵なし。扇を落としたのはエリザ後遺症?

音月さんの土方は,深いお声が,泣きの入る哀切な平尾メロディにフィットするだけでなく,組を束ねる副長のものだ。デンジャラス感を加味し,戻ってきていただけることだろう。
ぼろぼろのお衣装で潜伏する桂さんを演じた柊さんも剛毅でマル。
煌めく青春の輝きと痛ましい死との対比が残酷すぎて,心弱いワタクシは,イマイチのめりこむことができないが,「今夜の私は強いですよ。」,「よかった。沖田はんより先に死ねて…。二年たって独りになってしもうたら,どないしょ思うてましたんや。」などの名台詞は聴かせていただける。大劇場で,フルメンバーの隊士や芸妓を揃え,盆フル回転で尾上菊之丞さんに腕をふるっていただきたいところ。
↓水夏希さんにのめりこんでしまいました。よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

ダンシング・レビュー『Joyfull!II』
作・演出/藤井大介
雪組のショーといえば,Joyfull!!名古屋とほぼ同じ場面構成だ。ダンスに益々パワーと切れ味が鋭くなる。クレージーフォーユーのベースの踊りを彷彿とさせる4本の弦の女との絡みが好み。
ダンス対決の相手が彩吹さんから音月さんに変わったことで,少しウエットに…。
このショーの楽しさの一つが,主演もラインダンスに参加というところ。これも押さえどころ。

地方公演の楽しみが,ご当地ジェンヌの紹介と舞台挨拶。大阪府ご出身が意外に少ないのに驚く。連休は大阪に留まり,連休明けからご出発。いってらっしゃ~い。
と,いうことは,雪組を今度拝見するのはお正月。あー,見られて良かった。

|

« 蝉しぐれ・大阪松竹座15日マチネ | トップページ | 「エレンディラ」16日マチネ »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

>rikaさま
細かい修正はあります。全体に簡素化&スピードアップしたような印象を受けましたが,実はトータル時間は変更ありませんでした。主題に係る大変更は,玉勇さんが斬られるシーンで総司が血を吐いて倒れているのが,お元気だったことです。
なんでや~と痛ましさが益しました。
そういえば,大河ドラマでの総司の最期もなんでや~でした。
六段目と同じで,気の弱いワタクシメは覚悟してのぞみました。

投稿: とみ | 2007年9月19日 (水) 12時43分

とみさん、こちらにもお邪魔します・・・。

この公演、行きたかった~~~(T_T)
中日からどのようにかわったのかとても興味がありました。
大劇場で「星影の人」・・・・・。ええですねえ~~。
そんなんなったら通いますよ~~。
あ~~名台詞の数々をもう1回聞きた~~い!!

投稿: rika | 2007年9月19日 (水) 01時02分

>スキップさま
ゆうてくらはったら,万難廃してサルベージにいきますのにぃ…。ヨヨヨ…。
星影は,京言葉なので,心が休まらないという京都人独特の居心地の悪さがありますが,そんなん置いといて…。
「なんや,のめりこんでしまいそうどす。」
のめりこみました!
初心者ですが,柴田&尾上組の青春編は星影です。10回ご覧というのが青春ですね。
水さんは,存在そのものが光輝く,麻見れいさんや紫吹淳さんとは異なり,努力と精進により男役の理想を構築なさる方です。あと2年と言わず,ずっと応援したいです。

投稿: とみ | 2007年9月18日 (火) 12時57分

とみさま
観たかったんです、この公演。
9月16日のチケットを取っていたのですが、やむにやまれぬ事情があって行けませんでした(あーもったいな)。
「星影の人」初演のころ、私は汀夏子さんにトチ狂っていましたので、たぶん10回くらい観たと思います。「今夜の私は強いですよ。」というセリフ、とみさんの文字を追いながらジュンコさんの声が聞こえてきましたよ。
水夏希さんは何かとご縁が薄くて、トップになられてからまだ舞台を拝見していません。次はお正月ですか・・・もういくつ寝ると・・待ち遠しいですね。

投稿: スキップ | 2007年9月18日 (火) 00時40分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚雪組公演『星影の人』,『Joyful!! II』初日ソワレ:

« 蝉しぐれ・大阪松竹座15日マチネ | トップページ | 「エレンディラ」16日マチネ »