« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月30日 (月)

今夜の石坂線はお化け屋敷列車

今夜の石坂線はお化け屋敷列車
ときどき、幼稚園のプレイルーム風デコレーショントレインとなる。いじらしくほのぼのしていて、心和む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

アイーダ28日ソワレ

Nec_0234メインキャストは,アイーダ秋さん,アムネリス五東さん,ラダメス福井さん,飯野さんゾーザー。
懸念されていた福井さんのオヤ○ぶりと,武骨度は全くの杞憂で,ミュージカルスターとしての存在を見せ付けていただけるものだった。ソロナンバー“ラダメスの手紙”も申し分ないが,アイーダとのデュエット“迷いつつ”,“星のさだめ”,父との対決“この父にしてこの子あり”になると声量と高音ののびで,物語をリード。トリオ“どうしたらいい”に至っては鳥肌もの。
“勝利ほほえむ”だけは,完璧容姿と演技の阿久津さんからのビハインドは否めないが,~忘れてしまえばつらさは消える〜。
また,諸肌脱ぎの劣勢をどう解決するか!
撫で肩と発達した背筋は,見慣れれば野球選手らしく立派なものだ。

にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

続きを読む "アイーダ28日ソワレ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

宝塚花組公演「あさきゆめみしⅡ」

070518asakiposter梅田芸術劇場で上演された「あさきゆめみしⅡ」について…。何とか見ることができた。
2000年春,愛華みれさん,大鳥れいさん主演で,大和和紀さん作の「あさきゆめみし」を原作に上演されたレビューがリニューアルされた。美しい歌詞と,哀切で流麗なメロディライン,和風トート閣下の刻の霊(ときのすだま)という新機軸。完璧な美貌とはまりキャラ揃いの2000年花組公演だった。このとき,刻の霊で人気を博した春野さんが,今年は主演の源氏の大臣を演じた。
出演は,春野寿美礼さん(光源氏),桜乃彩音さん(紫の上,藤壺中宮),真飛聖さん(刻の霊),壮一帆さん(頭の中将)他。

期待の理由は,世界に誇る最高傑作の源氏物語に,多くの女性の共感を得た大和さんの脚色(女主人公を紫の上と設定)と詩,女性の娯楽の王道・宝塚歌劇団が制作。宇治十帖を除き,レビューならではのイッキ上演というのも類がない。これだけ面白くて当たり前が整って,駄作なら阿呆である。

にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

続きを読む "宝塚花組公演「あさきゆめみしⅡ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

犬顔家の一族の陰謀~金田真一耕助之介の事件です。ノート

14日(土)マチネ,プレビュー公演を観劇。
どーしても最初に見たかった!
劇団☆新感線2007年夏休みチャンピオン祭り
作・演出:いのうえひでのり
犬顔家の一族の陰謀~金田真一耕助之介の事件です。ノート
キャスト
金田真一耕助之介/宮藤官九郎
犬顔家の一族
橋本じゅん
木野花,村木よし子,礒野慎吾
高田聖子,古田新太河野まさと,保坂エマ
山本カナコ,池田成志,右近健一,中谷さとみ
野見山玉男/勝地涼
粟館弁護士/粟根まこと,糠橋・保地田/インディ高橋
小松巡査/小松和重,敗地大五郎/逆木圭一郎,不土木刑事/村木仁
吉田先輩/吉田メタル,黒井/川原正嗣,猿兵衛/前田悟
ニュースキャスター/池田鉄洋

カテゴリーとしては,ひたすら笑いを追求する☆新感線のネタものである。轟天シリーズ,踊れいんど屋敷,レッツゴー!忍法帳,花の紅天狗の路線だ。凝りに凝った脚本,選び抜かれたキャスト,ド肝を抜く装置とも衣装ともつかない拵え,命懸けのファイティングと,おおよそ現代演劇の技術の最高水準を駆使した,観客に対する笑いの果たし状である。

えーと,世界は,お馴染み横溝正史作・犬神家の一族。主演・金田真一耕助之介(かねだしんいちこうずけのすけ)は,脚本も書くという(爆)宮藤官九郎さん。パロディに,名作ミュージカル,大ヒット映画,人気TVキャラなどが,高水準の歌,踊り,装置,衣装で登場する。これが長くてくどくて,とことん疲れるまで笑わせてくださる。
にほんブログ村 トラコミュ 演劇へ
演劇

続きを読む "犬顔家の一族の陰謀~金田真一耕助之介の事件です。ノート"

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2007年7月25日 (水)

綱大夫さんの人間国宝推挙を祝して獅子丸が一句

150531ブログペットの獅子丸が,綱大夫さんの人間国宝推挙を祝して,昨日一句詠んだので,記念にエントリにしておく。
先頃,機能強化されたことなどから,実はPOCを退会し,ヒラ会員に格下げしたが,なぜか公式短冊を活用し,俳句を詠み続けている。情の語りの綱ファンとは,それでこそうちの子や。

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

国立文楽劇場・鎌倉三代記,伊勢音頭恋寝刃他

Nec_0233_12日目の22日(日)第2部は,ほぼ満席。鎌倉三代記は,入墨の段からの上演だ。絹川村の段だけでも休憩無しの2時間。鎌倉三代記の全貌が分かりすんごいお値打ち。歌舞伎で頻繁に上演されるのは絹川村の後半なので,いきなり主人公らしき人物が井戸から出てきて仕切るのが不思議だった。
情とパワーの綱大夫さんの語りはさすがだが,むしろ,清二郎さんの方がばりばりに気合い入っておられた。
釣女の芯は清治さん。慎重に華やかに…。清志郎さんも力演。文雀さんがおわしませばと思わずにはいられないが,和生さんのらぶりーな醜女が人気をさらっておられた。

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽

続きを読む "国立文楽劇場・鎌倉三代記,伊勢音頭恋寝刃他"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

綱大夫さん,清治さんが人間国宝に-文化審議会答申

今朝の朝刊に載ってるしほんまや!

文化審議会・答申文化審議会(石沢良昭会長)は20日,以下の7人を重要無形文化財の保持者(人間国宝)に認定するよう伊吹文部科学相に答申した。
狂言の野村万作さん(76),宮薗節(みやぞのぶし)浄瑠璃の宮薗千碌(せんろく)さん(62),青磁(せいじ)の中島宏さん(65),文楽大夫の竹本綱大夫さん(75),文楽三味線の鶴沢清治さん(61),長唄の杵屋巳太郎さん(69),友禅の森口邦彦さん(66)。

おめでとうございます。これで,三業にお二方ずつの人間国宝が揃い,益々華やかになる。

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

文楽「鎌倉三第記」の時姫&高綱が大阪城を訪問,文雀さん休演

21日開幕の国立文楽劇場夏休み文楽公演関連記事が,公式ページに,綺麗なお写真とともに掲載されている。
7月4日,夏休み文楽特別公演に先立ち,「鎌倉三代記」の佐々木高綱・北条時姫ゆかりの大阪城を訪問。大阪城2階展示室で,真田幸村などの武将の兜を見学し,大阪城天守閣をバックに記念撮影。玉女さん決まってる。
残念な,ニュースも同時に…。
文雀さんがご休演で,和生さんが代役のようだ。暑い盛り,お体をいとうて頂き,秋にはまた,覚寿で,至芸を拝見したいもの。

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

塩野七生氏のチェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷

ワタクシは,塩野七生氏の作品を全部拝読しているシオ二ストである。熱で動けないときに相応しい作品はこれ。
ルネッサンス期,群雄割拠のイタリア統一の野望を抱いた慢れる若者の,束の間の栄光と急転の凋落の物語だ。
権謀と毒殺により法王の座に就いたと悪名高いアレッサンドロ6世の庶子・チェーザレは,枢機卿の緋衣を脱ぎ捨て,教会軍総司令官として,僣主に支配される小国家を侵略し続ける。
弟も妹も権勢欲の犠牲にした。ボルジア家の家訓の手段を選ばない冷酷無比な策謀術と,怜悧な布石は,反対勢力に対し,完璧かに思われた。リスクマネジメントとして,父の死は元より想定内だ。しかし,想定外の事態が…。
父の死に際し,自らもマラリアに痢患し,生死の境を彷徨う。

続きを読む "塩野七生氏のチェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷"

| | コメント (10) | トラックバック (1)

大阪松竹座・仁左さまの「女殺油地獄」

14日の夜,仁左さまの与兵衛を拝見した。
小振りの劇場内に,割れんばかりの拍手と,津波のような松嶋屋!の連呼。尋常でないテンションの高さに,前のめりになる。
歌舞伎は初心者。久々,開き直りおとみの所感だ。

1964年(昭和39年),上方歌舞伎の継続を目指して,十三世の旗揚げした「仁左衛門歌舞伎」で「女殺油地獄」の与兵衛を初役で演じ,大阪に孝夫ありといわれるほどの出世芸となる。その後,先行きの見えない上方での興行に見切りを付け,新天地を求め,与兵衛を引っさげて上京。悪くて素敵な奴の路線で大ブレイク。与兵衛は仁左さまが,60年代の寵児となった当たり役というだけでなく,女殺油地獄をリアルタイムの演劇として世にぶつけ,人気狂言のひとつにしたものだった。
市川海老蔵丈が,2日から12日まで,初役で務めておられた。

河内屋与兵衛/仁左衛門(代役)
豊嶋屋女房お吉/孝太郎,豊嶋屋七左衛門/愛之助
芸者小菊/宗之助,小姓頭小栗八弥/薪車,山本森右衛門/市蔵
与兵衛妹おかち/壱太郎,与兵衛兄太兵衛/家橘
与兵衛母おさわ/竹三郎,河内屋徳兵衛/歌六

序幕,ちゃらんぽらん,ちゃらんぽらんという音のしそうな,与兵衛の登場。これやこれや。
刹那主義,単細胞,腰抜け,口から出任せ,そのくせ根拠のないプライドの高さで直ぐキレる。しかられては逆ギレ。依存心は人一倍。徳庵堤では,小菊ラブ~で,お吉は意識の外。しかし,卑怯さを感じさせてはいけないと納得。
孝太郎丈のお吉は,体格,芸風,技術,どれをとっても,当代一,愛之助丈の豊島屋も大坂らしいエエ味(大阪の子はあんただけかいな。良いように目立ってたでぇ)。

河内屋内の場は,家庭内悲劇。気丈なごりょんさん(実母),篤実なだんさん(義父),そつの無いあにぼんさん(兄),いじらしいいとさん(異父妹)。まー,こーゆー周りがまともすぎる家庭では,真ん中のこぼんちゃんは,大概でけそこないはりますなあ。外では這いつくばっていても,家庭内なら,暴力では大将。歯止めがきかなくなるタイプであることをインプット。卑怯というより,身についた病理に近い攻撃性を醸しだし…。
いつもながら,竹三郎丈のごりょんさんの確かさに心打たれる。

豊島屋油店の場。いよいよ「不義になって貸してくだされ。」である。(与兵衛ちゃんやったら,不義も望むところ,引き出し全開,有金全部,貸し下されてしまうよって,悲劇なんか起こらへん…。もとい)行き当たりばったりの性格の伏線がしっかり引いてあるので,不義になって…は唐突であることが,説明してもらわんでもよーわかります。
闇の中の凄惨な殺しの形は,錦絵のように美しく,一挙手一投足目が離せない。孝太郎丈も素晴らしい。意外に,普通のスピードだった。ストップモーションになって三味線の音だけが聞こえる印象があったが,記憶違いか,別の芝居か。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

続きを読む "大阪松竹座・仁左さまの「女殺油地獄」"

| | コメント (26) | トラックバック (1)

2007年7月17日 (火)

珍しく夏のインフルエンザを発症

まさかの夏のアクシデント。検索すると、6月から10月にかけて流行とか。なになに、高熱が2〜4日、全身の痛みが5日、回復に1週間。職場に誰もいない時間帯に出勤して仕事するしかなさそうだ。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

エビータ・京都劇場初日・労働人口増を要求!

今年の京都劇場は,1.5箇月で演目が変わるのでずっと楽しみが続く。
京都劇場で劇団四季・エビータ初日を鑑賞した。名古屋のエントリ
A.ロイド・ウエッバー作曲のエビータは,日本初演が1982年。当時,女性を応援するミュージカルとして絶賛を持って受け入れられた。1996年には,マドンナ&バンデラス主演で映像化もされた。虹の高みに駆け上がろうとするエバの野心はマドンナそのものだった。今回は,2005年に,大刷新された新演出版の関西初登場である。

装置は,舞台から客席に放射状に石段を延長した美しいもので,芝チェが縦横無尽に走り回る。
渋谷ペロンは,長身と姿勢の良さでエリート軍人らしい冷徹な夫君。井上エビータは,初日とあって声に透明感と元気があってマル。芝さんの大音声も健在。あのシャウトを聞かないとエビータを観劇した気にはなれない。

にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

続きを読む "エビータ・京都劇場初日・労働人口増を要求!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

本日のマイ予定は,犬顔と仁左さま

昨日は,ちょっとした台風の目の中にいたため,世間のニュースを知らなかった。
そっか。是非もない。
チケット発売日に並んでいるばーさま同志,「当日,達者で観たいもんですわいなあ。」,「長生きしとうおますなあ。」と語り合うが,「役者さんも息災に…」ということはあまり話題にしない。
(順番から(``)/゙オマイナァ!!)仁左さま知盛のご無事だけは,大物で祈ったが,義経公のご無事は,当然,この神社の定款外と祈念しなかった\(TT。)ハンセイ・・・。
では,☆新感線の犬顔家の一族,仁左さまの「身替座禅」&「女殺油地獄」を粛々と鑑賞する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

WiCKED7月7日マチネのメモメモ

グリンダ/沼尾みゆき,エルファバ/濱田めぐみ
ネッサローズ/小粥真由美,マダム・モリブル/森以鶴美
フィエロ/李涛,ボック/金田暢彦
ディラモンド教授/武見龍磨,オズの魔法使い/松下武史
待ちに待ったウィキッドの初見,ワタクシ的には四季劇場海も初見参。
USJでダイジェスト版を拝見したときから,エルファバは濱田さんしかないと確信していたが,パワフルな歌唱,激しい感情表現,難しい拵えもこのうえなくお似合い。沼尾さんには楽曲が簡単すぎるかと思っていたが,ポップなナンバーもキュートに歌っておられ,よく通る明るい声がグリンダらしさ満開。ヴィジュアルも申し分なし。
李さんのフィエロは,キラキラアイズと切れ味の良い身のこなし,韓国学園ドラマのモテモテアイドルのような爽やかさ。ものを考えないまっすぐな行動原理がマル。

にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

続きを読む "WiCKED7月7日マチネのメモメモ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

船弁慶の舞台(BlogPet)

きょう獅子丸は家中で再演した?

謡曲「船弁慶」,歌舞伎「義経千本桜渡海屋」の舞台・大物主神社。
文治元年11月5日,西国に向け,手勢二百騎や妻妾と出帆した義経主従は暴風雨に見舞われる。
知盛はじめ西海に沈んだ平家一門の怨霊の為せる業だった。



*このエントリは、ブログペットの「獅子丸」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

400年待ち続けたヴァイオラ・NINAGAWA十二夜は深化中

2005年7月に一度鑑賞した。今回が二度目だ。
実は,2年前は,演出について言及していない。尾上菊之助丈の素晴らしさが全てで,NINAGAWAさん,何かなさいました?状態の所感だった。
ものごころついたころから,蜷川芝居を拝見し続けた者としては,おとーちゃんを案じる娘の心境で,「けなされると怒り狂うが,娘から見て心もとないものが権威筋に絶賛されると,ネームバリューで誉められるようになったらおしまいと危ぶむ。」というところだ。
シェイクスピアの戯曲「十二夜」は,戯作として優れていながら,主演俳優の希少性という“世界共通・当代の苦悩”から,興行としての成功率は低い。しかし,尾上菊之助丈という逸材からのオファーにより,二つのセクシャリティと三つのジェンダー,いずれをとっても最高の魅力を発揮することが可能となった。ここまでは蜷川さんの完勝!
肝心の演出は,既視感ある画面構成(模倣&自己模倣),盆回しのセオリー無視の盆の多様,台詞の鏡というキーワードから装置に鏡を使うという“まんま”の発想。菊之助丈に鏡の助けが必要か?船の上は全く見えませ~ん。お衣装が,本歌取りのお役の性根をそのまま反映させる“あからさますぎる拵え”。
全て,1階前列で見た弊害だった。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇へ
演劇

続きを読む "400年待ち続けたヴァイオラ・NINAGAWA十二夜は深化中"

| | コメント (26) | トラックバック (4)

2007年7月 9日 (月)

七夕記念小ネタ小惑星「アイーダ」のさだめ

七夕の日から下書きのままだった。(`´)ノ☆(((*;・)ゴメンナサイ
ミュージカルと関係あるようなないような…。
エルトンジョンのミュージカル「アイーダ」では,古代エジプト第19王朝に生き,「星のさだめ」に従い,共に死を迎えた二人は,100回生まれ変わり,21世紀のニューヨークメトロポリタンミュージアム・古代エジプトルームでめぐり合う。
では,アイーダ(Ida:英語ではAida)星の定めは,どんなものか調べたところ,
アイーダは火星と木星(ジュピター)の間に軌道があり,太陽を回る小惑星
アイーダは幼いゼウス(ジュピター)を育てたニンフで,クレタ島にある古くから信仰されている山の名前でもある。 アイーダには衛星があり,ダクティル(Dactyl) と命名されている。 その名前はイダ山に住み,幼いゼウスを守っていた精霊たちにちなんでいる。」
とあった。イダ山というとトロイの王子パリスが捨てられた山でもある。
ジュピターの守が定めかい!

続きを読む "七夕記念小ネタ小惑星「アイーダ」のさだめ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

NINAGAWA十二夜初日・夜の部

NINAGAWA十二夜初日・夜の部
四季劇場海の客席から,歌舞伎座の客席まで8分で到着。開演後15分間は入場不可となるので,努々遅れることのないようご留意を…。開演前の公開稽古はない。
NINAGAWA十二夜。初日からテンション高い舞台だ。筋書きには,歌舞伎テイストを濃い目に味付けしたとあるが,どうしてどうして,主筋か際立って、蜷川シェクスピアらしい香気が…。
最も2年前との変容が際立つのがオーシーノ公爵。恋にやつれた貴公子から,恋に落ちたエスタブリッシュメントにご変貌。どちらがどのように良いかは筆舌に尽くしがたく,要するにどちらも良すぎ。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年7月 7日 (土)

WiCKED・7日マチネを観劇

Wicked
ミュージカルウィキッドをカレッタ汐留電通四季劇場で観劇した。USJで見たからええかもでは済まないことを再認識!
一幕のショーアップ部分が若干冗長に感じる部分もあるが,輻輳した謎解き,本歌取りの趣向,若者なりの切ないラブトライアングルと,老若男女全ての人が楽しめる。
アクセサリーは,ジェリーボックス内のエメラルドを総動員

にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

続きを読む "WiCKED・7日マチネを観劇"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ミッドシティは少し大人向き

東京ミッドシティは少し大人向き
お上りさんの押さえどころと、4ヵ月ぶりの六本木を探索した。
東京ミッドシティは、空間も分かりやすく贅沢なもの。自然素材を多用し,自然光をふんだんに取込んでくつろげる。
サントリー美術館は、天保山のミュージアムや隣の新国立のスケールを想定して出かけると,入口が分からなくなるので要注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

恋飛脚,明日は長浜か~

いよいよ,片岡我當丈一門の恋飛脚は,明日長浜入り,最終地は週明けに智頭市となった。吉弥丈の公式ブログにそれはそれは麗しい孫右衛門と梅川のお写真が掲載されている。
この写真だけで2食は抜け,2キロ体重落とせる!
あかん,思い出したら泣けてきた…。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

国立10月は,平家女護島・昔語黄鳥墳。11月は,摂州合邦辻

国立劇場大劇場10月は,歌舞伎公演「平家女護島」,「昔語黄鳥墳(むかしがたりうぐいすづか」,11月は,歌舞伎公演「通し狂言 摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)」と発表になっていた。
おなじみの演目は,頻繁に上演されない場面を含んでいるうえ,新作もある!摂州合邦辻は,上方版ベストキャストのようだ。メモメモ。

10月歌舞伎公演
「平家女護島」,「昔語黄鳥墳(むかしがたりうぐいすづか)」

公演期間 2007年10月3日(水) ~ 2007年10月27日(土)
平家女護島 俊寛 二幕
 第一幕 六波羅清盛館の場
 第二幕 鬼界ケ島の場
昔語黄鳥墳(むかしがたりうぐいすづか)うぐいす塚 三幕六場
 序幕 天満天神の場
 二幕目 長柄長者屋敷の場,淀川堤の場
 大詰 長柄長者屋敷奥座敷の場,同 奥庭の場,草土手の場
(出演)
松本幸四郎,中村東蔵,中村芝雀,市川染五郎,市川段四郎,中村梅玉

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

続きを読む "国立10月は,平家女護島・昔語黄鳥墳。11月は,摂州合邦辻"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

能力と脳内レベルも気になりましたので

自信がぐらついたおとみは,能力評価が肝要と,能力脳内というのも流行ってそうなのでトライしてみました。知性をかなぐり捨て本能のままに生きるゾ!おっしゃれ~はわったしの切札~
C9f7c3cec1f0_2C9f7c3cec1f0_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歌舞伎成分解析による風知草の解析結果はこんなところ

rikaさまにご紹介頂きまして,面白そうなのでトライしてみました。
想像を絶する面白さでした!
歌舞伎成分解析による風知草の解析結果

風知草の69%は中村宜生のにこにこスマイルで出来て御座います。
風知草の15%は市川染五郎の意外性で出来て御座います。
風知草の7%は市川猿之助の宙乗りで出来て御座います。
風知草の7%は中村勘太郎の育ちの良さで出来て御座います。
風知草の2%は尾上菊之助の香り立つ色気で出来て御座います。

宜生ちゃんのにこにこスマイルに相応しいブログになるよう相務めまする。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

福井さん,ナイルの岸辺におかえりなさい。

Nec_0193_1祝・福井将軍の復員(凱旋ではなく…)ということで,30日ソワレを突発観劇。
アイーダ/秋夢子アムネリス/佐渡寧子ラダメス/福井晶一,メレブ/中嶋徹,ゾーザー/大塚俊,アモナスロ/石原義文,ファラオ/前田貞一郎,ネヘブカ/石倉康子
男性アンサンブル/谷本充弘,塚下兼吾,川東優希,深堀拓也,富澤和磨,黒木豪,影山 徹,海老沼良和
女性アンサンブル/伊東恵,松下沙樹,杏奈,市川友貴,上延綾,須田綾乃,オ ユナ

Nec_0194ゾーザー軍団は先週と変化なく,スレンダーで強面感がない。大塚さんも,動きと体のライン,お声に透明感があり若々しく,よけいに…。それを~言ってはいけません~。
秋さんのアイーダは,エキゾチックで硬質な美しさそのままに,自信と余裕が見えた。「お前は高貴な生まれか。」,「お前は美しい。」,「気高く勇敢だ。」賛辞が,ストンと落ちる。ローブを両手で広げセンターに立ったときに,ひれ伏せさせなければアイーダではない!かっこええ!
佐渡さんのアムネリスは,元より完璧スタイルと美貌。大阪で拝見したときより,知性と強さが加味され,軍事大国に君臨する王女さまらしい。しかし,立派過ぎて,おしゃれにしか興味ないノーテンキなお姫さまを装っているようには見えない。高音域にかかるビブラートで,お歌に泣きが入るのは変わらず。良いのでは…。
二つの国の知性と美しさの精華の王女さま二人の対決という構図がくっきりとなるキャスティングにあって,ラダメス将軍はどうあらなければならないか。復員早々,厳しい試練がまちうけていた福井将軍。

にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

続きを読む "福井さん,ナイルの岸辺におかえりなさい。"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »