« 船弁慶の舞台(BlogPet) | トップページ | 本日のマイ予定は,犬顔と仁左さま »

2007年7月12日 (木)

WiCKED7月7日マチネのメモメモ

グリンダ/沼尾みゆき,エルファバ/濱田めぐみ
ネッサローズ/小粥真由美,マダム・モリブル/森以鶴美
フィエロ/李涛,ボック/金田暢彦
ディラモンド教授/武見龍磨,オズの魔法使い/松下武史
待ちに待ったウィキッドの初見,ワタクシ的には四季劇場海も初見参。
USJでダイジェスト版を拝見したときから,エルファバは濱田さんしかないと確信していたが,パワフルな歌唱,激しい感情表現,難しい拵えもこのうえなくお似合い。沼尾さんには楽曲が簡単すぎるかと思っていたが,ポップなナンバーもキュートに歌っておられ,よく通る明るい声がグリンダらしさ満開。ヴィジュアルも申し分なし。
李さんのフィエロは,キラキラアイズと切れ味の良い身のこなし,韓国学園ドラマのモテモテアイドルのような爽やかさ。ものを考えないまっすぐな行動原理がマル。

にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

初見のため,わー楽しい,おー凄い凄い,キレイで,細部まで見切れていない。で,学習しておかなければならないチェックポイントがたくさんある。
1 オズの魔法使いの物語を,ミュージカル映画で予習するとより楽しめるが,繋がったようで新たな疑問も生じている。謎だらけだ。
2 悲しすぎて,もう二度とオズの魔法使いは見られない(/_;)。ご覧になるなら,観劇前に見るべし。号泣したいときには使える。
3 L.K.とエビータのパロディがうけていた。アイーダのパロディはあったのか。
4 珠玉のナンバーだが,曲のリプライズや伏線,一度では構成を聞き切れなかった。
5 老若男女楽しめるミュージカルと銘打っているが,少女&元少女向き。

早々に再見したい!アイーダを減らせば可能かと思われるが…。そ,それは…。

|

« 船弁慶の舞台(BlogPet) | トップページ | 本日のマイ予定は,犬顔と仁左さま »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WiCKED7月7日マチネのメモメモ:

« 船弁慶の舞台(BlogPet) | トップページ | 本日のマイ予定は,犬顔と仁左さま »