« 若冲展・相国寺承天閣美術館とプライス・コレクション | トップページ | 上村吉弥丈の公式ブログが更新・吉太朗ちゃんと梅川 »

2007年6月 2日 (土)

安宅英一の眼・大阪市立東洋陶磁美術館

Nec_0136Nec_0135_1安宅英一氏のコレクション。会期は9月30日までだが,その後,東京,福岡,金沢と巡回するので,当地に戻るのは平成20年春以降となるようだ。リニューアル工事で休館期間もあるようだ。
写真は,中之島公会堂と証券取引所。どちらも修復され,その麗姿で,中之島が中之島であることを示している。

|

« 若冲展・相国寺承天閣美術館とプライス・コレクション | トップページ | 上村吉弥丈の公式ブログが更新・吉太朗ちゃんと梅川 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

>悠さま
偶然ですが,ワタクシも本日大阪におりましたが,日中は時間が無くあたふたしておりました。大川の風が涼しい夜でした。
贅沢は素敵という心が感じられるコレクションです。

投稿: とみ | 2007年6月22日 (金) 01時24分

本日、拝見してきました。私が気にいったのは「面盆」なんと、これは、現在の「洗面器」、うん、そうか、そうか、陶器は実用品なのだと納得。この美術館で、むかし、溲瓶が展示されてたこともあります。きれいな青磁器でしたけど。

投稿: 悠 | 2007年6月21日 (木) 23時35分

>hitomiさま
都落ちしたもんには,つらいお言葉です。大阪の町をヒカリもんキラキラさせて,歩きたい!
ところで,今は名古屋の方が元気そうですが…。東山動物園,コアラ見ました。

投稿: とみ | 2007年6月 5日 (火) 00時01分

えーっ 大都会のど真ん中(緑も川も歴史ある大建築もありの)の小学校に通われていたんですか!この文化がとみ様を幼い時からはぐくんだのですね。子供たちの絵も観たいし、薔薇園の歴史も調べたくなりました。
ワタクシメの小学校は最近旭山動物園に抜かれるまで日本2位の入場者があった東山動植物園の近くにありました。隣りあわせではありませんが。日本2位だったのも抜かれてから知りました。
アメショーは元気一杯過ぎて抱かれるのは嫌い、寄ってきて甘えるのに。

投稿: hitomi | 2007年6月 4日 (月) 20時15分

>どら猫さま
私は貴宅がお使いの猫のテンプレートで,今から二年前,京都で劇団四季のアイーダ開幕を記念して始めました。猫は黒猫もさることながら,アメリカンショートヘアーが好きです。なんだか自宅のような気がしてあつかましくも上りこんで大騒ぎいたしました。猫時計までありましたし…。
東洋陶磁美術館は,気晴らしに良く行ってました。シブいです。

投稿: とみ | 2007年6月 4日 (月) 12時17分

先ほどはお遊びに来てくれてありがとうございます。精力的にいろいろと楽しんでおられるようですね。羨ましい。
大阪市立東洋陶磁美術館は基本は安宅コレクションを基にしてオープンした美術館だったと思います。安宅氏の善し悪しは別として、これだけの美術品を散逸させずに残せたことは素晴らしいことだと思います。焼き物を見る目があるわけではありませんが、このコレクションの迫力には圧倒されます。
また、おじゃまさせていただきますね。

投稿: どら猫 | 2007年6月 3日 (日) 23時46分

>悠さま
バラのメニューございます。バラジュースがリフレッシュする効果あるように感じます。
油滴天目茶碗をはじめとする国宝は,確かに語りかける力あります。利休さんと秀吉さん対決のお芝居思い出します。目利きでなくとも美は分かるかもと思いました。

投稿: とみ | 2007年6月 3日 (日) 19時05分

>hitomiさま
ワタクシはこの証券取引所と背中合わせに建つ小学校出身で,公会堂と証券取引所は,図工の時間に何度も書かされました。母校の児童達の教材が残るという意味でも重畳です。
ここへ来ると,「いつか,堂島で花咲かしたるんや」という,夢の息吹や,夢破れた者への思いも感じます。

投稿: とみ | 2007年6月 3日 (日) 19時01分

ときどき行くお役所の近所なんですよ、東洋陶器美術館。っても、最近は、東洋陶器美術館、まったく行ってないです。喫茶店が静かでいいとこなんですよ。終期までには、よれそうです。

投稿: 悠 | 2007年6月 3日 (日) 09時25分

本当に麗しい建築ですね。こういう立派な歴史を感じる建物大好きです。

公会堂寄付した人は完成した時は零落していたというのはここの話でしたでしょうか。うろ覚えですみません。

投稿: hitomi | 2007年6月 3日 (日) 08時45分

>つどいさま
情報お役にたちましたら光栄です。お馴染みの子達もおられますので,しっかり見るもよし,表敬訪問に留めるのもよろし,といったところでしょうか。

投稿: とみ | 2007年6月 2日 (土) 22時06分

おっ!
安宅コレクションの特別展をやっているのですか.

全然知りませんでした.
近々,その近くのお役所でお仕事の予定がありますので,ちょっと早い目に到着して,私も表敬訪問させていただきます.

貴重な情報有り難うございました.

投稿: つどい | 2007年6月 2日 (土) 21時10分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安宅英一の眼・大阪市立東洋陶磁美術館:

« 若冲展・相国寺承天閣美術館とプライス・コレクション | トップページ | 上村吉弥丈の公式ブログが更新・吉太朗ちゃんと梅川 »