« 宝塚音楽学校の生徒さんは阪急電車に一礼をなさいます。 | トップページ | 宝塚月組公演「MAHOROBA」&「マジシャンの憂鬱」 »

2007年8月28日 (火)

移情閣・孫文記念館

Nec_0816
26日は,舞子駅で下車し,舞子浜に移築された明石海峡大橋の袂にある孫中山記念館・移情閣に立ち寄った。
現存する国内最古のコンクリートブロック建造物で,重要文化財に指定されている。
建物は正八角形の三階建てで八方に窓があり,それぞれの窓からは六甲山,大阪湾,紀州,淡路島,瀬戸内海,播磨など様々な風景を見ることができ,それぞれ異なった趣を持っていることから移情閣と呼ばれるようになったとか。これに,海峡大橋の眺めが加わり絶景だ。
元は,神戸で活躍していた華僑の貿易商の別荘「松海別荘」の一部で,中国革命の父と仰がれる孫文(孫中山)を支援し,1913年(大正2年)に孫文が来日したときには移情閣へ招いて歓迎会を開きました。
今は,孫文を顕彰し,日本とのゆかりを示す記念館として公開されている。

P1010218 明石海峡大橋
-兵庫県神戸市垂水区~明石海峡~兵庫県津名郡淡路町松帆・本州と淡路島・四国を結ぶ世界一の吊り橋 -

|

« 宝塚音楽学校の生徒さんは阪急電車に一礼をなさいます。 | トップページ | 宝塚月組公演「MAHOROBA」&「マジシャンの憂鬱」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

>スキップさま
そうです。びわ湖は音がないです。波も無いので光りませんし…。気晴らしポイントは、水面を南に見るか北に見るかの違いも大きいです。
急ぎの旅ばかりで、この日もレストランはパス。せめてたこ焼きなりと食したらよかった。

投稿: とみ | 2007年9月 5日 (水) 23時02分

とみさま
私の方こそ、すぐ近くまで行ったのにこんなステキなところを見逃していたとは口惜しい限りです。正八角形で三階建なんて、珍しくて、かわいい建物ですね。八方に窓というのもナイス!
観劇もそうなのですが、下調べせずに行き当たりばったりの性分を、いいかげんどないぞせんとあきませんな。

投稿: スキップ | 2007年9月 5日 (水) 03時00分

>悠さま
ワタクシは移築後は初めてです。装飾的な唐革紙やタイルが美しいのに驚きました。亡命の革命家と支援なさる華僑の富豪と歴史の波に思い至ります。塩屋の洋館群、見残しました。
さて、舞子、須磨は、謡曲関連の史蹟も豊富。この日は松風村雨堂だけでしたが、。玄象,須磨源氏,敦盛,忠度。少し戻って知章,えびらなどが心残りなので出なおしてみます。そういえば地元は、巴、竹生島、蝉丸、関寺小町などありました。

投稿: とみ | 2007年8月28日 (火) 23時02分

たしか、一昨年だっけかに、行きました。中国の留学生も多数日本にきてたんですよね、明治以降。誰かの結婚式に参加するため、前日から、舞子駅近辺にとまって、朝散歩したんです。

投稿: 悠 | 2007年8月28日 (火) 21時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移情閣・孫文記念館:

« 宝塚音楽学校の生徒さんは阪急電車に一礼をなさいます。 | トップページ | 宝塚月組公演「MAHOROBA」&「マジシャンの憂鬱」 »