« エメラルドシティはこんなところ | トップページ | 芸術祭十月大歌舞伎は牡丹灯籠 »

2007年8月11日 (土)

築地本願寺と築地界わい

Nec_0853
伊東忠太設計の築地本願寺。エキゾチックな仏教寺院を彷彿とさせるたたずまいは、暑さも手伝って日本であることを忘れる。
築地では、朝から豪華まぐろ丼をいただこう。

|

« エメラルドシティはこんなところ | トップページ | 芸術祭十月大歌舞伎は牡丹灯籠 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

>つどいさま
ここは炎天下、西日を受けて輝く雄姿を拝むのが似合います。そういえば京都の本願寺は東向きです。なんでやろ。
一駅でも地下鉄に乗りましょう。

投稿: とみ | 2007年8月18日 (土) 15時06分

伊東忠太は,阪急旧梅田駅の設計もしていますね.
造家学科を建築学科と改名したのも,伊東先生です.
おそらく,この改名がなければ日本の建築界は全然異なった人材が集まることになったことでしょう.

言の葉は大切ですね.

さて,歌舞伎座から築地本願寺まで歩いても意外に近いのには驚いた関西人の私です.

投稿: つどい | 2007年8月18日 (土) 11時00分

>noppyさま
築地は鮪丼です。テイクアウト不能の鮮度とボリューム。
寺院の中は伊東の凝った意匠の装飾が西方浄土への憧憬をかきたててくれます。ぜひお寄りください。
短い時間に立ち寄るだけでも,強烈な地霊があれば感じることは可能です。

投稿: とみ | 2007年8月17日 (金) 08時38分

こんばんわー
ほんとに色々行かれましたのね。
わたくしの知らない東京がいっぱいで新鮮です!
築地本願寺って外からちらっと見たことがあるだけなのですが
中には入れるのかしら...
あと、汐留がこんなことになっているとは全く知りませんでした。
うーん灯台もと暗し的な?
(まあ自分、浜っ子なんですけどネ)

投稿: noppy | 2007年8月17日 (金) 01時42分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 築地本願寺と築地界わい:

« エメラルドシティはこんなところ | トップページ | 芸術祭十月大歌舞伎は牡丹灯籠 »